FC2ブログ

01

31

コメント

『隠れナチを探し出せ 忘却に抗ったナチ・ハンターたちの戦い』

 さ、寒いですね〜。東京も約50年ぶりの寒波襲来とやらで、外に出るときには防寒第一の服装です。

 さて、本日は先月刊行になった『隠れナチを探し出せ 忘却に抗ったナチ・ハンターたちの戦い』(アンドリュー・ナゴルスキ著/亜紀書房)についてです。そう、先月は『ワニの町へ来たスパイ』と本書と、わたしが翻訳を担当したまったく異なるタイプの本2冊が刊行になったのでした。

IMG_0553.jpg
(↑メインタイトルに箔押しが使われていて、とてもかっこいい装丁です。写真ではわからないかな)

 本の内容については出版社サイトの紹介などをご覧いただくことにして、ここではわたしが本書に関連して感じたことについて少し書きたいと思います。散漫な内容になりますので、まとまった文章としては書店で本の訳者あとがきをご覧いただければ幸いです。

 訳者あとがきにも書きましたが、第二次世界大戦を実体験として語れる人が日に日に少なくなっているなか、本書のようにベテランジャーナリストが存命中の当事者、関係者に丹念な取材を行い、それをまとめた本が持つ意味は今後ますます大きくなるばかりだと思います。と同時に、カズオ・イシグロがノーベル賞受賞の際のインタビューなどで繰り返し述べているように、これだけの時間がたったいまだからこそ、向き合える過去というものもあるのではないでしょうか。

 先日やっと、録画しておいたNHKスペシャル〈731部隊の真実〉を観ました(最初に放映されたときは、『隠れナチを探し出せ』に登場する第二次世界大戦関連の本や映画を続けて読んだり、観たりしたあとで、心を揺さぶられ、考えこむことも多く、なかなか観る気になれなかったのです)。あのような番組の制作が可能になったのも、戦後70年以上という時が過ぎ、機密扱いだった資料が公開されたり、人体実験に関与した人の遺族が故人の日記の提供に踏み切ったり——これはたいへん勇気の要る決断だったと思います——ということがあったからと言えるでしょう。

 731部隊といえば以前『屋根裏部屋の秘密』(松谷みよ子著・偕成社文庫)を読んだときにも衝撃を受けました。そのときのことはこちらの記事にちらっと書いています。『屋根裏部屋の秘密』の解説で、児童文学作家の砂田弘氏は次のように書いていらっしゃいました。

 日本の民主主義に黄信号がともるようになったのは、この作品が書かれた一九八〇年代後半からである。日中戦争は侵略戦争ではなかったとか、当時の大臣たちの問題発言が次々ととびだすようになったのである。これらの大臣は、中国をはじめアジア諸国のきびしい抗議をうけて辞職に追いこまれたが、そうした発言に対し、肝心の日本の国民の反応はいま一つ鈍かった。(中略)わたしたちはいつのまにか、歴史の教訓に学ぶという姿勢を失いはじめていたのである。
 二十一世紀に入ると、その傾向はさらに強まっていく。(中略)このまま進行すれば、日本の民主主義に赤信号のともる日はけっして遠くないだろう。

 砂田氏がこれを書かれたのが2005年。いまはしっかり赤信号がともってしまっている気がして途方に暮れそうになります。ただ『隠れナチを探し出せ』を訳していて印象に残ったことに、アメリカのTVドラマ〈ホロコースト〉が当時(1970年代)、ナチス時代の行いを忘れようとしていたドイツ社会の空気を変えるのにひと役買ったというエピソードがあるんです。日本でもあのドラマが心に深く焼きついている人は多いはず。
 単独では無理でも、本や映画、ドラマには社会を変えていく力がある。そのことを信じ、わたしももう少し、小さなことでも自分にできることを考えてみたいと思います。
 本書の訳出の参考になった本や映画など、また折に触れて記事にできればと考えていますが、きょうはこの辺で。

01

13

コメント

『ワニの町へ来たスパイ』と小さな謎

(2018/01/13)

 翻訳を担当したジャナ・デリオン作『ワニの町へ来たスパイ』が刊行されて1カ月がたちました。すでにお読みくださった方には高確率で(?)気に入っていただけているようで嬉しいです。リーディング(出版社からの依頼で原書の下読みをすること)をしたのはわりと前だったなと、記録をひっくり返してみたら、シリーズ第1巻の本書は、なんと2014年の12月に読んだのでした。そこまで前だったか……。2巻目以降は順調に紹介していければと思っておりますので、読者のみなさまにはどうぞ応援をよろしくお願いいたします。

IMG_0536.jpg
今回の帯はスラップスティックな本作にぴったり。「この女、災難まみれ。」の惹句が効いてます。

IMG_0537.jpg
ただし! この帯で表紙のワニが隠れてしまってるんですね〜。ご購入後はぜひ帯をめくってみてください。

IMG_0540.jpg
でも! 実は帯の裏表紙側にうっすらと、いるんですね、ワニ。このうっすら加減、好き(笑)。
本作のカバーイラストは松島由林さん、カバーデザインは藤田知子さんです。

 シュールなほどコミカルな作品ですが、前回のアメリカ大統領戦ごろから日本でも耳にすることが増えた“レッドネック(白人労働者)”なんて言葉も出てきて、南部の田舎町の閉塞感もちょこっと描かれています。
 このシリーズはキャラクターがとても魅力的で、大活躍のばばさま2名以外にチャーミングなおじいちゃんも1名出てきます。このおじいちゃんのキャラクター設定がね、デリオンさん、女心のツボを押さえていらっしゃるという感じで、訳者は個人的にたいへん気に入っております。

 さて、最後に小さな謎ですが。本書はAmazonでなぜか囲碁カテゴリに分類されているのです。なぜに囲碁? AlphaGoとかも出てこないのに??? 理由がわかる方がいらしたら教えてください〜。

*上條ひろみさんが翻訳ミステリー大賞シンジケートの〈お気楽読書日記〉第35回で紹介してくださいました。

01

05

コメント

食いあげる

(2018/01/05)

 あけましておめでとうございます。本年ものんびりペースの更新になるかと思いますが、ときどきのぞいていただければ嬉しいです。
 
 さて、みなさんはお正月にお雑煮をめしあがりましたか? わたしは子供のころからお餅が好きなので、実家を離れてからも三が日はお雑煮を食べています。子供のころ「お雑煮のお餅は食いあがらなければいけない。数を減らしてはいけないんだ」と教えられ、三が日のあいだはずっと、前の日よりもお餅の数を減らさないように気をつけてきました。ところが、ここでひとつ記憶違いが! 前の日と同じ数もオーケイだと思っていたんですけど、この「食いあげる」という風習は毎日一個ずつ増やしていくことだったんですね……。つまり、1/2/2などではなく1/2/3や2/3/4でなければあかんという。うーん、来年から三日目はお餅を小さく切って数を調節する攻撃だな(苦笑)。
 
 昨年やりたいと思っていたこと13個のうち達成できたのは6個でした。今年も元日に13個、やりたいことを考えました。ほとんどが小さなことなんですけど、今年のひとつが「『風と木の詩』を再読&最終巻まで読む」なんですね。わたしはシリーズが完結する前にコミックをあまり読まなくなってしまったため、ずっと気になりながらもあの作品の結末を知らないまま今日に至っているのです。で、そんな新年の計画っぽいことを考えていたら、同業者のNさんが『少年の名はジルベール』についてツイートしていらしたので、それをきっかけにまずこちらを読みはじめ、わたしも今年の初読了書は『少年の名は〜』とあいなりました。



 ぐいぐい読まされました。わたしは特に1972年のヨーロッパ旅行の部分と、竹宮さんがスランプから脱出していくくだりが印象に残りました。いやー、最初は1972年に45日間のヨーロッパ旅行って贅沢だなと思いましたけど、船(!)と鉄道の旅ですものね。そりゃ45日かかるし、それを70年代にほぼガイドなしでやってのけた竹宮さんの実行力ってすごい。観光地でふつうの人が目に留めないようなところが気になるというエピソードは、翻訳者も「あるある」かもしれません。

 竹宮さんがいま大学という場に身を置かれていることとも関係しているのでしょうか。人生の後輩に対するやさしさが伝わってくる本でした。こちらのインタビュー記事にあるとおり、マンガ家を目指している人や竹宮さんのコアなファンではなくても、すべての働く人にとって、重なる部分が見つかると思います。読んでよかった。



プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad