FC2ブログ

05

29

コメント

〈シェルブールの雨傘〉

(2015/05/29)

 先週、午前十時の映画祭で〈シェルブールの雨傘〉を観てきました。昨年、舞台版を先に観て、オリジナルの映画もぜひ観たいと思っていたのです。


(↑舞台版ダイジェスト映像)

 いやー、噂には聞いていましたが、色彩がすばらしかった! インテリアや50~60年代ファッションが好きな人にはたまらないでしょうね。ストーリーはほろ苦いのだけど、目にはとても楽しい作品でした。

 舞台版の記憶はかなり薄れつつあったのですが、映画と両方観てみたところで気がついたことをいくつか。
 まず冒頭とラストについては舞台版がオリジナル映画を絵的にかなり忠実に再現していたのだとわかりました。あれは映画版のファンだった人には嬉しかったのでは。
 大きく違うなと感じたのは、舞台版のほうが戦争によって引き裂かれるふたりの悲劇度が色濃く打ち出されていた点。野々すみ花さん演じるジュヌヴィエーブがか弱い薄幸の美少女というイメージで、「この役をカトリーヌ・ドヌーヴが演じたのか」と舞台版を観たときに少し不思議に思っていたのでした。映画版を観てみると、ジュヌヴィエーブは、苦悩しながらも宝石商との結婚をみずから選択したという印象でした。ドヌーヴのジュヌヴィエーブは若くかわいいながらも、意志の強さが感じられる演じ方。舞台版では戦場でのギイ(井上くん)の様子が描かれていて、そこも恋人との連絡が途絶えたがゆえのやむなき結婚という感じを強めていたように思います。この違いのため、おのおの別の相手と家庭を持ったジュヌヴィエーブとギイが再会し、別れるラストでは、観客の胸にこみあげる感慨が舞台版と映画版では種類が異なりました。どちらもそれぞれよかったんですけどね。


(↑映画のラスト)

 あと舞台版の宝石商(鈴木綜馬さん)は年齢設定がずいぶん上な感じだったので、ますますジュヌヴィエーブの結婚の悲愴感が強調されたのかも。
 映画も舞台も観客の年齢層がわりと高めだったのが印象に残ってます。まあ、わたしが観にいったのはどちらも平日なので、それも理由とは思いますが。

 午前十時の映画祭、つぎは8月に〈王様とわたし〉を観にいければと思っています。テレビでしか観たことないので。今回の〈シェルブールの雨傘〉も、色彩がきれいなだけに大きなスクリーンで観られてよかった。


管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/84-d98f33c2

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad