FC2ブログ

08

29

コメント

敷居とハードルと垣根

(2015/08/29)

「敷居が高い」はこのごろ誤用を指摘されることが多い言葉ですよね。日本語入力システムATOKの校正支援解説(←このあいだ契約を切りかえて初めて使ってみました)では“「自分には分不相応」「難しそうで気後れする」などの意味で用いられることがあるが、「相手に不義理なことをするなどして、その先方のところに行きにくい」というのが本来の意味。”と出ます。本来の意味に「ハードルが高い」という感覚がちょっと加味されたり、混同されたりした結果の誤用でしょうか。

 なんて、他人事のように言ってますが、わたしも間違った使い方をしていたひとりです。世話人を務めている読書会で、参加者さんに書いていただくアンケートに「読書会に参加しようと思ったきっかけ」の選択肢として「敷居が低そうだった」という項目を入れていた時期がありました。あるとき「あ、これは違うな」と思い、ひっそりと(笑)「気軽に参加できそうだった」という表現に変えたのでした。

 たしかに昔のドラマや両親などの会話を思い出すと、「敷居が高い」という言葉を使うときは「○○さんには(不義理をして)長いことご無沙汰してしまっているからな……」とかそういう場合が多かった気がします。
 いっぽう「ハードルが高い」という表現は能力の話に限定されてしまう感じがあって、「敷居が高い」が誤用されやすい「気後れする」という場面に使うにはいまいちです。

 わたしは最近「垣根」という言葉が便利なのではないかと思っています。「垣根」は「あいだを隔てるもの」という意味で比喩的に使えるし、「心の垣根」などと言う表現もありますし。調べてみると「垣根」も「垣根を取り払う」は慣用表現としてあるけれど、「垣根が高い・低い」という言い方は辞書には載っていないんですけどね。

 ところで、↑にも書きましたわたしが世話人のひとりをしている東東京読書会が9月27日(日)に開催されます。ただいま絶賛申し込み受付中です。詳しくはこちらの告知をご覧ください。課題書の『シャドー81』は40年近く前の作品ですが、いまでも『東西ミステリーベスト100』などにランクインする傑作冒険小説。映画で言うなら〈エアポート○○〉シリーズ+〈スティング〉といった感じで痛快な作品です。東東京読書会は開放的で自由な雰囲気なので、読書会は初めてという方もお気軽にご参加ください。




管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/99-42e7123e

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad