FC2ブログ

06

29

コメント

コクーン歌舞伎〈四谷怪談〉

(2016/06/29)

 コクーン歌舞伎第十五弾〈四谷怪談〉を観てきました。子供のころから怪談が苦手でずっと避けてきた演目。映画も観たことがありません。
 今回は中村獅童はじめ、生で観てみたいと思っていた役者さんが出ていたりと、出演者に惹かれたこともあって行ってきました。とか言いながら、チケット取ってから時間がたっていたので、あとで配役を見直すまでお岩と与茂七が扇雀さんの二役だと気がつかない御粗末ぶりでしたが……。イヤホンガイドがほしかった(苦笑)。

 20年以上前、お岩の髪が抜けるシーンをテレビで観たことがあり、思っていた以上にリアルで迫力があって、感動しました。あの場面はやはりこの演目の見せ場のひとつですが、今回おもしろかったのは、お岩の櫛を売り払おうとする直助(勘九郎)が、見えない手(お岩の亡霊)に脚をつかまれ、あたふたする場面。ちょっとパントマイムみたいな感じで、かつ勘九郎のポーズが決まっていて。

 今回はお袖と直助の関係がややクローズアップされた「北番」。物語を詳しく知らなかったわたしにとっては、最後に驚きの事実が! 〈三人吉三〉でも使われていたネタだし、歌舞伎ではよくある展開なんだろうなとは思いましたが。ただ、お袖と直助がなぜ生き別れになっていたのかがよくわからず。ご存じの方がいらしたら、教えてプリーズ。

 舞台美術などのせいか、2008年に観た〈身毒丸〉をぼんやり思い出しながら観ていました。

 悪いやつ・悪行がいっぱいな物語で——出演者の演技は見応えあったけれど——ちょっと疲れました。いまNetflixで〈ハウス・オブ・カード 野望の階段〉を観ているんですが、あちらも——おもしろいからこそどんどん観ちゃうんですけど——エゴと陰謀盛り沢山なストーリーなので、そのせいもあるかもしれません。つぎに観にいくのは「悪い人は一人も出てこない」(笑)という宝塚版〈ミー・アンド・マイ・ガール〉。ハッピー成分を補充してきたいと思います。


管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/135-573929cc

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad