FC2ブログ

01

31

コメント

小狐礼三

(2016/01/31)

 国立劇場の初春歌舞伎公演「通し狂言 小春穏沖津白浪―小狐礼三―(こはるなぎおきつしらなみ こぎつねれいざ)」を観てきました。
 歌舞伎は歌舞伎座の柿葺落五月大歌舞伎(平成25年)で菊ちゃんと玉さんの京鹿子娘二人道成寺を観て以来だから、3年近くぶり——って、もともと頻繁に足を運んでいたわけではないんですけどね。

IMG_0144.jpg

 
 国立劇場の一月大劇場は菊五郎一座の歌舞伎と決まっているようで、お正月らしくはなやかで楽しい舞台です。宙乗りや水芸が披露される年もあります。今回もヒジョーに楽しめました! 菊ちゃんは女役も立役も期待どおりの美しさ! 赤がきいて、めでたさとはなやかさが感じられる舞台美術は、幕があがった瞬間にため息がもれるほどでした。
 菊ちゃん演じる礼三は狐の妖術を操る美男の盗賊役ということで、パラノーマルな場面なあり、アクロバティックな立ち回りあり。こういう舞台は知識がなくても楽しめる部分が多くていいなあと思いながら観てました。幼いころ、祖母に連れていかれた狐忠信も、狐が屋根から飛びおりたりするところが子どもにも楽しかったことを思い出したり(祖母の長唄だったか三味線だったかの発表会はタイクツデ爆睡した記憶があるんですけど・苦笑)。

 ↑にも書きましたが、わたしは歌舞伎の知識があるわけではないので、毎回イヤホンガイドを利用しています。これもお好みだとは思うのですが、あらすじやいま舞台にいるのがだれか(役名も役者名も)など、適宜解説してくれるのがとってもわかりやすいです。今回は三幕吉原の場面で、菊ちゃんが融通するお金が「換算すると現在の一千万円」なんて註釈もはいったりして、思っていた以上の大金であることがわかり「おおお」となりました。

 今回は一週間前にチケットをとったのですが、2階1列目の真ん真ん中の席がとれてびっくり。2階席1列目は舞台全体が見渡せるから好きなんです。宙乗りのときは役者がすぐそばまで来たりしますしね。ただ、最後に手ぬぐい投げなんかがあるときは1階のほうがキャッチできる確率が高いよなあ——なんて思っていたら、2階めがけて投げてくれる役者さんもいて、なんとわたしのとなりの紳士がキャッチしていました!

あとでまわりのマダムたちに話しかけられた紳士:「これで一年の運を使いはたしてしまったかな(笑)」
マダムのおひとり:「あら、運のつかみぞめですよ!」


わたしもいつか手ぬぐいキャッチしたーい。できれば菊ちゃんが投げてくれたのを♡


管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/120-23911689

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad