FC2ブログ

09

23

コメント

2年ぶりの福島——相馬で気仙沼さんま寄席

(2017/09/23)

敬老の日の連休、ほぼ日のツアーに参加して「相馬で気仙沼さんま寄席」に行ってきました。さんま寄席は2年前に一度、日帰りで参加したことがあります。今回は友人と予定が合ったこともあって一泊し、翌日の朝市なども楽しんできました。宿泊した宿で震災前と現在の生活の違いなど、女将さんから少しだけお話をうかがうことができたのですが、以前はあったお店が(営業を続けられなくなって)閉店してしまったりと、生活が不便になっているとのことでした。

IMG_0463.jpg
↑なんと言っても「気仙沼さんま寄席」なので朝市では「さんま定食」をいただきました。写真はさんま焼き隊の方々とさんま。前掛けに書かれてるのは気仙沼のご当地キャラのホヤぼーや。

IMG_0470.jpg
↑ツアーバッジと前に気仙沼で買ったホヤぼーやバッジ。今回、旅行カバンにつけていきました。

 寄席は、今回は志の輔さんの噺が三席、スペシャルゲストの矢野顕子さんの生歌が二曲という贅沢な会でした。矢野さん、出演までは客席(特別前のほうとかじゃなく)でふつうに高座を聴いていらして、そこから舞台へという形。リハーサルなしとのことでしたが、キーボード演奏も歌声もすばらしかった。

IMG_0461.jpg
↑演目。

 志の輔さん、今回はなんと言っても最後の「柳田格之進」が格別によかったです!
 4つ考えてあった候補のなかで、ほぼ「柳田〜」に決めていたところ、楽屋で着替えているときに矢野さんの「ごはんができたよ」が聞こえてきて決心が揺らぎ、「もっとスコーンと明るいので終わろうか」と迷われたそうで、高座にあがってからもしばらく決めかねていらした。終演後、糸井さんが「本気で迷ってましたよね。おもしろいところを見せていただきました」とおっしゃっていた。志の輔さん、20代のころから矢野さんのファンなんだそうです。
 残念なことに「柳田格之進」のときに限って、客席から携帯の着信音が響くハプニングが2度も! でも志の輔さんの集中が途切れることはなく感動の下げへ。
 前にも人情噺は聴いたことあるんですが、そのときはわたし泣かなかったんですね。でも、今回はハンカチを出さなければならないほどだった。主要登場人物4人の演じ分けがすばらしかったし、志の輔さんの気迫がすごかった。さらに、初めて聴く噺だったので、結末がどうなるのか緊張感もあって、そういう回に志の輔さんの名演を聴けてよかった。もうほんとに「いい高座を見せていただきました、ありがとうございます」という気持ちでいっぱいになりました。

 今回のような寄席&ツアーイベントの企画は、ほぼ日としてもたいへんなのだそう(今回は特に台風18号と日程がぶつかってしまったので、スタッフのみなさんはあれこれ考えなければならないことが増えて、ほんとにたいへんだったはず)。でも、できたらまた(場所を変えて?)やりたいとのこと。わたしもできたらまた参加したいです。

*前に参加した気仙沼さんま寄席の記事はこちらこちら。2015年はサンドウィッチマンも出演して、今回とはまた違ったおもしろさでした。
*2年前の福島行きは読書会参加のためでした。そのときの記事はこちらこちら。読書会の課題書はわたしの大好きな↓でした。


*前記事で書いた夏の観劇の続きは次回アップしますね。


管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/165-f6622847

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad