FC2ブログ

07

23

コメント

心の地平を広げる読書

(2016/07/23)

 先月、ある読書会に参加するためにジョージ・マクドナルド著『北風のうしろの国』を読みました。

IMG_0202.jpg

 『ナルニア国ものがたり』の著者C・S・ルイスにも少なからぬ影響を与えたと言われるマクドナルド。以前から気にはなっていたものの、なかなか読む機会がなかったのです。
 読了には思いのほか時間がかかってしまったのですが、読書会に行ったら、同じような人がいてほっとしました(笑)。
 雑誌連載したものを単行本にまとめた作品ということで、ところどころ「行き当たりばったり」な感じのある作品でした。そうした展開も含めて、本書を読みながら、わたしの頭に何度も浮かんだのは「おおらか」という言葉でした。
 気に入った文章や好きなキャラクター(馬のダイアモンドじいさん♡)がありつつも、なかなか感想をまとめにくい作品だったのですが、訳者の中村妙子氏のあとがきに大きくうなずく箇所があったので、引用します。

 いったいにマクドナルドの作品はあちこちにちりばめられている珠玉のような言葉から——というより、その雰囲気から、読者自身が心の地平をひろげていくといった読みかたが一番ふさわしいのではないだろうか。「赤ちゃんって、ナンセンスな歌そっくりだね。いままで起きていたと思ったら、もうぐうすか眠っちゃって」というダイアモンドの感想(二九二ページ)、遠くの歌声についての北風の述懐(九六ページ)は、そのままマクドナルドの作品の本質である。

 この部分を読んで、わたしは「あまり細かくつきつめなくても、場面場面、漠然と雰囲気を楽しむ読書でもよかったよね」と、すとんと今回の読書が納得できたのでした(わたしの読み方はチトおおざっぱすぎるかもしれませんが……)。何より「心の地平をひろげていく」ってすてきな言葉ですよね。読書会では、ほかにもやはりこの言葉が心に残ったという方がいらっしゃいました。
 本書にかぎらず、ほかの本の読書でも心の地平を広げていけたら、と思います。


(↑わたしが読んだのは旧訳版ですが、脇明子氏による新訳版もあります)




管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/137-5f04866e

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad