FC2ブログ

05

17

コメント

島本脩二氏&森枝卓士氏ダブルトーク“取材裏話 『ミャンマー』ができるまで

(2016/05/17)

教文館のナルニア国で行われた↑のイベントのナルニア国で行われた↑のイベントに参加してきました。講師の島本さんと森枝さんについてはリンク先に略歴が紹介されているので、そちらをご覧になってください——と書いたら、リンク先のページが削除されていました(涙)。島本さんについてはこちらを、森枝さんについてはこちらをご参照ください。司会は本書(ミャンマーの巻)を担当されたという、偕成社の編集者、秋重さんでした。
 偕成社創業80周年を記念して刊行されたシリーズ「世界のともだち」は、30年前の「世界のこどもたち」のリニューアル・シリーズとのこと。島本氏は30年前は編集者として、当時は小学館の編集者でいらしたにもかかわらず——おや?(笑)——全巻を担当、今回は編集長として参加されたそうです。30年前と今回と両方参加している写真家はお二人だけで、そのうちのお一人が森枝さんなのだとか。
 以下、当日のお話の一部をご紹介します。

・30年前は「図書館向け」という方針もあり、やや教科書的でかたい作りになった。今回はブックデザイン担当の寄藤さんのおかげでやわらかさが加わった。(島本さん)
・ミャンマーは取材したのがアウン・サン・スー・チーさんの政権が発足する前ということもあり、学校など取材許可が得にくかった。(森枝さん)
・シリーズ全体として取材に苦労した理由は大きく2つ。政治絡み(国によっては「日本に協力すると出世の道が絶たれる」と言われたこともあったとか……)とプライバシー保護(肖像権など)の問題。ただし現場の人(学校の先生)は受けいれにとても前向きだった。(秋重さん)
・ミャンマーもスマホが普及していて、驚かされたこともあったが、まだ昔の生活が残っているこのタイミングで取材できてよかった。(森枝さん)
・この30年で、ヨーロッパの暮らしはあまり変わっていない面もあるけれど、アジアは大きく変わっている。(島本さん)
・その国を知らない、知り合いもいない人にかぎって「あの国はこうだ」と決めつけたりする。その国を知るようになれば、どこの国だって「いいやつもいれば、悪いやつもいる」とわかる。(森枝さん)
・写真に文章を加える際、「ミャンマーでは〜」といった書き方ではなく、「スミンミャの家には〜」という書き方にしようと話しあった。取材した子どもひとりに国を代表させるのは無理。特にミャンマーのスミンミャは少数民族の子。国を代表していなくても、日本と違う暮らしを知ることに意味があるはず。(秋重さん)

 最後に質疑応答の時間があって、そこで会場から「シリーズ名が“世界のこどもたち”から“世界のともだち”に変わり、より子ども視点になったところがいい」という感想が出ました。これにはうなずいている方が多かった気が。
 わたしが今回、いちばん心に残ったのが、このシリーズは「国境に壁を建てるのではなく、国境を低くする仕事」という島本さんの言葉。30年前のシリーズを子どものときに読んだのがきっかけで、文化人類学者や国際政治の研究者になったという方もいらっしゃるんだとか。本は人と人のあいだの壁や垣根を高くするのに利用されることもあるけれど、もちろんその反対の力も持っているわけで、この“壁を低くする力”のほうが優勢になっていくといいなと思いながら帰ってきました。

IMG_0195.jpg
↑ところどころ挿入されている鈴木千佳子さんのイラストがとてもよいのです!

IMG_0196.jpg
↑森枝さんは「食の人」ということで、食べものの写真がいっぱい。簡単なミャンマー風納豆料理の作り方も載ってます。

 写真が豊富で、(代表的ではないにしても)その国の暮らし——着ているものとか、家の作りとか、習慣とか——がよくわかるので、仕事の資料にもなりそうだなと思うシリーズです。



05

13

コメント

宝塚雪組〈るろうに剣心〉千秋楽ライブビューイング

(2016/05/13)

 このあいだの日曜日、宝塚雪組〈るろうに剣心〉千秋楽ライブビューイングに同業者さんと4人で行ってまいりました。
 月組マノンと宙組シェイクスピアを見送ったわたしは、これがことしの宝塚初観劇になるかな〜という感じだったんですが、やはり東京公演のチケット争奪戦は熾烈でした。ご一緒することの多いWさんとふたりであちこち——友の会(はWさん)、各種カード会社、チケぴ、イープラスなど——申しこんだものの、全部落選……。一度なんて6〜7月の花組ミーマイと2日連続で落選通知が来てへこみました。
 今回のるろ剣はルパン三世やエリザと同じく(?)一段階上のチケ難だったかと思うけれど、このごろ東京公演のチケット本当に取りにくい気が。ライブビューイングご一緒したKさん(ヅカファン歴長し)も「やっぱり100周年の前あたりからだよね?」と話していらした。わたしが「なんて別世界度! 最高の気分転換」と、ときどき行くようになったのが6年前ぐらいなんだけれど、そのころはふつうの公演はわりと直前に宝塚オンラインでチケット取れたし、ベルばらだって——さすがにつながりにくかったようだけど——ネットで取れたのに……。
 まあ、それだけ観客を惹きつける作品を劇団がつぎつぎと繰りだしてきているということなんでしょうね。今回が初宝塚というTさんもるろ剣、楽しんでいらっしゃいました。

 前置きが長くなりましたが、るろ剣×宝塚、おもしろかったです! さすが「脚本・演出 小池修一郎」という感じなのかしら。
 予習に佐藤健主演の映画版を見てから行くつもりが見そびれてしまったんだけど、登場人物が混乱することもなく、物語が非常にわかりやすかった(でも単純じゃないのよ)。個人的には加納惣三郎と剣心の関係、「剣心の影」が出てくる内面の葛藤を描いた場面が特に好きだったかな。
 二番手、望海風斗さんの歌のうまさは飛び抜けてますね。星組の北翔さんにしろ、礼さんにしろ、専科の美城さんにしろ、やっぱり歌がうまい人、好きだな〜。美城さんはるろ剣にも比留間組の組長と井上馨の役で出演されていたけど、今回は歌声を聞けなかったのが残念でした! 
 宝塚のライブビューイングは昨年末に宝塚スペシャルで一度経験していましたが、アップで細かいところがよく見えるのがプラスかな。大事な場面を見逃すこともありませんしね。舞台だと脇の演技に目を惹かれているあいだに中央で急展開が起きていたことが(笑)。るろ剣を生で観劇ずみのKさんもすごく楽しんでいたので、生舞台とライブビューイングと両方見るのが最強かも。

 今回は上映前とあとにお茶と食事をしたんですが、4人とも口角があがってる時間、ヒジョーに長かったと思います(笑)。主演の早霧さんが、自分と剣心を重ねて「わたしの仕事もより多くの人を笑顔にすること」というようなことを語っていらしたけれど、はい、思いきり笑顔になって帰ってまいりました。

*美城さん出演の〈ガイズ&ドールズ〉についてはこちらを。いま読み返したら、このときも「口角」のことを書いていた(苦笑)。



05

03

コメント

渡辺謙さん×山中伸弥教授 英語をめぐる話

(2016/05/03)

 先日、〈SWITCHインタビュー達人達〉の渡辺謙さん×山中伸弥教授の回を観ました。対談前半は見逃してしまって後半の回だけ。
 そのなかで山中教授が謙さんに「40代になってハリウッドに進出したのに、どうして英語がそこまで流暢になったのか」というような質問をしていました。謙さんは「努力してまっせ(笑)」と冗談めかしつつ、苦労がなかったわけではないこと、油断すると力が落ちてしまうことなどを率直に話していました。さらに「目的を持つことが大事」とも。
 英語の学習に関して「目的を持つことが大事」というのはよく言われることですけど、このときわたしのなかで「ああ」と納得がいったことがひとつありました。日本人がネイティブのような発音にこだわる理由です。
 仕事でなんらかの英語力が必要という人はこのごろ増えていると思いますが、それでも多くの日本人にとって英語は実際に使う場面がなく、学習の目的意識も持ちにくいはず。そうすると、ときたま耳にするなんとなくネイティブっぽい発音を「かっこいいな〜」と感じるだけになってしまい、そこにこだわるいわば表面重視ともいえる傾向が定着したままになっているんじゃないでしょうか。
 英語の発音に関しては、個人的にいまでも笑ってしまう思い出があります。大学時代、会話の授業とは別に、講読や作文、文学史などの授業が英語で行われ、1年から4年まで1コマから数コマが必修になっていたのですが、その英語で行われる授業に初めて出席した1年生のときのこと。先生に当てられたり、発言したりした同じクラスの人の発音がみんなものすごくうまく、ネイティブぽく聞こえて「ひえ−、たいへんなところに来てしまった……」と慌て、落ちこんだのです。
 クラスに帰国子女や留学経験者がいたのは事実。高校時代、米軍基地でネイティブから会話を習っていたという人もいました。でもね、授業も回を重ねて慣れてくると、みんながみんなそんなネイティブぽい発音ではないことに気がついたのです。で、同じクラスのひとりにその話をすると、彼女もまったく同じで最初の授業のときは「え、みんな帰国子女?」と焦ったとか。自分以外の人の発音がやたらうまく聞こえたのは、慣れない授業に対する緊張感と「自分は劣っているのでは」という不安感のなせるわざだったんですよね。
 こんな思い出を持つわたしは、いまだにネイティブぽい発音だったり、英語での会話が流暢な日本人がテレビやラジオに出てくると、最初はそれだけで「すごーい」と思ってしまいがちかも(苦笑)。少し落ち着くと、その人が話している内容のほうに気持ちが向くんですけどね。

 謙さんと山中教授の対談はとってもおもしろかったです。↑のリンク先で番組担当者さんが書いている、山中教授が涙した場面は、教授の感動がひしひしと感じられ、こちらも目頭が熱くなりました。

*〈SWITCHインタビュー達人達〉については、中井貴一さん×糸井さんの回にからめてこんな記事も書いていました。
*ネイティブぽい発音については、こちらの記事にもちらっと。



プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad