FC2ブログ

08

22

コメント

50歳記念同窓会

(2015/08/22)

 まだ開かれてないんですけどね、↑というのが高校同級生有志によって計画されているらしい。友人へのメールに「50歳記念という言葉が胸にしみる」と書いたら、「え、わたしたちのこと? 高校創立じゃなく?」というレスが返ってきた(笑)。

 日本では還暦でお祝いをするけれど、欧米では「Big Five Oh」といって50歳が節目の年として重視されますよね。この Big Five Oh という言い方を初めて目にしたのはたしか小沢瑞穂さんの『やっとひとり』でだったかと思う。6月に誕生日を迎えた大学時代の友人にカードを送ったら、ありがとうメールには「Half Century Old B-day」という言葉が。半世紀……やめて、その言い方(苦笑)。



 同窓会とまではいかないけれど、去年の暮れに高校1年のときのクラスメイトの集まりがあった。集まったのは男子2名、女子10名。わたしはほぼ30年ぶり(!)という人もいたのだけど、男女ともに昔のまんますぎてびっくりした。30年というと「外見は変わってたけど、話したら昔のままだった」ということが予想されるのでは。でも、反対だったんですよ! 変わってなかったのは外見。で中身(?)に関しては、「あ、この人ってこういう人だったんだ」という新鮮な驚きがわたしはわりとあって。もちろん「うんうん、こういう感じだったよね」という部分もあったのだけど。
 そのとき再会したクラスメイトとの話で「あの高校って、違うタイプの子がうまく共存していたよね」という話になった。まあ、クラスによってちょっと事情は異なったはずだけど、うん、1年のときのクラスは特に行事などの際はクラスでそこそこまとまりつつ、ふだんは適当なグループに分かれてうまくいっていた気がする。何がよかったんだろう。みんな高校生にしては距離のとり方がうまかったのかな。
 ちなみにわたしの誕生日は10月。あと2カ月だ~。

わたらい

私は一足先にhalf century を踏み越えましたが、やはりその前後に大学、高校の同窓会が続きましたね。キャリア、子育てなどの区切りの年代でもあるのでしょうか。あと恩師にもうすぐ会えなくなるかも……という危機感もあったような。これからは「会いたい人には会っておく」「行きたいところへ行っておく」というのが合言葉となりました(苦笑)

08

23

10:58

しまむら

同窓会だけじゃなく、部活のOBOG会なんかもひさしぶりに開かれてるらしいですw 行きたいところーーコットンさんはヅカ本拠地も体験し、まさに実行に移してますよね。わたしもやりたいことは先延ばしせずにやっちゃおう派になりました!

08

23

14:32

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/98-71457dd3

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad