FC2ブログ

05

03

コメント

渡辺謙さん×山中伸弥教授 英語をめぐる話

(2016/05/03)

 先日、〈SWITCHインタビュー達人達〉の渡辺謙さん×山中伸弥教授の回を観ました。対談前半は見逃してしまって後半の回だけ。
 そのなかで山中教授が謙さんに「40代になってハリウッドに進出したのに、どうして英語がそこまで流暢になったのか」というような質問をしていました。謙さんは「努力してまっせ(笑)」と冗談めかしつつ、苦労がなかったわけではないこと、油断すると力が落ちてしまうことなどを率直に話していました。さらに「目的を持つことが大事」とも。
 英語の学習に関して「目的を持つことが大事」というのはよく言われることですけど、このときわたしのなかで「ああ」と納得がいったことがひとつありました。日本人がネイティブのような発音にこだわる理由です。
 仕事でなんらかの英語力が必要という人はこのごろ増えていると思いますが、それでも多くの日本人にとって英語は実際に使う場面がなく、学習の目的意識も持ちにくいはず。そうすると、ときたま耳にするなんとなくネイティブっぽい発音を「かっこいいな〜」と感じるだけになってしまい、そこにこだわるいわば表面重視ともいえる傾向が定着したままになっているんじゃないでしょうか。
 英語の発音に関しては、個人的にいまでも笑ってしまう思い出があります。大学時代、会話の授業とは別に、講読や作文、文学史などの授業が英語で行われ、1年から4年まで1コマから数コマが必修になっていたのですが、その英語で行われる授業に初めて出席した1年生のときのこと。先生に当てられたり、発言したりした同じクラスの人の発音がみんなものすごくうまく、ネイティブぽく聞こえて「ひえ−、たいへんなところに来てしまった……」と慌て、落ちこんだのです。
 クラスに帰国子女や留学経験者がいたのは事実。高校時代、米軍基地でネイティブから会話を習っていたという人もいました。でもね、授業も回を重ねて慣れてくると、みんながみんなそんなネイティブぽい発音ではないことに気がついたのです。で、同じクラスのひとりにその話をすると、彼女もまったく同じで最初の授業のときは「え、みんな帰国子女?」と焦ったとか。自分以外の人の発音がやたらうまく聞こえたのは、慣れない授業に対する緊張感と「自分は劣っているのでは」という不安感のなせるわざだったんですよね。
 こんな思い出を持つわたしは、いまだにネイティブぽい発音だったり、英語での会話が流暢な日本人がテレビやラジオに出てくると、最初はそれだけで「すごーい」と思ってしまいがちかも(苦笑)。少し落ち着くと、その人が話している内容のほうに気持ちが向くんですけどね。

 謙さんと山中教授の対談はとってもおもしろかったです。↑のリンク先で番組担当者さんが書いている、山中教授が涙した場面は、教授の感動がひしひしと感じられ、こちらも目頭が熱くなりました。

*〈SWITCHインタビュー達人達〉については、中井貴一さん×糸井さんの回にからめてこんな記事も書いていました。
*ネイティブぽい発音については、こちらの記事にもちらっと。



管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/130-86e73768

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad