FC2ブログ

03

31

コメント

翻訳書ドミノ 第10回

(2015/03/31)

 きょうは翻訳書ドミノの第10回。カバーイラストが松尾たいこさんつながりでジョー・ウォルトンの『図書室の魔法』へ。
 図書館でも借りられる本を「買って手元に置きたい」と思ってもらうには、やっぱりカバーの力って大きいなと感じるきょうこのごろです。

図書室の魔法 上 (創元SF文庫)図書室の魔法 上 (創元SF文庫)
(2014/04/28)
ジョー・ウォルトン

商品詳細を見る

 『図書室の魔法』はヒューゴ-賞・ネビュラ賞・英国幻想文学大賞を受賞した作品。SFファンを中心に読まれているのだろうけれど、読みはじめてからわたしが雰囲気が似ていると感じたのは『サースキの笛がきこえる』だった。そして読了してみると、最初に感じた以上にYA(ヤングアダルト)色の強い作品だった。

サースキの笛がきこえるサースキの笛がきこえる
(2012/06/05)
エロイーズ・マッグロウ

商品詳細を見る

 主人公モリの前に現れるウィムなんて、若い女性読者にかなりアピールしそうなキャラだ。あ、若くない読者も魅力的だと感じましたけどね。
 本書は巻末に堺三保さんによる解説が収録されているのだけど、このYA要素と関連する部分で、堺さんが本書の解釈について2種類の可能性を提示していらっしゃる。わたしはモリの日記の記述をそのまま「○○ない」派です。

 主人公のモリ(モルウェナ)はSFマニアの読書家。そんなわけで本書にはSF作品のタイトルがばんばん出てくる。わたしはそのほとんどを読んでいなかったので、ある読書会後の懇親会で本書のことが話題にのぼったとき、SFをたくさん読んでいる方に「出てくる本を読んでないのにおもしろかったですか?」と不思議がられた。
 はい、おもしろかったです(笑)。その理由はこれだなと思うことを、堺さんが解説で指摘していらっしゃるので、その部分を引用させていただきます。

 上手にネタバレを最小限に抑えつつ、感想を書いているあたりは、作者の配慮なのであろうが、これがまた実に好ましい。言及されている作品を読んだことがある場合はもちろん、未読の場合も、ついにやにやしながらモリの歯に衣着せぬ感想を楽しんでしまう。

 読書会の場面では主人公が司会者の進行の上手下手を冷静に分析していたりするのもおもしろかった。マニアだけが集まる読書会って、わたし自身は経験がないんですけどね。

 上下巻だけど、さして長くないし、するする読める。カバーもかわいいから、YAが好きな読者さんにも読まれてるだろうか。読まれているといいなあと思います。

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/75-37f9c09c

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad