FC2ブログ

03

24

コメント

〈タイラー・オークリー 君は君のままで〉

(2016/03/24)

 この記事を書こうと思っていたら、きのうの毎日新聞にいまユーチューバーにあこがれる小学生が多いという記事を見つけました。ある調査では小4男子の将来なりたいもの第3位になったんですって。

 〈タイラー・オークリー 君は君のままで〉は800万人のサブスクライバーがいるアメリカの人気ユーチューバー、タイラー・オークリーのドキュメンタリーです。



 わたしはこれを見るまでタイラー・オークリーの人気や影響力の大きさを知らなかったんですが、タイラーは自身がゲイであることを公表していて、LGBT関連の活動家でもあり、オバマ大統領と面会したり、大統領夫人と対談したりなんてこともしているそう。1989年3月22日生まれ。27歳になりたてですね。

 このドキュメンタリーではタイラーがファンとじかに会って交流する場面なんかも収録されているんですが、熱烈なファンのなかにはタイラーと写真を撮るとき、感動のあまりぶるぶる震えだしてしまう人もいて、最初は驚きました。

 ゲイであるタイラーに理解のあるママ、「セラピーを受ければ治せるはずだ」と言った実父、拒食症にもなったタイラーの大きな支えとなってくれた先生、タイラーがいまほど有名でないときから注目していたというジョン・グリーンなどが登場します。ちなみに実父はタイラーのママとは離婚しているんですが、いまタイラーとのあいだには一定の折り合いがついているようです。

 この作品はドキュメンタリーという形で、ゲイの人物、そのまわりの人々がカミングアウトについて語るところを映像で見たり、生の声を聞いたりできたのがよかった。わたしはNetflixで見ましたが、Amazonプライムのコンテンツにもなっているようです。

 冒頭にリンクをはった記事の話に戻ると、小学生なりにどういう動画がウケるかを「研究」してみたところはすごいなと思いました。そういうすごい子がいるからこそ、この竹内氏が児童たちと持ったような時間をすべての学校で持つようにしたほうがいいんじゃないでしょうか。というか、ネットを使うとき気をつけるべき点は、大人もきちんと学ぶ必要がある気が。わたしはあらためて教えてもらいたいと思うことがたびたびあります。



管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/126-05252e51

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad