FC2ブログ

12

23

コメント

翻訳書ドミノ 第16回

(2015/12/23)

 きょうは翻訳書ドミノの第16回。主人公が「走ることが好き」つながりで、前回の『セプテンバー・ラプソディ』からシャロン・クリーチ作『ハートビート』へつなげます。



 カーネギー賞とニューベリー賞の両方を受賞している著者による散文詩の形をとった物語。余白が多く、字数は少ないのだけれど、伝わってくるものはとても大きくて、うなりながら読みました。ガルル……あ、これはうなりちがい(笑)。冗談はさておき、伝える手段は「言葉を尽くす」だけじゃないということを再認識させられた作品でした。

 「わたし」ことアニーのお母さんのおなかには赤ちゃんがいます。いっぽう、同居しているおじいちゃんは記憶が混乱したり、できないことも増えてきたり。わたしはこのおじいちゃんがとても好きでした。実際に同居しているとつらいこともありそうだけど。赤ちゃんに部屋をゆずるために、梁にロープをかけよう、なんて言われたら……。

 走ることと絵を描くことが好きなアニーはとても頭のいい子です。自分がなんのために走るかを知っている。児童書ですが、大人も「なんのためにこの仕事をしているのか」とか、迷ったときや疑問を持ったときは特に、胸にひびくものがあると思います。

 生まれくる命と老いて(消え)ゆく命。アニーは美術の宿題で百日間、ひとつのりんごを描きつづけます。アニーが描いた百番目のりんごは「小さくつややかな茶色い種ひとつ/涙の形をして/りんとして/古くもあり新しくもあり/ひっそりとして/かつ/秘密に満ちた/もの」。

 余白に、走るアニーのパラパラ漫画が描かれていて、これがまたいいんです。ほんとにシンプルな絵だけど、走るアニーの喜びが感じられて。装丁もすてき。カバーをはずすとがらりと印象が変わります。

 タッタッ、タッタッ


管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/115-e0351299

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad