FC2ブログ

12

31

コメント

「アメリカで起こっている新しい出版のかたち」

(2015/12/31)

 ことしもあっという間に大晦日! 2015年最後の更新はこちらの記事にちらっと書きましたイベント、「アメリカで起こっている新しい出版のかたち」について。堺三保さんと渡辺由佳里さんの対談形式でした。

 堺三保さんは以前から生でお話をうかがいたいと思っていたのですが、堺さんが出演されるイベントはコアなSFファンが対象なのかなと思われるものが多く、わたしは話についていけないかも……という思いから二の足を踏んでいたのでした。ところが「アメリカで〜」では堺さんが冒頭に「なんかきょうはアウェー感が……」とおっしゃっていたので笑ってしまいました。

 少人数でドリンクとおつまみを楽しみながらの内輪な雰囲気の会でした。トピックのせいもあって翻訳者の方が何人も。ツイッターでは存じあげていたけれど、という方にもじかにごあいさつできて、そういう面でもわたしにとっては充実の会でした。

 当日出たお話をごく一部ですが箇条書きにします。わたしのメモと記憶をたよりに書いているので、由佳里さんと堺さんのコメントの再現というわけではありません。

・アメリカでは個人出版(電子出版)からの収入が増えてきている。該当するのは大手から出すと刷り部数が少ない作家。刷り部数が少ないとすみずみのリアル書店まで行き渡らない。
・個人出版の増加につれ、フリー編集者の存在価値が高まっている。
・大作家は大手から出したほうが得。
・このごろウケているもののなかには、心地よさがあるだけで構成がめちゃくちゃな作品も。日本のアルファポリス、なろう系から出てくる作品と通じるものがある。
・アメリカではAmazonなどでレベルの低い読者レヴューは淘汰されていく。ほかの読者から「ちゃんと読んでないんじゃないの」といった指摘があったりするため。
・日本人作家がアメリカのSF界で注目されているのは、同工異曲だったアメリカ作品と異なり、ニッチになっているところを攻める形になっているから。
・ミステリでは日本の本格作品がアメリカでウケる可能性あり。いまアメリカではいい本格作家がいないが、根強いコロンボ人気を見ても、本格好きは少なくないはず。

 読書をめぐる環境に関して、アメリカの学校では読む・調べる・書く・議論するという訓練が重視されているというお話にあらためて考えさせられました。母語や文化が違う移民の国という背景が強く影響していることですが、その書く力はたとえばネット書店のレヴューにも反映されていたり、議論の訓練を受けていることは打たれ強さに反映されていたり。何もかもアメリカに倣う必要はもちろんないけれど、この部分の訓練の強化は日本でいまどれくらいされているのでしょうね。よい指導者がいてこそだと思うので、そう簡単にはいかないと思うんですけれど。「いやな体験」になっては逆効果ですし。

 この「アメリカで〜」と「英語で仕事をする」の2回のイベントでは、3年前に由佳里さんのmeet-upで知り合ったMさん、Tさんと会場でお会いできたことも楽しかったです。

 さてさて、2015年もあとわずか。みなさまどんな大晦日をお過ごしでしょう? どうぞよいお年をお迎えくださいませ。来年もゆるゆる更新していきますので、またのぞきにいらしてくださいね。

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/116-3928247c

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad