FC2ブログ

06

29

コメント

最近のオーディオブックの楽しみ方

(2019/6/29)

 ことしもあっという間に半分が終わろうとしています。でも年々、時の流れの速さに驚くというよりは、ああ、またことしもか……と苦笑するような感じに変わってきた気も。
 さて、ふつか前に編集者さんに訳稿ファイルを送った作品があるので、そちらが年内に刊行される予定です。刊行が近づいたらTwitterやこちらのブログでまたお知らせしたいと思っています。楽しみにお待ちいただけたら嬉しいです。

 さて、きょうはひさしぶりに英語のオーディオブックの話を少し。オーディオブックについては以前(2014年だからすでに5年も前だ……)Amazonのオーディブルの会員になっていたときに何度かブログ記事にしました
 オーディブルの会員をやめてからはほとんど自分が訳した/訳す作品のオーディオブックを聴くだけになっていたのですが、このごろ個人的に気に入っているのが、すでに持っているオーディオブックのなかで特に好きな作品を、家事をしているときにデジタルミュージックのような気分で流し、繰り返し楽しむことです。以前の記事にも書きましたが、わたしは英語のリスニングが得意ではないので、初めて聴く(文字で読んだこともない)作品に関しては集中していないとちゃんと内容が追えません——つまり、ながら作業には不向き。でも前から持っているオーディオブックなら一度は聴いているし、もともと日本語版を紙で読んでいた作品もあって、あらすじは——ぼんやりとの場合が多いですが——覚えている。そういう作品なら、音楽のように流しておいて、ときどきちゃんと耳に入ってきたところだけ聴く……というリラックスした楽しみ方も可能です。
 それでも、最初から最後まで通して流すと「???」となってしまいそうなので、最初は毎日1章から(聴ける章まで)聴くというのを何日か続けます。で、しばらくしたら毎日3章や5章スタートに変えるという聴き方を続けています。この方法だと最後まで聴き終えるには何カ月もかかったりするんですけどね。
 この聴き方のどこが気に入っているかというと、繰り返し流しても、耳に入ってくるのは同じセンテンス、同じ場面だったりするんですが、「ああ、この単語/言いまわしってこういうときに使うんだな」とあらためて気づけたり、何度聴いても笑ってしまう、あるいは感動する場面があったりするところなんです。そういう場面を通して、自分の好きなポイントが確認できるということもあります。

 最初にこの聴き方の楽しさを教えてくれたのがこちらのオーディオブック↓です。


 いま聴いているのがこちら↓。このオーディオブックにはこちらの記事でも少し触れていましたね。


 少し前から、同じ作品を繰り返し読むことの大切さを感じています。ただ、読むのが非常に遅い人間としては、未読の山を前にして、既読作品を読み返している時間がなかなかないのが残念なところ。そんなわたしにとって、すでに聴いたオーディオブックを音楽のように流すというのは、この繰り返し読むという行為に近い効果があって、こういうことが本当に簡単にできる点は現代のいいところだなあと思います。



プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad