FC2ブログ

05

31

コメント

ゲド戦記

(2017/05/31)

 今年最初の読了本はゲド戦記3『さいはての島へ』で、今年最初の当ブログの記事はそれについてでした。そこに「(シリーズ読了までに)このあと3年もかからないよう祈ります」なんて書いてましたが、自分事なのに祈ってちゃだめだろう!ということで、4〜6巻も読みおえました。やっぱり、おもしろかった〜! 今回はシリーズの訳者あとがきや本文から心に残った部分を数カ所引用させていただこうと思います。







 6巻『アースシーの風』の訳者あとがきに清水真砂子さんは次のように書いていらっしゃいます。

ロークの学院に象徴される知の世界も、この作品の中ではかつてないほど相対化され、その威光はもはや失せようとしています。それに代わるものは何なのか。答えはすでに早くから、ゲドやテナーのことばや暮らしぶりにうかがえはしないでしょうか。そしてまた『外伝』の短篇に描かれる人々の中に。

 ここで清水さんが書かれている「答え」とも関連してくると思うのが、わたしが『アースシーの風』で一番感動した次の場面というか文章です。

 テナーはハンノキの手をなでた。繊細で、熟練した修繕屋の手だった。テナーの目に涙があふれそうになった。

 涙、溢れました……「繊細で、熟練した修繕屋の手」。
 同じく落涙したのが、5『ドラゴンフライ アースシーの五つの物語』のなかの「地の骨」のラストです。これはゲドの師匠オジオンの若き日の物語でもあるのですが、オジオンがそのまた師匠のダルスと力を合わせ、ゴント島に大きな被害をもたらしかねない地震に立ち向かいます。日本の民話にもあるタイプの話ですが、わたしはこういう話に弱いんだなあ。ラストシーンでオジオンが新たな生活を始め、その場所がのちにゲドやテナーとの、そして彼らとテハヌーとの暮らしの場所になっていったんだなと思うと感動が押し寄せてきました。

 最後に、このシリーズの再読(日本語では初読)を始めたときにドキドキした1巻冒頭の清水さんの訳を引用させていただきます。

 たえまない嵐に見舞われる東北の海に、ひとつだけ頭を突き出す海抜千六百メートルほどの山がある。この島の名はゴント。そして、このゴント島こそは数多くの魔法使いを生んだ地として古来名高い島である。その深い山ふところの村々から、あるいはまた、暗い色をたたえた狭い入江の港町から、遠く旅立っていったゴント人はその数を知らず。魔法使いや学者として多島海諸地域の領主たちに仕えた者たちもあれば、旅のまじない師として人びとに魔法を施すなどしながら、アースシーの島々を冒険を求めて経めぐり歩く者たちもあった。そうした中で、最も誉れ高く、事実、他の追随をついに許さなかった者がハイタカと呼ばれた男である。ハイタカは老いを待たずに“竜王”と“大賢人”の、ふたつながらの名誉をかちえ、その一生は『ゲドの武勲(いさおし)』をはじめ、数々の歌になって、今日もうたいつがれている。だが、これから語るのは、まだその名を知られず、歌にもうたわれなかった頃のこの男の物語である。

 清水さんについてはかつて〈婦人之友〉に掲載されたという記事の内容にネットで触れ、「すごい……」と唸ってしまいました。それについても、もし機会があったら書きたいと思います。


管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/158-6e808ac9

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad