FC2ブログ

11

11

コメント

『手から手へ』展

 先日のパネル・ディスカッション『絵本のチカラ 3.11後の私たちの生き方』の会場では『手から手へ』展が同時開催されていた。
 会場には早めに着いたので、こちらの絵もゆっくり見ることができた。降谷さんとゾーヴァさんの考え方の違いではないけれど、原発反対などのメッセージをストレートに絵にしている人と、メッセージ性はあまり感じられない絵を出品している人の両方がいらした。
 絵を見ながら、あらためて感じたのは、言葉を介さないコミュニケーション手段の強さ。やっぱり絵や音楽は人の感覚に直接的に訴えてくるからなあ。国境を越える力が大きい。
 この展覧会ではすてきな日本人作家の絵と出会うことができた。わたしが惹かれたのは、

久保貴之さん
久保貴之さん

いまいあやのさん
いまいあやのさん

岡田千晶さん
岡田千晶さん

児島なおみさん
児島なおみさん

 展覧会は荒井良二さんや酒井駒子さんの作品も展示されていて、横浜の日本新聞博物館で12月23日まで開催中。入場料500円。もう一度3.11について考えてみる機会として、それから新しい画家・イラストレーターさんと出会う場としてもお薦め。

 さて、『絵本のチカラ』で、ゾーヴァさんと降谷さん以外のコメントで印象に残ったところを簡単に。

はたこうしろうさん:自民圧勝の選挙結果にショックを受けた。自分の意見は行政に反映されない。今後、どうしたらいいか考え中。自分は動物好きで、動物好きの人はあべさんもそうだと思うが、環境を悪くする原発を作ろうなどとは思わないと思う。世の中お金だけじゃない、とか神秘性の大事さを伝えていけたら。

あべ弘士さん:旭川動物園の飼育員時代は動物と人間の通訳、絵本作家のいまは動物と読者のあいだを取り持つ通訳。動物は大人になるのが遅れると死が待っている(渡り鳥の雁など、3カ月で成長しなければ置いてきぼりにされる)。子どもは大人にならなければならないということを伝えたい。

あべ弘士さんサイン
↑あべ弘士さんのサイン。ひとりひとりにイラスト入りで!

 はたさんの「選挙結果にショック」というお話を聞きながら、開票後の自分のツイッター・タイムラインを思い出した。わたしたち(と勝手に仲間化)、社会的に少数派なんですよね……。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/5-ff00c141

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad