FC2ブログ

09

23

コメント

2年ぶりの福島——相馬で気仙沼さんま寄席

(2017/09/23)

敬老の日の連休、ほぼ日のツアーに参加して「相馬で気仙沼さんま寄席」に行ってきました。さんま寄席は2年前に一度、日帰りで参加したことがあります。今回は友人と予定が合ったこともあって一泊し、翌日の朝市なども楽しんできました。宿泊した宿で震災前と現在の生活の違いなど、女将さんから少しだけお話をうかがうことができたのですが、以前はあったお店が(営業を続けられなくなって)閉店してしまったりと、生活が不便になっているとのことでした。

IMG_0463.jpg
↑なんと言っても「気仙沼さんま寄席」なので朝市では「さんま定食」をいただきました。写真はさんま焼き隊の方々とさんま。前掛けに書かれてるのは気仙沼のご当地キャラのホヤぼーや。

IMG_0470.jpg
↑ツアーバッジと前に気仙沼で買ったホヤぼーやバッジ。今回、旅行カバンにつけていきました。

 寄席は、今回は志の輔さんの噺が三席、スペシャルゲストの矢野顕子さんの生歌が二曲という贅沢な会でした。矢野さん、出演までは客席(特別前のほうとかじゃなく)でふつうに高座を聴いていらして、そこから舞台へという形。リハーサルなしとのことでしたが、キーボード演奏も歌声もすばらしかった。

IMG_0461.jpg
↑演目。

 志の輔さん、今回はなんと言っても最後の「柳田格之進」が格別によかったです!
 4つ考えてあった候補のなかで、ほぼ「柳田〜」に決めていたところ、楽屋で着替えているときに矢野さんの「ごはんができたよ」が聞こえてきて決心が揺らぎ、「もっとスコーンと明るいので終わろうか」と迷われたそうで、高座にあがってからもしばらく決めかねていらした。終演後、糸井さんが「本気で迷ってましたよね。おもしろいところを見せていただきました」とおっしゃっていた。志の輔さん、20代のころから矢野さんのファンなんだそうです。
 残念なことに「柳田格之進」のときに限って、客席から携帯の着信音が響くハプニングが2度も! でも志の輔さんの集中が途切れることはなく感動の下げへ。
 前にも人情噺は聴いたことあるんですが、そのときはわたし泣かなかったんですね。でも、今回はハンカチを出さなければならないほどだった。主要登場人物4人の演じ分けがすばらしかったし、志の輔さんの気迫がすごかった。さらに、初めて聴く噺だったので、結末がどうなるのか緊張感もあって、そういう回に志の輔さんの名演を聴けてよかった。もうほんとに「いい高座を見せていただきました、ありがとうございます」という気持ちでいっぱいになりました。

 今回のような寄席&ツアーイベントの企画は、ほぼ日としてもたいへんなのだそう(今回は特に台風18号と日程がぶつかってしまったので、スタッフのみなさんはあれこれ考えなければならないことが増えて、ほんとにたいへんだったはず)。でも、できたらまた(場所を変えて?)やりたいとのこと。わたしもできたらまた参加したいです。

*前に参加した気仙沼さんま寄席の記事はこちらこちら。2015年はサンドウィッチマンも出演して、今回とはまた違ったおもしろさでした。
*2年前の福島行きは読書会参加のためでした。そのときの記事はこちらこちら。読書会の課題書はわたしの大好きな↓でした。


*前記事で書いた夏の観劇の続きは次回アップしますね。


09

11

コメント

夏の観劇——「鬼一法眼三略巻 一條大蔵譚(きいちほうげんさんりゃくのまき いちじょうおおくらものがたり)」

(2017/09/11)

 あっという間に9月も中旬に突入。朝晩は過ごしやすくなりましたね。ふう、今年の夏もなんとか無事に乗りきれたのでひとまずめでたし。
 さて、きょうはひさしぶりに最近観た舞台のことなど。最近と言っても観たのはどれも1カ月以上前なんですけど。分割で書くことにしました。きょうは7月に観た歌舞伎鑑賞教室「鬼一法眼三略巻 一條大蔵譚(きいちほうげんさんりゃくのまき いちじょうおおくらものがたり)」

 これは尾上菊之助が出るので行ってきました。国立劇場の歌舞伎教室は毎年6月と7月に開催されています。歌舞伎の楽しみ方に関する解説(舞台装置や効果音、義太夫などについて)が約30分。休憩を挟んで実際の歌舞伎が一幕という構成です。初心者向けということになってますが、よくご覧になっている方もわりといらしてたんじゃないかな。ふだんの公演を全幕観るとかなりの長丁場ですが、これは開演から終演まで2時間ちょっと。長さの面でも足を運びやすい催しです。うちの母は70代くらいから「歌舞伎は長くて疲れる……」と言いはじめました。そういった意味で年配の方にも向いている気がします。
 今回は一條大蔵卿を当たり役とする中村吉右衛門の監修。菊ちゃんはお父さんの菊五郎だけじゃなく義理のお父さんの吉右衛門からも教えを受ける機会が増え、本当にこれからどこまで魅力的な役者さんになっていくのだろうという感じです。世間を欺くためにふだんは遊興にふけっている大蔵卿。お気楽100パーセントでばかっぽい菊ちゃんなんて初めて観ました。ただし大蔵卿は終盤に本来の姿に戻るところがあって、がらりと印象が変わります。あー、吉右衛門の当たり役ってわかる気がすると、ちょっと知ったかぶって思った役でした。

 わたしは歌舞伎というとほぼ毎回イヤホンガイドを利用するのですが、あれは本当にいいと思います。利用するようになってから、物語の理解度が格段にあがって楽しくなりました。今回一緒に行った友人は、昔利用したときガイドの入るタイミングがいまいちに感じたそうなんですが、今回ひさしぶりに使ってみて「わかりやすくてよかった!」と言ってました。イヤホンガイド、進化してるのかも? たまに歌舞伎に行くようになった最初のころはプログラムを買ってたんですけど、開演前や幕間にあらすじなどを読んでいても、いまいち台詞が拾えなかったり、どの役者さんがいま舞台にいるのかわからなかったりで舞台を充分楽しめていなかったんです。日本語を話しているとはいえ、古い言葉だし、台詞回しも独特ですしね。あと、イヤホンガイドは休憩時間も舞台の背景説明などを流してくれたりするので、ひとりで行ったときに退屈しませんよ。英語版もあります——と書いたところで確認したら、歌舞伎座は字幕ガイド導入に伴い終了したそうです。国立劇場はいまも英語版があります。

 次回は「ふるあめりかに袖はぬらさじ」と宝塚花組公演「邪馬台国の風」「Santé!!」について書こうかと思っています。

*イヤホンガイドについてはこちらの記事にも書いていました。


プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad