FC2ブログ

12

11

コメント

英会話レッスンのことなど

(2015/12/11)

 先月後半から、わたしにしては外出の予定が立てこんでいたりして、ヒジョーにひさしぶりの更新です。ここのところ、記事の更新もしていないのにブログを訪問してくださる方がなぜか多めで「は、早く更新せねば」思っていたのですが。

 さて、今週は早く使ってしまいたい個人レッスンの時間が2回分残っていたため、一年以上ぶり(!)に英会話レッスンを受けてきました。2回とも出版翻訳関係者が集まる忘年会の前に行ったので、英会話→忘年会コースで両日ともいやはやよくしゃべったぜ(笑)。
 いつもは仕事がらみで英語ネイティブに質問したいことが出てくるとレッスンの予約を入れていたのですが、今回は質問はあまりなかったのでほぼずっとフリートーク。
 アメリカ人の先生とイギリス人の先生のレッスンを1回ずつ受けたら、イギリス英語には特に耳が慣れていないなあと感じました。何度も聞き返しちゃった。
 でも、このごろHuluやNetflixで海外ドラマを頻繁に見るようになって、リスニング力は以前よりマシになったかも。あくまでも当社比ですけど。
 あと、英会話のCDをかけながら出かける準備をし、声に出してリピートしてから行ったのだけど、こうすると英語の出てきかたがちょっぴりスムーズだった気がしました。まさに付け焼き刃ですが、会話の練習をさぼっていて、ひっさしぶりに英語をしゃべるときなど効果あるかも。

 わたしのこれまでの経験だと、翻訳者が原著者と会ったり、やりとりすることはそんなにありません。ただ10年以上前ですが拙訳書の原著者が来日したことがあったり、また昨年からロビン・スローン(『ペナンブラ氏の24時間書店』)、スーザン・ブロックマン(トラブルシューターズ・シリーズ)とメールでやりとりをすることがあったので、英語を書く・聴く・話す力を総合的にアップしたいという気持ちはあります。そんな思いもあって、先日はこちらのイベントに参加してきました。こちらのイベントのことも近いうちに記事にできればと思っています。


↑ホームズ翻訳家であり、海外のシャーロッキアンや原著者と親しく交流されている日暮雅通さんのご本。日暮さんみたいになりたいわん。

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/113-7cb5eea2

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad