FC2ブログ

02

29

コメント

調べもので参考になったコラム

(2016/02/29)

 ことしは29日まであるけれど、やっぱり2月は逃げていった……ということで、ややひさしぶりの更新です。確定申告もこのあとゼロからのスタートだぜ……がんばらねば。

 きょうは調べものをしていて見つけたアメリカの教育に関するコラムのお話です。

 アメリカの学校のようすは、本やドラマを通してなんとなく知っていることは多いものの、わたしは留学経験はないので、イメージがつかめない部分があります。さらに、昨年参加したこちらのイベントで、アメリカでは小学校から「読書」がカリキュラムのなかで大きなウェイトを占めているというお話をあらためてうかがい、具体的なところを知りたいなと思っていました。
 そんなとき、出会ったのが織井弥生さんの〈子どもの可能性を引き出すアメリカ最新教育事情〉というコラムです。2009年から2014年にかけて学研出版サイトに連載されていたもので全50回。調べものに関係ありそうだったり、タイトルに興味をひかれたりした記事しかまだ読めていませんが、とてもわかりやすく、客観的に書かれていて、情報量が豊富だと思いました。
 
 第36回 小学生の読解力 では読書指導の具体的な内容が紹介されています。
 第14回 アメリカ人の論理的思考 ではクリティカル・シンキングやレポートの書き方の指導が小中学校からどのように行われるかが詳しく書かれています。

 わたしはいまの日本の教育事情にくわしくないし、自分の小中高時代の記憶もネンレイテキニかなりアヤシイのでありますが、レポートの書き方ってちゃんと教わったのは大学生になってからだった気がします。それも英語で書くゼミ論・卒論の準備としてだったので、日本語でのレポートの書き方は、もしあったとしてもとても簡単にしか指導されていないはず。
 クリティカル・シンキングやそれにそった文章の書き方を知っていれば、社会に出てからとても役立つというのはほんとうにそうだと思うので、強化されていく方向にあるといいなあと思います。


管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/123-57cea46f

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad