FC2ブログ

04

18

コメント

【洋書】Suzanne Brockmann著TSS最新作 その2

(2017/04/18

さて、今回もブロックマンの最新作(洋書)について少し。

 本書はヒロインのシェイラがロマンス作家という設定なので、彼女とピーターとの会話を通してブロックマンがロマンス小説に対する自分の考えを書いていたりします。ポルノとロマンスの違いとか、ティーンエイジャーの読者もいるから、彼女たちに送ろうとしているメッセージのこととか。そうしたなかで特に印象に残ったのがつぎの文章。

People--particularly women--don't need someone else to be whole. They need someone else to stand beside them and help them be the best person that they can be.

ブロックマンらしい考え方です。

 シェイに"I'm very familiar with the disrespect this genre gets"とも言わせてました。ロマンスに限らず、このごろ「ジャンル」ってむずかしいなと思うことがあります。というより、問題は趣味や好みの異なる人に対して敬意を持てるか持てないかかなあ。

 本作ではピーターの娘、まだ15歳のマディのロマンスも描かれています。タイプは違うけど、そのフレッシュさがシリーズ第1作『遠い夏の英雄』のマロリーとデイヴィッドを思い出させました。

 イジー、アダム、そしてわたしが翻訳を担当した『凍てつく夜のささやき』のヒロイン、リンジーなど、なつかしい顔ぶれが物語の脇を固めています。前記事に書いたようなシリアスなトピックを盛りこみつつも、ブロックマンのノリのよさは相変わらずです。本書も邦訳を刊行できる日がくるといいなあと思っています。


04

12

コメント

【洋書】Suzanne Brockmann著TSS最新作

(2017/04/12)

 New York Times Bestselling Authorなスーザン・ブロックマンのトラブル・シューターズ・シリーズ(TSS)原書最新刊 Some Kind of Heroが7月に発売になります。ブロックマンの好意により、発売前に本書を読ませてもらうことができたので、きょうはその内容について少し書きたいと思います。TSSについてご存じのない方はこちらの記事をご覧いただくとよいかも。

 今回のヒーローはSEAL第16チーム隊員であると同時に入隊希望者の教官も務めるピーター・グリーン。通称グランジ。いっぽうヒロインのシェイラはなんとロマンス小説家。ピーターの15歳の娘マディが失踪してしまい、捜索のために近所に住むシェイラの助けを借りたところから、おたがい強く惹かれていくというストーリーです。

 社会の多様性をとても大切に思っているブロックマン。アメリカ社会の一員として、これまでにも日系人をシリーズに登場させてきましたが、今回はマディの母リーサ(故人。ピーターとは結婚しなかったので前妻ではありません)が日本人の血を引いているという設定。リーサの大叔母さんヒロコ・ナカムラが日系二世としてマンザナー収容所に入れられた経験を持ち、それに絡めて第二次大戦中の日系アメリカ人の強制収容の問題が語られていたりします。わたしはNHKで放送されたこちらの番組をちょうど録画で見たところだったのですが、こういうトピックを自作のストーリーに盛りこんでくるブロックマンを尊敬します。

 TSSではブロックマンが息子のジェイソンについて語った「まえがき」や「あとがき」に感動させられてきましたが、今回はロマンス小説ファンに向けた冒頭の言葉にやられました。ブロックマンにこれを書かせたのはアメリカの現状ですよね。

「わたしが愛するロマンス小説の、何があっても屈することのないファンのみなさん——読者も作家も——愛の力を信じつづければ、このいかれた世の中ももう少しやさしさと希望に満ちた場所に変えられる」

 本書については、また別記事でも書きたいと思っています。締切を延ばしていただいていた(汗)長い作品を納品できたので、今回はそんなに間を空けずに書けるはず……です。

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad