FC2ブログ

04

21

コメント

『わたしはなぜファンタジーに向かうのか』斎藤惇夫(教文館)

(2021/4/21)

 先月、『わたしはなぜファンタジーに向かうのか』 を読みました。これは「ガンバの冒険シリーズ」などで知られる斎藤惇夫さんが2013年に行った講演の内容をまとめた本です。2013年といえば東日本大震災から2年というタイミング。本文は〈3.11がもたらしたもの〉という小見出しから始まっています。
 大震災から10年の今年、3月11日が近づくと震災関係の記事やテレビ番組を例年以上によく目にするようになりました。震災直後の自分を思いだすと、津波の映像はあまり見ないほうがいい気がする。でも震災の特集番組などを避けていると、あれだけの出来事を、どれだけ大きな被害があったかを忘れてしまうかもしれないという不安を感じ、これから自分は大震災とどう向き合っていけばいいんだろうと、なんだかもやもやした(というと変かもしれませんが)気持ちでいました。そんなときに出会ったのが、この『わたしはなぜファンタジーに向かうのか』でした。
 本書は講演録のほかに付録として「被災地での観劇」というエッセイもおさめられていて、テレビやメディアの報道とは異なる角度から、震災を振り返ることができました。付箋を貼ったところから、特に印象に残ったところを一カ所引用します。太平洋戦争が終わったときに5歳だった斎藤さんが、終戦と震災後を重ねて、比べて語られた言葉です。

 問題は、一体今、今度は放射能汚染による目に見えない焼け野原として、原子力発電所の事故がもたらした子どもたちの恐怖を、取り除き、未来を明るいものとして感じさせるような物語が、そして未来を感じさせる知識・知恵としての百科事典が、出版活動が、はたしてあるのか、ということなのです。具体的には、戦後の焼け野原を、子どもたちのために緑の沃野に変えようとした方々、例えば、石井桃子さんや、瀬田貞二さんの志を継ぐ精神が、またお二人に存分に仕事をしていただいた組織や場所が、この新たな焼け野原的状況の中の、一体どこにあるのかということです。(中略)出版界は子どもたちの今と未来のために本を出版しているのか。編集者はどうか。本気になってこの言葉を、この絵を、この物語を、子どもたちの魂にとどけようとして一冊一冊作っているのか。図書館員はどうか、渾身の力で選書しているのか。それを自らの手で子どもたちに渡しているのか。そして、絵描きはどうか、線と色彩の美しさと構図の確かさで、生き生きと物語を語っているのか。翻訳者はどうか、我が国の子どもたちに伝えたい作品を厳選し、自らの日本語を、ポターの言葉を借りれば、ポリシュポリシュ、磨いて磨いて子どもたちに紹介しようとしているのか。そして、作家はどうか……!
(『わたしはなぜファンタジーに向かうのか』pp.10-11)


 この本に出会ったのは3月14日に教文館で開催された「いきものづくしものづくし」刊行記念講演会のあと、ナルニア国に寄ったときです(講演会は広いウェインライトホールで行われました)。そのときの講演会のことなども記事にできたらと思っています。

IMG_1351.jpg
IMG_1352.jpg


04

11

コメント

歌ウマさんに幸あれ!〜『fff-フォルティッシッシモ-』『シルクロード~盗賊と宝石~』〜

雪組トップコンビ望海風斗さんと真彩希帆さんの卒業公演『fff -フォルティッシッシモ-』『シルクロード~盗賊と宝石~』を観てきました。

IMG_1336.jpeg

正直、生で観るのは無理かなあとほぼあきらめていたんです。東京公演は感染拡大防止のために一時、一階席のみの発売になったりして、チケ難に拍車がかかっていたし。本拠地千秋楽をすでに配信で観ていたので、あとは東京千秋楽をライビュで観てがまんするしかないか、と。ところが、最後の最後にイープラス貸切公演のS席が当たり、当選メールが届いたときには「うそー!」と叫び声をあげ、そのあとは嬉しすぎてひとりPCの前で泣いたという(苦笑)。でも、東京の感染者数がどんどん増えてきていたので、観劇日直前になっても「まさかの中止になったりしないよね……」とひやひやしていました。

IMG_1328.jpeg

ひさしぶりの東京宝塚劇場。幕があがると、「あ、実際の舞台はこういう大きさだったっけ、こういうふうに見えるんだったっけ」と、スカイステージ(宝塚専門チャンネル)や配信、ライビュの映像に慣れてしまっていた自分に気づきました。と同時に、「ああ、ずっと画面越しに観ていた人たちがいま実際に目の前で動いてる! 演技してる!」と感動し、もう最初っから涙腺が……。マスクした状態で泣くとすぐに拭けずに困りますね。

『fff』はもう本当に脚本とそこに込められたメッセージがすばらしく、生徒さんひとりひとりが輝いていて、あっという間に物語の世界へと連れていかれました。「謎の女」の正体が明らかになるくだりでは、歌詞に胸を締めつけられるようで。幕間は感動のあまり、なかば放心状態だった気がします。いや幕間だけじゃなく、二幕でシルクロードへ、別世界へと連れていかれたあとも放心状態は続き、翌日になると今度は「本当にわたしはあそこにいたのか? あれはきのうのこと?」と現実感やら時間の感覚やらがおかしくなってました。

まだどこか夢見心地のまま書いていると、しょうもないことを延々と書いてしまいそうなので、きょうは最近、あらためて強く感じている、歌ウマさんのすばらしさについて少し書いておきたいと思います。

宝塚に関しては華やかさとか別世界度の高さとか、魅力はいっぱいあるけれど、わたしはやっぱり歌のうまいスターさんに惹かれます。14年花組『エリザベート』の北翔さん、16年星組『桜華に舞え』の真彩さんは「な、なに、このうまさは???」と特に衝撃でした。伸びのある歌声を聴くと、心と体の両方をマッサージされているみたいな心地よさを感じるんですよね。そんなわたしからすると、望海さんと真彩さんという「超」のつく歌ウマトップコンビは本当に奇跡としか言えなくて。今回も「いやなにこの声量」「なんでこんなにクリアな高音が出るんですか……」と感動しまくって帰ってきました。

今回の雪組公演のエトワール、有栖妃華さんもすばらしかった。お名前を知らなかったので、帰宅後すぐに検索しました。ほかに花組の音くり寿さん、星組の有沙瞳さんも以前舞台を観たときに歌声に感動しました(すばらしいのが歌だけという意味ではありません)。

トップになるだけが活躍の道とは思いませんが、すばらしい歌声を持つジェンヌさんが今後もそのすばらしい歌唱力を発揮する機会に恵まれること、よい役に抜擢されることを願ってやみません。美しく伸びやかな声は聴いた人を幸せにする力を持ってるから!

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad