FC2ブログ

03

05

コメント

“元気になるメモ帳”と『あおのじかん』

(2022/3/5)

「二月は逃げる」と言われるけれど、本当にあっという間に終わってしまいました。月の終わりには、ロシアによるウクライナ侵攻なんてことが起きてしまうし……。2020年のちょうどいまごろ、コロナの国内感染が拡大しはじめていて、不安ななかブログ記事を書きました。あれからほんの2年、コロナもまだ収束しないなか、今度は世界に大きな衝撃が走る侵略戦争が起きるなんて。
 2年前は「ネットでニュースをチェックする時間を制限する」「ふだんどおりに仕事や勉強を進めるのは無理とある程度割り切る」という方針を決めたけれど、現在は時間的な余裕があまりなく、仕事はふだんどおりに——というか、ふだん以上に集中して進めなければなりません。いまこの瞬間もウクライナでつらい思いをしている人がいると考えると、いろんな思いがこみあげてきますが(そして世界の目がウクライナに向いているいま、ミャンマーなどのことも心配)、まず自分が元気でいなければ、平和を願って何かすることも無理。
 少し前に「自分が元気になるメモ帳」を作っておくといいということを知りました。時間がないときにもできること、手軽なことも含めて、自分はこれをすると元気になれるということを30個ぐらい用意しておくといいのだそう。最初は「30個も?」と驚きましたが、たとえば「お酒を飲む」などだけだと、ひとつのものに過度に依存してしまう心配があるからだとか。納得。時と場合によって、効果があること・ものも違うかもしれない。わたしはまだ20個弱しか考えられていないんですが、そのなかから「写真集や好きな本の挿絵をながめる」「〈テッド・ラッソ〉の好きなエピソードを再視聴」「〈世界ネコ歩き〉を観る」「かわいい動物の写真・画像を眺める」「花や緑を飾る(小さくてOK)」などを実践しようと思っています。これなら、いま時間のないわたしにもできるから。
 ウクライナに一日も早く平和が訪れますように。

IMG_1661.jpeg
IMG_1663.jpeg
IMG_1664.jpeg
『あおのじかん』(イザベル・シムレール文・絵/石津ちひろ訳) 先日リニューアルオープンした教文館ナルニア国で購入。もうほんと色がすばらしくて! 鳥の胸のふくふくした感じもなんとも言えません。ぜひリアル書店で手に取ってみてほしい一冊。こちらもながめていると元気になる本に仲間入りです。


↑「自分が元気になるメモ帳」についてはこちらの本に載っていました。

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad