FC2ブログ

12

31

コメント

いろんな楽しみを教えてくれた人

(2022年12月31日)

 先日ひさしぶりにミクシィをのぞいてみました。かれこれ10年以上利用してきたTwitterがここに来て、いろいろ「うーん」なのはみなさんもご存じのとおり(前から利用の仕方などで悩むことはあったけれど)。「そういえばミクシィって、いまどんな感じなんだっけ? Twitterが本当に使えなくなったり、使いたくなくなったりした場合に備えてのぞいておこうかな」と思いつつも、すぐにはアクセスせずにいました(アカウントが乗っ取られていないことの確認はたまにしていたんだけど、最後にログインしたのがいつかは覚えていません……)。

 10年以上前に書いた日記を読み返してみると、「わー、そういえばこんなこと書いてたっけ!」とこっぱずかしくも感じたり。と同時に、ミクシィを通じて交流が始まった/深まった同業者さんと、お相撲や寄席にみんなで一緒に行ったりしたなあと楽しい思い出があらためてよみがえってきました。

 わたしをミクシィに招待してくれたのは翻訳家の栗原百代さんです。同業者が集まる宴会で、確かわたしがPCを買いかえ、通信環境が前よりもよくなったとかそんな話をしたら、「おお、ではひろりん(と、ももさんには呼ばれていた)も出会い系をやろう!」と言われ、わたしは「は、はあ? 出会い系???」となったんですが、帰宅後ももさんから送られてきたのがミクシィへの招待状でした。

 ももさんは翻訳者としてとても精力的に仕事をするいっぽうで、好きなもの・人がいっぱいあって(いて)、わたしからすると「この人には1日28時間ぐらいあるのでは?」と思えるくらい、スポーツや観劇、そして飲み会も楽しんでいました。顔が広く、情報通でもあり、ももさんのおかげで交友関係が広がったとか、いろんなことを教えてもらったという人は、わたし以外にもきっと何人もいると思います。

 わたしは歌舞伎役者の尾上菊之助が好きなんですが、これもももさんに誘われて観にいった菊五郎一座の国立劇場公演がきっかけでした。ほかにも蜷川幸雄や野田秀樹の舞台、オペラなど、わたしの場合はももさんに声をかけてもらったから知ることができたという楽しみがいくつもあります。

 ももさんが特に好きだった有名人としてすぐに思いだされるのは松井秀喜に藤原竜也、そしてギャスパー・ウリエル。ギャスパー・ウリエル主演の〈ハンニバル・ライジング〉に関しては、仕事で忙しいなか、20回以上映画館で観ていたんじゃないかな。2007年にももさんとほかの同業者さんとわたしと三人で、ウィーン版〈エリザベート〉の初来日公演を観にいったことがあったんですが、あまりのすばらしさとパワフルさに圧倒され、終演後に3人でコーヒーを飲みながら興奮して感想などを語り合いました。それぞれ言いたいこと言って少し落ち着いたところで、ももさんは「じゃ、あたしこれからギャスパー観て帰るから」と、当時〈ハンニバル・ライジング〉を上映していた映画館へと消えていきました(このときすでにかなりの回数観てたはず)。ももさんというと思いだすエピソードのひとつです。

 ももさんは〈ほんわか会〉という読書会(参加者は翻訳者)を主宰してもいました。わたし自身、2012年から数年間、翻訳ミステリー読書会の世話人をしていた時期があったんですけど、その世話人を引き受けることにしたのも、〈ほんわか会〉で読書会に参加させてもらった経験があったからでした。ほんわか会で読んだ作品として特に心に残っているのは『冷血』『蠅の王』『アフリカの日々』。どれも読みたいと思いながら、長年手をつけられずにいた本でした。『蠅の王』は途中読みすすむのが苦しくなり、読書会の課題書じゃなかったら挫折していたかも(←もちろん作品批判ではありません)。『冷血』では一人称と二人称の訳し方について、「最初はへえ、これを使うんだと意外に思ったんだけど、読みすすむとやっぱりこれだなと納得した」というような感想を述べた方がいて(そしてみんなでうなずいて)、これは翻訳者が集まる読書会ならではのおもしろさだと感じました。『アフリカの日々』は確かももさんが香港に引っ越して最初の読書会の課題書で、Skypeを使って指しで語り合いました。ふたりだと、ももさんの教養の深さ、着眼点のユニークさをひしひしと感じさせられたのを覚えています。

 そんなももさんが亡くなったと聞き、呆然としています。いまだ信じられないし、いつまでも実感がないままになりそうな気がしますが、こうして振り返っていると湧いてくるのは感謝の気持ちです。ものすごく密度の濃い人生だったのではと思います。いくつもの沼にはまり、いっぱい楽しんで、その楽しみを人とも共有して、人と人がつながる機会を作り……。ももさんが香港に引っ越す前の壮行会には本当におおぜいの人が集まり、帰国したときの歓迎会もすぐに開かれて(そういう会をアレンジしてくださった方々にも本当に感謝です)、それはももさんを大切に思う人がどれだけいるかの証だったと思います。あれこれ思いだしながら、心からありがとうと思い、どうぞ安らかにと願う年の瀬です。

 みなさま、どうぞよいお年をお迎えください。

12

01

コメント

薔薇とサムライとマローネの台詞

(2022/12/1)

 先日、ゲキ・シネで劇団新感線の〈薔薇とサムライ〉を観てきました。すっごくおもしろかった! 一分たりとも退屈している間がなく、いっぱい笑って気分爽快。



 わたしの場合、初めての劇団新感線もゲキ・シネでした。2014年に観た〈ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ〉。時系列的にはこちらが〈薔薇とサムライ〉のあとという設定です。観たあとのメモには「三浦春馬があんなに歌えるとは」と書いてありました。2019年に〈キンキーブーツ〉を観たときも「三浦春馬、こんなに歌えるんだ!」と驚いた気がするので、どうやら五右衛門ロックでの驚きは5年で記憶の彼方となっていたようです……。
 そう、五右衛門ロックⅢは三浦春馬が出演していたんですよねえ。薔薇サムは神田沙也加が出演していて、どちらもいまとなってはリピートするのにちょっとつらいところがあります。

 劇団新感線はその後2017年と18年に〈髑髏城の七人 Season風〉と〈修羅天魔〜髑髏城の七人 Season極〉を生で観る機会を得ました。ただ、いま新橋演舞場で上演中の〈薔薇とサムライ2〉は——このごろ観劇はちょっとお休みモードということもあり——まったくチェックしておらず……。先日ゲキ・シネで薔薇サムを観てから、「せめてライビュだけでもチケ取り参戦しておけばよかった……」と大いに後悔。Twitterでは天海祐希演じるアンヌ陛下の名前が毎日のようにトレンド入りする人気ぶり。こちらも早くゲキ・シネになって公開されることを期待します(このご時世だし、ライビュだけじゃなく配信もしてよ……というのが本音ですけど)。髑髏城も Season 極は天海祐希出演だったし、見応えあったのだけど、薔薇サムは観終わったあとの爽快感や、天海祐希のアンヌ・ザ・トルネード(海賊から小国の女王になる)という役へのはまりっぷりが格別。ゲキ・シネの帰りのエレベーターでは「天海祐希きれいすぎる……同じ人類と思えない……オスカル……」という会話が聞こえてきました。ほんとにね、美しさはもちろん、演技やまわりとのバランスも含めたかっこよさがもうもうもう!という感じでした。

 ところで、わたしが翻訳を担当しているワニ町シリーズの第4巻『ハートに火をつけないで』で、アイダ・ベルが「やっちまいな!」というメッセージをフォーチュンに送る場面があります。原書では Kick his ass 。実はこの訳、劇団新感線の台詞とちょっと関連があるんです。
 ↑にも書いた〈ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ〉をゲキ・シネで観たときのこと。古田新太演じる石川五右衛門の敵役、マローネ・アバンギャルド侯爵夫人(高田聖子さん)が手下たちに「やっちまいな!」と言う場面があって。マローネは薔薇サムにも登場する、すんごくイヤ〜な女なんですが、イヤすぎて小気味がよいというキャラクター(笑)。で彼女の「やっちまいな!」は「言ってみたい!」台詞としてわたしの頭にずっと刻まれていたのです。「言ってみたい!」けど、ふつうに暮らしてる人間にはなかなかそんなチャンスはめぐってこない。ところが! Swamp Team 3 (『ハートに火をつけないで』の原題)を訳していたら、ぴったりな場面と台詞に出くわしたというわけです。Kick someone's ass は「たたきのめす、やっつける」という意味。原書の表現から大きくはずれることもありません。
 薔薇サムのマローネは物語の舞台がヨーロッパということもあって、手下たちに「やっておしまい!」と言ってました。あれ? 五右衛門ロックⅢでも「やっておしまい!」だったのかな?とちょっと気になりましたが、五右衛門ロックⅢは舞台が日本だったし「やっちまいな!」だったはず……だけど、何しろお年ごろの記憶力なので、ちょっと自信なし(苦笑)。微妙な誤差はあるかもですが、言ってみたい台詞を訳文中で使えたというのは、翻訳者をやっていて嬉しくなった瞬間のひとつです。

 〈薔薇とサムライ2〉の製作発表で、天海祐希さんが出演依頼を受けたときを振り返って「(本当はもう少し違うものをやってみたいという気持ちもあったけれど)こういうご時世なのでぱっと明るく元気になれるもの//(いまの鬱々とした雰囲気を)吹き飛ばせるものをというお話だった」(大意)と語っていました。うん、人それぞれ何かしら「吹き飛ばしたい!」と感じるときってあると思うけれど、いまは特に社会全体でそういう気分が高まっていますよね、やっぱり。関東では12月8日まで上映されているので(と言っても回数が少ないのでご注意)、師走にスカッとしたい方はぜひ。DVDも出てるし、アマプラなどでもレンタルで観られるようであります。ワニ町がお好きな方はきっと大いに楽しめると思いますよ。

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad