FC2ブログ

12

29

コメント

『ジョージと秘密のメリッサ』

(2016/12/29)

 2016年もきょうを含めてあと3日となりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? わたしはことしも小分け大掃除をちょこっとやるだけで終わりそうです(苦笑)。

 さて、今月新刊『ジョージと秘密のメリッサ』(アレックス・ジーノ著/偕成社刊)が発売になりました。



 初めて読んだときからぜひ訳したいと思い、無事に版権が取れるのを祈るような気持ちで待った作品です。
 エージェントから送られてきた原書のデータには原著編集者デイヴィッド・レヴィサンの手紙がついていました。そのなかでレヴィサンは、ジーノの原稿を読んだあとすぐ上司のところへ、本書を自社から刊行するためにあらゆる手段を講じていいという許可をもらいにいったエピソードを記していました。通常の会議や承認をすっとばすために。「なぜなら、本書の刊行にかかわれなかったら、わたしは胸がつぶれるにちがいなかったからです」
 わたしもまさにそんな気持ちでした。

 本書の主人公は小学校4年生のジョージ。ジョージは見た目は男の子だけれど、心は女の子というトランスジェンダーです。トランスジェンダーの子が登場する児童書はアメリカでもまだ少ないそうで、その点で本書の持つ意義はとても大きく、全米図書館協会のストーンウォール賞やラムダ賞(どちらもLGBTを取りあげたすぐれた文学作品に授与されます)を受賞し、各種年間ベストブックの1冊に選ばれました。
 
 と同時に、本書はトランスジェンダーというキーワードから離れても、読者の心を揺さぶる作品です。本書には著者ジーノから「ほかの人とちがうと感じたことのあるあなたに——」という言葉が添えられています。集団のなかで孤独感や違和感を経験したことのある方は少なくないと思うのですが、そうした方にはきっとジョージの気持ちがよく理解していただけるはずです。

 今回の記事は訳者としての個人的な思いが多少強く出た内容になっていますが、また別記事で本書に関連した本などご紹介できればと思っています。

渡辺由佳里さんのブログでご紹介いただきました!
☆原著編集者のデイヴィッド・レヴィサンについては以前にこんな記事を書いていました。



管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/149-3745a133

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad