FC2ブログ

09

29

コメント

30年前の読書ノート

(2019/9/29)

IMG_0941.jpg

机の抽斗の整理をしていたら30年前の読書ノートが出てきた。取ってあるのは覚えていたので、新たに見つけたわけではないんだけれど、中身を読んでみると驚愕だった。稚拙すぎる……。いや、いまでも個人的な読書記録(エクセルでつけてます)に書いてあるのはほんとにしょーもない感想がほとんどなんですけどね。それにしても、原書を一冊読み切っただけですごく喜んでいたりもして……。「あなた、いちおう英文学科だったでしょ」と言いたくなる。

ノートに書いてあるのは平成元年(1989年)から2年半ぐらいのあいだに読んだ本。翻訳の勉強を始める少し前〜始めて間もないころの記録だ。自分では読んだかどうか記憶が曖昧になっていた本のことが書いてあって、「あ、やっぱり読んでいたんだ」と確認できたのはよかった。

名作と言われていても、読んだことすら忘れてしまう本はやはり自分にとってピンとくるものがなかった、合わなかったということなんだろうなあ。年齢を重ねると感じ方が変わる場合もあるけれど、読んだことも忘れちゃっていたような作家は再読、あるいはほかの作品を読んでみるのを後まわしにしてもいいかなと思った。興味はあるのにまだ一作も読めていない作家の本がいっぱいあるので。

いま、ほかの本と平行して少しずつ読んでいるのが『石井桃子コレクションV エッセイ集』。昨年〈石井桃子生誕110年記念「子どもの本を編んだ人 石井桃子と岩波少年文庫」トークイベント〉へ行ったときに買った本です。前回の記事で書いた『少年少女のための文学全集があったころ』と同じく付箋貼りまくり(笑)。V・L・バートンや瀬田貞二さんはもちろん、堀内誠一さんの思い出なども綴られている。先日、西東京読書会の『パールとスターシャ』の回(会)に参加した帰り、参加者さんのひとりが石井桃子さんのエッセイ集を読んでいる(読み終えたところ、だったかな?)とおっしゃっていた。石井桃子さんのファンってやっぱり多いなと思いながら帰ってきた。

こちらの記事でちらっと書いたファージョン『年とったばあやのお話かご』も石井さんの訳でした。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/195-e9fdf6f0

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad