FC2ブログ

08

06

コメント

〈ニューヨーク公共図書館〉公式サイト パネルディスカッションページ

(2019/8/6)

 観てからずいぶんたってしまいましたが、きょうは映画〈ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス〉について少し。いま東京ではアップリンクで上映中、8月10日からは恵比寿ガーデンシネマでも上映が始まるようですね。

 この映画で印象に残っている場面のひとつが分館で行われていたシニアダンス教室。楽しそう! わたしも参加してみた〜いと思いました。日本でやると、ちょっと雰囲気が違ってくるかなあ(笑)。個人的にはニューヨークで暮らす人の多様性が一番強く感じられた場面でした。二ューヨークを舞台にしたドラマなどを見ていると、出演者が「ヨーロッパ系、アフリカ系、ラテン系、アジア系、みんなそろってるでしょ!」みたいな感じで、きちんとそろいすぎているがためにかえって「うーん」となることがあって。でもこの映画はドキュメンタリーですし、特にダンス教室の場面は、いろんな人がいるニューヨークの自然な光景が見られたような気がしました。

 あとは図書館の幹部の会議場面が見ていてわくわくしました。わくわくした理由は幹部たちが広い視野を持ち、驚くほどフェアな考え方に基づいて運営に当たっていることが伝わってきたから。むずかしい(にちがいない)ことをリアルに実行している人たちの姿というのは、自分も自分がかかわっている分野で何かできることがあるんじゃないかと前向きな気持ちにさせてくれます(←単純?・笑)。
 
 映画の公式ウェブサイトに公開記念パネルディスカッションとその質疑応答のレポートが掲載されているんですが、このページがとてもおもしろいです。ディスカッションの最後に越塚美加氏(学習院女子大学国際文化交流学部教授)が映画について「どの立場の方もすごく得るもの、感じるものが沢山あると思いますので、とにかくご覧ください」と述べていらっしゃるけれど、このレポートページ自体、「図書館のありかた」とかそういうことに興味がない人でも、読むと「得るもの、感じるもの」があるんじゃないかと思います。映画公開を記念して来日したNYPL(ニューヨーク公共図書館)幹部のひとりキャリー・ウェルチさんのお話はプログラムよりも詳しく載っている部分もあり。映画をご覧になった方は必読です。未見の方はこのページを読むと映画を観たいという気持ちが強くなるんじゃないかと思います。

********

 これを書いているあいだに、マガジン航のあいちトリエンナーレに関する記事を読んでいたら、最後のほうでこの映画について触れられていました。

美術館(今回のような国際美術展も含む)や図書館が担うべき公共性のひとつとして、かならずしも全員一致の結論を得られないテーマやアジェンダに対し、安全な環境のもとで公的な議論を喚起するということが挙げられると思う。
(中略)
あの映画を見て公共の施設が担うべき「公共性」について少しでも考えた方は、もしもあの映画が図書館ではなく美術館あるいは美術展を舞台にした作品だったら、と思って考えてみるとよいと思う。図書館が民主主義を支える場であるのと同様に、美術館も民主主義と切り離せない場だと私は考える。


 全文はこちらです。

********

IMG_0910.jpeg

梅雨明け後、いきなりの連日猛暑……しんどいです。でも日没近くになると、ちょっとだけラク。写真は東京湾に出ていく屋形船たち。

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad