FC2ブログ

10

26

コメント

書店イベント〈デジタルと本のハイブリッド小説が問いかけるもの〉

(2014/10/26)
 下北沢の書店〈B&B〉で行われた『ペナンブラ氏の24時間書店』関連イベントに参加してきました。イベントの概要についてはこちらの告知をご覧くださいませね。
 編集者/文筆家の仲俣暁生さん(ロビン・スローンについてとても詳しい!)、ゲームクリエイターで『ペナンブラ氏の24時間書店』にそれはもうわくわくする解説を書いてくださった米光一成さん、今回会場となったB&B店主の内沼晋太郎さんによる鼎談(ていだん)です。わたしもぜひお三方のお話をうかがいたかったので当日編集さんと会場に行き、訳者としてご紹介いただいた際に本書と出会ったきっかけなどについて少しお話しました(この部分についてはまた別記事でちょこっと書くつもりです)。

 〈B&B〉はほんとにすてきな書店でした! すごーく居心地がいい。置いてある本も、その陳列のしかたもすてき。前からおもしろそうなイベントを開催されているので、興味津々のお店だったんです。お店の写真はこちらを見ていただくといいかな。

 『ペナンブラ~』を未読の参加者さんもいらっしゃったので、ネタバレしないよう魅力を語るのはお三方とももどかしそうでしたが、「日本にもニール・シャー(本書に登場するオッパイ物理学のエキスパート(笑))みたいなやつっているの?」という質問に米光さんが答えられたりしているうちに、「早く読みたい!」とイベント中に本をお買いあげくださっている方もいらっしゃいました。
 10分くらいの休憩を挟んで2時間超、「ジャンル分けがむずかしい本をどう売るか」という問題についてのディスカッションなどもあり、参加者さんからいろんなアイディアが出ました。『ペナンブラ~』はギーク系の人にももっと読まれるべきではないかと。当日出た意見を下にいくつか紹介しますね。

・帯を数バージョン作っては?(ギーク系の人の目に留まるように「シンギュラリティ」などの本書に出てくるキーワードがはいったものとか)
・24時間トークイベントの開催(著者のロビン・スローンは実際、アメリカでやったらしい)
・〈B&B〉さんで1日だけ24時間書店を実際に開店してみる。
・オーディオブック化やコミック化
・書店で翻訳小説以外のコーナーにも置いてもらう工夫。
・クラウドファンディングで著者を日本へ招く。
・IT会社の社長に読んでもらって宣伝してもらう。
・出版社でbotアカウントを作っては?

 そうそう、本書と接続しやすい日本の小説がない→森博嗣さんや長嶋有さんが書いてくれればいいのにね、なーんて話も出てました。それはさておき、最後のbotに関しては、米光さんがツイッターで「#24時間書店」のハッシュタグを作っていらして、気に入った箇所を引用してみたら反応がよさそうだとのこと。そこでわたしも(拙訳ですが)心に残ったセンテンスの引用をこのハッシュタグに乗って始めました。よろしかったら、#24時間書店をチェックしてみてください。
 ほかにわたしにできることって何があるかな。
 
 〈B&B〉さんが11月に横浜パシフィコで行われるこちらのイベントに出店されるので、そこでも仲俣さん、米光さん、内沼さんでトークセッションを行う予定とのこと。拙訳書にかぎらず、お三方の本をめぐるお話はとても刺激的なので、わたしもまたうかがえたらなあと思っています。

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/51-f7560685

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad