FC2ブログ

07

15

コメント

〈テッド・ラッソ〉と『五次元世界のぼうけん』

(2021/7/15)



 とにかくおもしろいです、このドラマ! 海外ドラマ通の方はすでにチェック済みでしょうか。わたしは内容をよく知らず、「一話30分だし、そういえばこのごろコメディ観てなかったしな」と軽い気持ちで観はじめたらすっかりはまってしまい、本当にあっという間に観終わってしまいました。1シーズン10話なんて少なすぎる……というわけで実はいま2周目。

 “コメディドラマ”というジャンル分けや“破天荒コーチ”というサブタイトルから想像されるのとは、ずいぶん異なる雰囲気の作品です。確かに主人公のテッド・ラッソは破天荒だし、いっぱい笑わせてくれるのですが、このドラマを観ながら何度もわたしの頭に浮かんできたのは “heartwarming”という言葉でした。ドラマの詳しい内容はコメディと呼ぶには奥深すぎる『テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく』 - Apple TV+オリジナル作品レビューにとてもよくまとまっているので、こちらの記事をお読みになってみてください。

 さて、ここから本に関連したお話です。第1話からおもしろかったけれど、わたしがこのシリーズをますます好きになったのが第3話の「クリム記者の密着取材」を観て。低迷するサッカークラブの監督に就任したテッド・ラッソが、選手たちに本を贈る場面があるんですが、そのときちらっと見える本の表紙には“Orson Scott Card”や“F. Scott Fitzgerald" などの文字。「本なんていらねーよ!」とばかりにすぐ捨ててしまう選手もいるのですが……。そんななかチームのキャプテンでベテランのロイが渡されるのがA Wrinkle in Time(邦題『五次元世界のぼうけん』マドレイン・ラングル著・渡辺茂男訳・あかね書房)。この本は未読なんですけれど、レベッカ・ステッド『きみに出会うとき』(ないとうふみこ訳・東京創元社)に主人公の愛読書として出てきて以来、個人的にずっと気になっていた本なんですよね。『五次元世界のぼうけん』を渡されたロイは、いつも苦虫を噛みつぶしたような顔をしているものの、姪(やサッカーファンの子どもたち)にはやさしい、いい叔父さんで、彼がこの本を受けとったことから、チームに変化が——?という展開になるんです。どうでしょう、興味が湧きませんか? 本の内容はクリム記者によってさらっと紹介されるので、読んでいない人にもテッドがなぜロイにこの本を贈ったのかわかるようになっています。

 このドラマ、第2シーズンが7月23日から配信ということで、ものすごーく楽しみです。コロナ×オリンピックで「え、冗談でしょ?」というくらい世の中の嫌な部分がつぎつぎあぶり出され、疲れることが多すぎる毎日。少しでも心を健やかに保つ手段のひとつにしたいと思っています。あ、あと、このドラマは特に(?)英語音声×日本語字幕と、吹き替え×英語字幕を両方チェックすると翻訳の参考になることが多いかも。





↑『五次元世界のぼうけん』は2018年に映画化されていて、いまは配信で観られるようです。タイトルは〈リンクル・イン・タイム〉。




管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/217-6fc10f9d

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad