FC2ブログ

09

25

コメント

〈ダディ・ロング・レッグズ〉CD

(2014/09/25)
 ミュージカル〈ダディ・ロング・レッグズ〉のCDを買いました。3月に観た舞台のハイライト・スタジオ録音盤です。舞台を観たときの感想はこちら
ashinaga3.jpg

 原作の『足ながおじさん』はジルーシャからの手紙形式なので、ジャーヴィスのこともジルーシャの目を通して描かれるだけですが、この舞台(ふたり芝居)では彼の心情が本人の言葉で語られます。これは脚本・演出のジョン・ケアードが原作からふくらませたのだと思いますが、本当にうまくふくらませてあるんですよねえ。ちょっとヘタレだったり、嫉妬深かったりするジャーヴィスがひとりの男性として立体的に浮かびあがってきます。CDを聴いて、あらためていいなと思いました。
 日本語版の歌詞はジョン・ケアードの奥さんで、レミゼなどに出演経験のある女優、今井麻緒子さん。ちょっとカントリー調の楽曲は比較的日本語の歌詞がのせやすそうだけど、訳詞の自然さは、みずから歌う立場にある人が訳したことも大きかったかもしれないと思います。
 この舞台、坂本さんと井上くんが演じられるあいだは毎年上演してほしいです。ミュージカルが苦手じゃない人はぜひ一度観てみてください。チケット、取りにくいかもしれませんが。

 3月の記事にも書きましたが、原作、実は英米ではそれほど知られていないそうな。日本では新訳も出たりしていろんな邦訳版が刊行されているし、いまも読まれてますよね? 劇場では母娘連れという感じのお客さんを見かけました。『足ながおじさん』好きがお母さんから娘さんへと引き継がれていくといいなあ。

 舞台を観たあと、英語のオーディオブックを聴いてみました。手紙の朗読という形になるので、前に書いた登場人物の演じ分けが気になることもなく、オーディオブックで楽しむのに適した作品だと思います。短いし、英語もとっても平易だし。

 日本には『足ながおじさん』にちなんで名前がつけられた〈あしなが育英会〉がありますよね。こちらに寄付をすると、夏に奨学生から手書きの残暑見舞いが届きます。ことしわたしのところへ届いたのはお正月に全国高校サッカー選手権に出場するという高校3年生からでした。高校サッカー、いつもは見ないけど、今度は見ちゃおうかな(←単純)。
あしなが

(追記)ちょっと訂正。↑お正月の高校サッカーはまだ出場校決まってませんよね。だからは正しくは「出場を目指す」でした。葉書をくれた奨学生が通う高校は2年連続で全国選手権に出ているけれど、2回とも初戦敗退なんだそうです。3年生だけどがんばって全国選手権までいって、今回は初戦突破できるといいなと思います。

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/48-379e6853

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad