FC2ブログ

06

27

コメント

ロマンス・オフ会

(2014/6/27)
 先日、こちらのサイト主催のロマンス・オフ会にお邪魔してきました。
 わたしが参加するのは今回で3回目。最初に参加したのは、一昨年アメリカ在住の文筆家・翻訳家・洋書コンシェルジュの渡辺由佳里さんが日本にいらしたとき、洋書ファンのオフ会でロマンス小説好きの方々と知り合ったのがきっかけでした。

 ことしの1月とある集まりで、同業者さんから「ねえねえ、ロマオフ、参加したことあるんでしょ? 勇気ある~。わたしも興味はあるんだけど……」というような感じで声をかけられました。そう、最初は勇気が要りました! オフ会にいらっしゃる読者さんは特に読書量もハンパじゃないはずだし、原書も読んでいるファンの方は(ジャンルに関係なく)翻訳者からするとキンチョーする存在でもあり、何かとへなちょこなわたしが出ていくのはまずいのではないかと……。ただ、洋書オフ会でお会いしたのがとても楽しい方たちだったので、せっかくのお誘いを無駄にするのはもったいないなと思いきったのでした。

 今回の会場はTホテル。8人で優雅にアフタヌーンティーをいただきながら、本・ドラマ・舞台・旅行などのお話がゆっくりできてとっても楽しかったです。あ、人数はそのときどきのようで、わたしが最初に参加したときは12名ぐらい、2回目は関西の有名なロマンス読者さんが東京に遠征されたときだったので20名ぐらいでした。
「けさ届いたばかり」というパラノーマル・ロマンスのハードカバーを持っていらした方、二次創作をしているという方もいれば、「わたしがいいなと思う作品はあまり売れない……(涙)」という“翻訳ロマンス界のピーター・バラカンさん”のような方がいたり。あ、話がそれますけど、ピーターさん、昔仲のいいミュージシャンに「おまえが気に入った曲は売れないんだよな~。なに、この曲気に入った? ちょっと変えようかな」と真顔で言われたことがあるそうな(笑)。

 それにしても、本は人によって好みも読み方もまちまちですね! 同じ作品について話していても、本人同士が「あれ? 同じ本の話をしてるとは思えない」と笑うくらい、読むときの着眼点、切り口が異なっていたり。
 このオフ会はロマンス小説に詳しい翻訳者さんがメンバーにいらっしゃるので、訳語についてのお話、そこから原書読みさんが原書と翻訳書を読んだときの印象の違いなどのお話などもうかがえて、わたしにとってはとても充実した会でした。
 翻訳については、各ジャンル、出版社、ひいては担当編集者によってこだわりポイントが異なったりするのでなかなかむずかしい部分もあるんですけど、こういう会でうかがった声も今後の訳文に少しなりとも反映できればなあと思います。

 あ、今回はテメレア・シリーズのファンの読者さんもいらしてテメレア&ローレンスの話ができたのも個人的に嬉しかったです。
 

のだめ

島村様。お久しぶりです。
先日の優雅アフタヌーン・ティーオフにいらっっしゃったんですね。お会いしたかったです。
最近は諸事情で、東京に行けない代わりに西や地元で草の根の翻訳作品&ロマンスの布教をしています。
「ペナンブラ氏~」も、地元図書館にリクエストしたら購入してくれたので新品を読ませていただいてます~♪

キンドルでサンプルDLしたら、行間や文字の大きさが変更できるのですごく読みやすかったんですけど、紙の本は少し文字が小さめでアラフィフ的には、キンドルのほうが読みやすいかな?
島村様の新作翻訳が話題作みたいなので、すっごく心待ちにしてます★

また、いつかお会いできるのを楽しみにしております。
突然、失礼いたしました。
のだめ

06

27

12:23

しまむら

のだめさん、こんにちは~。はい、このあいだはひさしぶりにお邪魔してきました。楽しかったです!
「ペナンブラ~」お読みいただいているようでありがとうございます。うふふ、わたしもこのごろ読書の際は目の調子とご相談ということが多くなってきました……。
京都オフ会も楽しかったようですね! またお会いできる日を楽しみにしております。

06

27

13:56

渡辺由佳里

島村さん、こんにちは。

翻訳ってほんとうに大変ですね。

今、初めてのロマンチックファンタジー(私がずっと洋書ファンクラブやツイッターでお薦めしていた作品)の翻訳中なのですが、これまでの翻訳とずいぶん勝手が違って、学びが多いです。

島村さんがおっしゃるように、ジャンル、出版社、ひいては担当編集者によってこだわりポイントが異なるというのを、ひしひしと実感しております。特に私はノンフィクション分野ばかりでしたから、小説翻訳の楽しさと難しさを同時に体験しています。

原作のファンをがっかりさせない範囲で、しかも原作を読まない新しい日本の読者にすんなりとわかってもらえるようにするのは、本当に細かいテクですよね。初めて挑戦して、ようやく苦労が分かりました(笑)。
そして、島村さんや、その他多くの翻訳家の方々への尊敬も新たにしました。

ペナンブラの翻訳良かったですよ!そして苦労の痕跡もわかりました。

これからもいろいろと教えてくださいね。

渡辺

06

28

17:58

しまむら

渡辺さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

ロマンチックファンタジーを訳されている最中なんですね!!! 刊行がいまから楽しみです。情報がオープンになる日が待ち遠しい。きっと刊行情報だけで“ご飯三杯軽くいける”という人がツイッターにいっぱいいる気がします(笑)。

ジャンルによってこだわりポイントも違えば、訳す際の楽しみも違いますよね。ロマンチックファンタジー、訳したことないので興味津々です。いろいろお話うかがいたいです。わたしは気がつけば年数だけは長くやってきているので、失敗談はあれこれ披露できるかもしれません(苦笑)。

ペナンブラの邦訳を由佳里さんにお読みいただくのは緊張感無限大でした……。

06

28

19:33

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/37-5edc1dec

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad