FC2ブログ

11

25

コメント

宝塚星組〈ガイズ&ドールズ〉

(2015/11/25)

 先月と今月、宝塚星組の東京公演〈ガイズ&ドールズ〉を観てきました。ことしとっても楽しみにしていた公演。すごおおおくよかったです❤️
 
 舞台は1950年代のアメリカ、ニューヨークなのでわりと現代に近い世界なんですが、〈エリザベート〉などにも劣らぬ別世界度の高さというか、おとぎ話感が確立されていて、幕があがったとたん現在を忘れさせられました。
 トップの北翔さん、それから礼真琴さんの歌のすばらしさは期待どおり。伸びやかな歌声は安心しきって身をまかせられ、気持ちよかった〜。
 しかししかし、今回一番強烈な印象を受けたのは専科から出演のナイスリー・ナイスリー・ジョンソン役、美城れんさん。圧倒的な歌のうまさ! 太っちょでコミカル・オンリーな役なんだけど、存在感は主役級。専科の人ってすごいなとあらためて思いました。去年の〈エリザベート〉のときの北翔さん(当時は専科)も鳥肌ものでしたし。

 〈ガイズ・アンド・ドールズ(野郎どもと女たち)〉はイギリスのファントム役者、デイヴ・ウィレッツがソロアルバムで Luck be a Lady Tonight を歌っていたことから興味を持ったのをきっかけに、マーロン・ブランド×ジーン・シモンズの映画版、1993年の来日公演、そしてそしてその前に行われた田原俊彦×杜けあきバージョンなんてのも観ています(トシちゃん、ダンスはよかったけど、う、歌が……でした・苦笑)。
 北翔さんのスカイはいい意味でどこか和風——ツッパリとまじめな美人優等生の恋を描いた昔の少女漫画をほうふつとさせました。日本人の感性に近づけつつ、でも別世界度は高いという、宝塚ならではのおもしろいしあがりでした。
 とにかくハッピーな作品で、幕がおりた瞬間は口角があがりまくり。プログラムを見ると「文化庁芸術祭参加公演」なんだとか。受賞できるといいな〜。

190px-Studio_publicity_Jean_Simmons.jpg

こちらは1955年の映画版でサラ・ブラウンを演じたジーン・シモンズ。この作品でゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞しています。〈大いなる西部〉でグレゴリー・ペックと共演していて、そのとき演じた教師ジュリー役もすごく好きでした。

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/112-6af5ace4

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad