FC2ブログ

08

19

コメント

翻訳書ドミノ 第21回 『ヴァルハラ最終指令』

(2016/08/19)

 きょうは翻訳書ドミノの21回。著者が「軍人経験のあるイギリス人」つながりで『ヴァルハラ最終指令』(ハリー・パタースン著・井坂清訳)へ。ハリー・パタースンはジャック・ヒギンズの別名義。ゴールディングとヒギンズは教師の経験があるところも共通しています。

 原書は1976年刊行、邦訳は1979年初版ですが、わたしは最近読みました。
 『ミステリー&エンターテインメント700』(河田陸村・藤井鞠子編著・1996年東京創元社)によると、『鷲は舞い降りた』『脱出航路』を書いた70年代半ばからの10年間がヒギンズの脂の乗りきった時期だったとか。本書はその時期の作品ですね。

 わたしにとって、ヒギンズ作品は男女ともにかっこいい登場人物が出てくるところが魅力なんですが、本書でもその期待は裏切られませんでした。おもな登場人物のなかで、女性はドイツ軍の捕虜となっているクレール・ド・ボービル(貴族の夫人)とクローディーヌ・シュヴァリエ(ピアニスト)の2人。どちらも強い人ではないんだけど、いざというときには毅然としていて、男女を問わず読者から支持されそうな人物造形でした。

 男性登場人物では、主人公ではないんですけれど、ちょっと高齢寄りのポール・ガイヤールが魅力的でした。著名な作家で閣僚経験もあるというフランス人。医師の資格を持っていて、若いときに五輪のスキー競技で金メダルを取ったこともある。このトゥー・マッチで嫌みになりそうな設定も、ヒギンズが書くと大丈夫なんだなあ。「腰のまわりにも年月とともに肉がつき、ほんとうのところ、調子がいいとはいいがたかった」なんて告白もありますしね。

 戦争が背景になっている作品で、登場人物があまりにかっこよく描かれていたり、自己犠牲が美化されている感があったりすると、ちょっと不安になることがあるのですが、本書は戦争(人と人の殺し合い)のむなしさもしっかり描かれていると思います。「○○人だから」という単純な理由だけで悪いやつが出てこないところもいい。

 いろんな意味で安心して読め、そして満足感を得られる本でした。

IMG_0261 (1)
(↑「男性向け!」な感じの表紙ですが、ヒギンズの作品は女性もすごく楽しめると思います。)


管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/140-b58a5e36

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad