FC2ブログ

01

11

コメント

〈アーネスト・イン・ラブ〉

(2015/01/11)
 東京国際フォーラムで宝塚花組公演〈アーネスト・イン・ラブ〉を観てきました。
 楽しかった~! ヅカ公演後のわたしの感想ってこんなのばっかですが(笑)。でもことしの観劇がとてもいい作品でスタートを切れたなという感じです。原作はオスカー・ワイルド。ということで、風刺も効いてます。

 登場人物のなかでわたしがいちばん好きなのはレディ・ブラックネル。こういうお金持ち/貴族のざーますおばさんキャラってコミカルで大好きです。演じるのは専科の悠真倫さん。昨年観た蘭寿さんの退団公演のときはまだ花組所属でした。男役さんだけど、声にパンチ(ドス?)が必要なレディ・ブラックネルに合っていたと思います。
 明日海さんと新娘役トップ花乃さんは、きらきら衣装に着替えてのフィナーレ・ダンスがすてきでした。

 このミュージカルはどの曲もメロディラインがいい。ミュージカル化はウェストエンドかと思いきや、オフブロードウェイ発でした。作曲のリー・ポクリスは後年、セサミ・ストリートに楽曲を提供したりしていたそうな。

 原作はコリン・ファース主演で映画化(notミュージカル)もされているので、そちらも早くチェックしたいです。

アーネスト式プロポーズ [DVD]アーネスト式プロポーズ [DVD]
(2008/04/04)
リース・ウィザースプーン、コリン・ファース 他

商品詳細を見る


 宝塚といえば、ブログ記事にしそびれてしまったけど、昨年11月の〈エリザベート〉もすばらしかったです。そのとき皇帝フランツ・ヨーゼフ役を演じた専科の北翔さんが、先日つぎの星組トップに決定しましたが、北翔さんの大劇場でのトップお披露目公演はなんと〈ガイズ・アンド・ドールズ〉とのこと。マーロン・ブランド主演で映画化されたりもしていて、わたしが好きなミュージカルのひとつです。また観たい舞台が増えてしまいました。


管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/64-bf0df142

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad