FC2ブログ

04

29

コメント

本という時限爆弾

(2014/04/29)
 先日、キャサリン・マンスフィールドの“The Garden Party”に29年ぶりに挑戦してみた話を書きましたが、その記事を書いた時に頭にあったのが1月に朝日新聞のウェブサイトに掲載された間室道子さんのこちらの記事。
 “合い言葉は「受けて立つ!」”が楽しいですよね! 最初に読んだときはこのフレーズが気に入って心に残っていたんですが、「過去に諦めたけど気になってた本に再度挑戦」しようという部分もちゃんと潜在意識にすり込まれていたのかもしれません。だから、“The Garden Party”のオーディオブックを聴いてみる気になったのかも。

 この記事によると、本が最後まで読み通せなくて悩む人って多いみたいですね。
 わたしは「読み通せない」というより、無理して読み通して、結局その作品はおもしろく思えないし、時間を浪費したような徒労感を覚えたことがわりとあったなあ。最近はやめられる場合はやめることにしてます。
 途中で止まってる本、再挑戦する日は来るでしょうか。29年もかからないようにしないと、時間切れになってしまうかも???

 世の中はゴールデンウィーク突入なようですが、わたしは相変わらずカレンダーとはあまり関係のない生活です。連休明けが〆切の仕事が遅れ気味(汗)。ガンバラナケレバ。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/30-96b1496d

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad