FC2ブログ

04

23

コメント

対局時計

(2016/04/23)

 対局時計なるものをご存じでしょうか? チェスのゲームをするとき、プレイヤーの持ち時間を管理するために使うものです。囲碁や将棋の対局の(観戦)経験がある人は「あ、あれね」という感じなのかしら。
 昨年の夏ごろから通いはじめたチェス教室で、先月、上のクラスとの合同レッスンがあり、3局戦ってまいりました。チェックメイトまでいかなかった場合は、ひとり10分の持ち時間がなくなったところで先生が勝ち負けを判定するという方式。
 1回でも勝てた人には先生から賞品が! ということで、わたしは↓のストラップをいただいてきました。
IMG_0186.jpg
(チェスの駒がモチーフ)

 チェスのゲームはですね、慣れないと大忙しです! 打つ手を考え、駒を動かし、対局時計のボタンを押し、なおかつ棋譜もつけなければならないんですから。でも、棋譜をつけながらというのは初心者にはむずかしいだろうとのことで、先月の対局では免除。それでもわたしは対局時計を押し忘れて(そうすると持ち時間がどんどん減ってしまう)、慌てること一度ならず……。

 対局時計は購入してませんが——まあ、ふつう買わないですよね(笑)——チェスのセットは高くないのを通販で買いました。
 スマホで無料のチェスアプリもダウンロードしたんですが、いまのわたしはまだゲームを楽しむところまでいってません。このあいだの対局もそうでしたけど、全部の駒を使ったゲームはなんというか「戦場が広すぎる!」という感じなんですよねー。
 駒を全部取られたほうが勝ちという「取られチェス」という遊びがあって、それはルールが単純で早く決着がつく(なおかつ駒の利きすじを覚えるのに役立つ)ので、初心者同士でも盛りあがって楽しいです。ただ、こちらも脳力は使うので、とにかくチェスのレッスン後はなかなか疲れます。

IMG_0183.jpg
↑毎回出る宿題。「白先、1手メイト」というのは、この局面で白の駒をひとつ動かしただけでチェックメイトに持ちこむにはどうするかという問題。

IMG_0185.jpg
↑レッスンでほぼ毎回やる定番問題。黒はキングだけ、こちら(白)はキング、ルーク2個、クイーンがいるので圧倒的に有利なんですが、下手をするとキングに逃げまくられ、なかなかチェックメイトに持ちこめず、焦ります。写ってるのが通販で買ったチェスセット。木製のにしてみました。


↑チェスマンガ『盤上のポラリス』。チェス版『3月のライオン』みたいになるのかな?と思ったら、1年で連載終了してしまったそうな……。連載終了を知って、昨年観た映画『バクマン。』を思いだしたり。


↑このあいだ『ぼくには数字が風景に見える』(ダニエル・タメット著・古屋美登里訳・講談社文庫)を読んでいたら、タメットさんが一時期チェスに熱中したエピソードが出てきました。



管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/129-19953922

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad