FC2ブログ

03

29

コメント

蝶々殺人事件

(2014/3/29)
 先日、舞台の『蝶々殺人事件』を観てきました。
 原作は横溝正史の同名小説。↓
蝶々殺人事件 (角川文庫)蝶々殺人事件 (角川文庫)
(2012/10/01)
横溝 正史

商品詳細を見る

 金田一ものではなく、元刑事の探偵、由利麟太郎が活躍するシリーズの第一作です。
「原さくら歌劇団の主宰者である原さくらが「蝶々夫人」の大阪公演を前に突然、姿を消した……。数日後、数多くの艶聞をまきちらし文字どおりプリマドンナとして君臨していたさくらの死体はバラと砂と共にコントラバスの中から発見された! 次々とおこる殺人事件にはどんな秘密が……」(Amazonの紹介文一部コピペ)という内容。時代設定は第二次世界大戦前の昭和初期。
 横溝正史というと、市川崑監督、石坂浩二主演の一連の映画を中学生のころテレビで楽しんだものの、それで満足してしまっていました。今回、舞台の予習に原作を初めて読んだのですが、いや、さすがに謎解きがよくできていておもしろかったです。怪奇色のない由利シリーズのほうがわたしは好みかも。子供時代にルパンものが好きで、いまでも「変装」と聞くとワクワクするタイプとしては、本書はトリックのひとつに変装が絡んでいて、そこも好みでした。

 舞台は休憩なしで2時間弱。わたしたちが観にいった日は1日2回公演の日だったせいで疲れていたのか、前半は台詞がカミカミになっている役者さんもいました。長台詞が多かったし、若い役者さんが中心だったからかな。後半はみんな演技が乗ってきた感じで、安心して観ていられました。
 今回はミュージカル俳優として有名な岡幸二郎さんがストレートプレイに出演している点にも興味を持っていたんですけど、さすがベテラン。舞台に重みを出していました。

「(犯人が)ああいう人間だったとしても、相手がちがっていたら、殺人なんかやらなかったろうし、女史がああいう人物であっても、相手が違っていたら殺されなかったろう。つまり鐘と撞木(しゅもく)のあいが鳴るというわけで、鐘と撞木は別々にあっても鳴らなかったにちがいない」

 今回、原作はKindleで読みました。引用した部分はわたしがハイライトした箇所。ひと言で言ってしまえば「相性」ということになるんでしょうけれど、殺人にまで至らない場合でもこういうことってあるよなあと、現実の生活に引き寄せて感じました。ミステリを読んでいても、こういう人間洞察に関する部分が心に残ったりします。

 今回の脚本は複雑なプロットをうまく省略してわかりやすくしていました。ただ、推理小説にあまりなじみがない演劇ファンで、原作を読んでいなかった方にはちょっと謎解きがわかりにくいところがあったかも。ミステリファンは原作を知らない人でもOKだったと思いますが。舞台では最後に原作にはない犯人の告白場面が設けられ、上の引用の部分を強調していた感があったんですけど、そうすることで、人間ドラマとしてまとまりをつけていた印象がありました。

 今回は同業者のKさんが東京にいらしたのでご一緒し、舞台の前後にゆっくりめにお話をうかがえたのも楽しかったです。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/25-57c8c866

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad