FC2ブログ

05

28

コメント

〈第二章〉

(2014/05/28)
 きょうは先日急遽、当日券で観てきた宝塚専科特別公演〈第二章〉について。原作/ニール・サイモン、脚色・演出/石田昌也、翻訳/福田陽一郎、青井陽治による登場人物4人だけのコメディ。ミュージカルではなくストレートプレイです。
 最愛の妻に先立たれた悲しみから立ち直ろうとするジョージ(轟 悠)がバツイチになったばかりの女優ジェニファー(夢咲ねね)と出会い、再婚。幸せな新生活へ踏み出したかと思いきや――というストーリー。ジョージの弟役が英真なおきさん、ジェニファーの親友役が早乙女わかばさん。
 おもしろかったです! ニール・サイモン作品の舞台は前から興味はあったものの、実際に観るのは初めて。都会的でテンポのいいしゃれた会話劇が好みでした。会場は日本青年館の大ホール(1360席)だったんですけど、シアタークリエ(609席)あたりで観てみたい気がしました。
 轟さんはジョージ役には容姿端麗すぎる気がしましたけどね(笑)、こちらのインタビュー記事を読むと、性格的にはジョージと似ているそうな。今回、わたしにとって新鮮な驚きだったのは夢咲ねねさん(現在星組娘役トップ)。わー、こういう役をこういうふうに演じられる女優さんなんだ!と。ジョージより年は下だけど人間的には大人なところがあるジェニファー役に、外見はかわいすぎるというか若すぎる気もしたんですが、でも演技がとてもしっくりきて惹きつけられました。宝塚退団後も(ってまだ先のことと思いますが)舞台で活躍されるんじゃないかな。
 本篇終了後は突然の歌謡ショー(笑)。英真さんと早乙女さん、さすが歌うまし。選曲など、本篇とのつながりは「?」でしたけど、昭和な雰囲気の会場にぴったりで楽しめました。こちらのブログを読んでくださっている方が教えてくださったんですが、今回の演出の石田さんはヅカ版『蒲田行進曲』を担当された方で、だからああいうフィナーレになったのかもとのことでした。なるほど!

 ところで、ニール・サイモンて映画の『名探偵登場』『名探偵再登場』の脚本も担当していたんですね! 知りませんでした。どちらもはるか昔に観たきりだけど、パロディセンスがよくてすごく楽しかった記憶が。



 あと娘のエレン・サイモンが原作・脚本の映画『ムーンライト&ヴァレンティノ』も大好きです。

わたらい

青年館はちょっと大きすぎますよね。たしかにクリエかパルコかという規模で見たい。そして「目の覚めるようなハンサム……じゃないけど」というジェニファーのセリフには、観客心の中で、おいっ!と総ツッコミだったはず。それなら誰がハンサムなんですか、という話ですよね。

そしてニール・サイモンもまだご健在なんですね。映像化の許可出してくれないかなあ。どういう事情かわからないけど……。

05

28

09:34

あおき

轟さん、ご覧になったんですね、いいなあー。一度は舞台を見てみたい方です。

「名探偵登場」「再登場」、なつかしい! どちらかにカポーティが出てませんでしたっけ。「このハゲデブ!」とか言われてるヒドイ役(笑) 

05

28

09:45

しまむら

わたらいさん
演技はコミカルでちょっとしょぼくれてましたけど、外見はやっぱり二枚目!ですよね(笑)
映像化の許可、なんででしょうね。ニール・サイモンというよりもエージェントの意向という可能性もあるのかな。あとは映像化する権利をつけると急に高くなるとか???

05

28

12:17

しまむら

あおきさん
4日だけの東京公演とはいえ、大きな会場が楽日は昼夜完売でした。轟さん人気ありますね~。まだまだ舞台に立たれるだろうけど、早めに観ておいたほうがいいかも!
カポーティ、気がつきませんでした~。「ハゲデブ」って(笑)どっちもまた観たくなる映画ですよね!

05

28

12:24

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/34-e3bc3b58

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad