FC2ブログ

07

29

コメント

ブロックマンについて感じたこと

(2015/07/29)

 7月22日の毎日新聞夕刊にスーザン・ブロックマンのトラブルシューターズ・シリーズに関する記事が掲載されました
 スーザン・ブロックマンについては6月にもコラム〈憂楽帳〉で齊藤希史子記者が取りあげてくださいましたが、22日の記事掲載はその取材の際に齊藤記者がさらに詳しくブロックマンを紹介したいと思ってくださった結果です。
 きょうは、6月のブログ記事にちらっと書きましたブロックマンとのメールのやりとりについて書きたいと思います。

 ブロックマンとやりとりすることになったのは、6月のコラム執筆にあたり、齊藤記者からシリーズ最新刊『薔薇のウェディング』の訳者であるわたしに取材のお申し込みをいただいたことがきっかけでした。齊藤記者にブロックマンの考えをきちんとお伝えをできるよう、エージェント経由で本人に質問状を送ったのですが、最初はうまく連絡がつかず(その後、エージェントからも連絡がついたようなので、最初はたまたまだったかと思われます)。そこでブロックマンへ@ツイートを送り、事情を説明してみたところ、彼女からレスがあり、メールでのやりとりが始まったのです。
 齊藤記者からのご質問は、「渋谷区でパートナーシップ条例が初めて施行されたばかりの日本をブロックマンさんはどう見ているか」といった内容でした。↑の新聞記事リンクをご覧になると理由はおわかりいただけると思いますが、同性婚は彼女にとって非常に重要なテーマのひとつです。しかし、連絡がつくまで少し時間がかかったこともあり、ブロックマンにはすみやかに回答をもらう必要がありました。
 と・こ・ろ・が。彼女から返ってきた回答には、同性婚が認められたことによって(回答をもらった時点では全米ではなく州ごとの判断でした)LBGTのメンバーがいる家族にどれだけの幸福がもたらされたか、アメリカにおける人権運動とそれに対する抵抗運動、そして日本のLGBTの人々とその支援者へのメッセージが、とても短時間で書いたとは思えないほど美しくまとまっていたのです(さすがにメールには”whew!”と書いてありましたが)。
 さらに冒頭には「ミズ・サイトウがこれを全部は、と言うよりほとんど使えないだろうことはよくわかっています。でも、こうすれば情報はたっぷりだし、引用したいと思ったときの選択肢も多くなるでしょ」との言葉が添えられていました。
 いやはや、あまりにパーフェクトな対応にわたしはこのメールを受けとったあと、しばらく言葉を失いました。

 齊藤記者が7月にも再度ブロックマンのために紙面を割こうと考えられたのは、ブロックマンの著作に加えて、彼女のメッセージ・対応のしかたに人を動かす力があったからだと思います。メールのやりとりを通して、わたしはブロックマンの気さくさと前向きさ、誠実さを強く感じました。

 ブロックマンも二度にわたる記事掲載をたいへん喜んでくれたので、本当によかったなと思います。
 今回わたしはブロックマンと齊藤記者というふたりのすばらしいプロフェッショナルのあいだでとてもいい経験をすることができました。いっぽう、あらためて力不足を痛感した部分もありました――おもに英訳部分なのですが(汗)――ので、その問題をどうするか考えつつ、今回の経験を今後に生かしていければと思っています。

*未読だけれど「トラブルシューターズ・シリーズ」に興味が湧いたという方へ
毎日新聞の記事をきっかけに、スーザン・ブロックマンという作家の存在を知った方が多くいらっしゃるようで、本当に嬉しいです。
トラブルシューターズ・シリーズは現在12作めまで邦訳刊行されていますが、ゲイの敏腕FBI捜査官ジュールズが気になるという方は以下の順番でまずは3作読んでいただけると、楽しんでいただけるはずです。









管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/95-da404d66

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad