FC2ブログ

10

26

コメント

Peter Barakan's Live Magic

(2015/10/26)

 24日にPeter Barakan's Live Magicでフェス初体験をしてきました。恵比寿ガーデンホール内のホールとルーム、それにガーデンシネマの3会場だけのコンパクトなフェスだったので、体力が不安なお年頃(笑)の人でも大丈夫。たまに階段とかに腰かけている人もいたけど、椅子がいっぱい用意してあったので座るところは見つけやすかった。観客の平均年齢が高め(たぶん)だからかな。でも、ちっちゃな赤ちゃんを連れた若いカップルもいたし、幅広い年齢層が聴きにきていた印象でした。

 わたしたちが聴いたのはグルムルI'm with Herダイメ・アロセナデリヒ、そして濱口祐自さん。
 入場してからグルムルのスタートまで少し時間があったので、まずは腹ごしらえ。昨年人気ですぐ売り切れてしまったというガンボは食べられたけど、バラカン家のレシピで作ったというメニューが14時ごろにすでにすべて「ソールドアウト!」だったのがちょっぴり残念でした。でもフェス飯も初体験できたし、おいしくて楽しかった。

 グルムルはマイクのせいか(?)PVのほうが声がいいかもと感じたところもあったけど、その分バックのピアノのよさに気づいたり、ゆったりと楽しめました。かわいさも手伝って会場が大いに盛りあがったのはガールズユニットのI'm with Her。カントリー&ケルトな感じの楽曲は、一緒に行った友達もとても気に入ったみたいで、ちょうどわたしたちが外の空気を吸いに出たとき、彼女たちが車で会場をあとにするところだったので、手をぶんぶん振ってお見送り。

 行ってよかった!な満足感をさらに高めてくれたのは、最後の濱口祐自さんのステージ。ギターのテクニックとかそういうことは皆目わからないのだけど、すごおおおおくよかった! 話もおもしろかったし(一部オヤジギャグでしたが・笑)。濱口さんとI'm with Her はもっと曲数やってほしかったくらい。

 そうそう、濱口さんはやはり人気が別格なせいか、彼だけステージ前に会場が完全入れ替えになりました。彼のステージのために早めにルームのなかに入っていたわたしたちは慌てて外の列に並びにいくことに。来年以降、またこのフェスで濱口さんを聴く場合はここ注意ポイントだな〜と思いました。

 濱口さん以外は知らないアーティストばかりだったので、今回はわたしが友達を誘った手前、ちょっと不安もあったのだけど、大いに楽しめたフェスでした。来年も開催されたら、また行きたい。体力不安な人間でも楽しめるフェス、ありがたいです。


(↑濱口さんのギター、最高です)


(↑I'm with Her )
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://rhiroko.jp/tb.php/107-acf83f15

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad