FC2ブログ

07

29

コメント

〈KINGDOM〉

(2014/07/29)
 先日、宝塚月組の特別公演〈KINGDOM〉を観てきました。昨年上演された大劇場公演〈ルパン-ARSÈNE LUPIN-〉のスピンオフです。
 諜報活動に携わる若者ふたり、ロナルド・ドースンを凪七瑠海(なぎなるうみ)さん、パーシバル・ヘアフォール伯爵を美弥るりかさんが前作に続いて演じました。この公演はつぎの二番手争いの意味も持っていたとか。

ルパン
昨年の〈ルパン〉のプログラムから。(黒燕尾服左が美弥さん、右が凪七さん)

 凪七さんは嵐の大野くん似、美弥さんは麻美れいさん似とタイプがまったく異なります。デュエットでは凪七さんのほうが歌がうまいかな~と思ったけれど、ソロではどちらもよかった。
 プログラムの演出者コメントに“二人ともどちらかというとおさまった役創りをしてしまうタイプだと思うので、型を破り、若さゆえのものを表現してくれたらと”とあって、なんとなく学校っぽさが感じられるところがいかにも宝塚(笑)。

 物語の舞台は20世紀初頭のイギリス。亡命の道を模索するロシア皇帝ニコライ2世の側近とそれに手を貸そうとするイギリス国王ジョージ5世(現イギリス女王エリザベス2世のおじいちゃん)、そして反王制派――それぞれの思惑が入り乱れるなか、間近に迫ったジョージ5世の戴冠式で使用される巨大ダイヤモンドをめぐって不穏な動きが……というストーリー。
 ルパンものの荒唐無稽さと華やかさ、それと少しの切なさを盛りこんだ舞台は宝塚にぴったりでした。
 ルパン本人は登場しないけど、彼の○○であるヴィクトワールが謎めいた役どころで登場。シャーロック・ホームズもちょっとだけ登場しましたが、かなりコミカルなキャラクター設定でした。ルパンものに登場するホームズはホームズ・ファンの不興を買いかねない描かれ方が多いけれど、ここまでやってしまえばかえって笑って許してもらえるかも……という感じでギャグの域に達してました。

 はあ、それにしても男役さんの黒燕尾サイコー!(笑)
 つぎに観にいく宝塚公演は9月の〈The Lost Glory -美しき幻影-〉の予定。お友達のおかげでチケットが確保できました♪ 轟さんと柚希さん、夢咲さんの共演が楽しみです!!!
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/42-74c7a40f

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad