FC2ブログ

01

31

コメント

小狐礼三

(2016/01/31)

 国立劇場の初春歌舞伎公演「通し狂言 小春穏沖津白浪―小狐礼三―(こはるなぎおきつしらなみ こぎつねれいざ)」を観てきました。
 歌舞伎は歌舞伎座の柿葺落五月大歌舞伎(平成25年)で菊ちゃんと玉さんの京鹿子娘二人道成寺を観て以来だから、3年近くぶり——って、もともと頻繁に足を運んでいたわけではないんですけどね。

IMG_0144.jpg

 
 国立劇場の一月大劇場は菊五郎一座の歌舞伎と決まっているようで、お正月らしくはなやかで楽しい舞台です。宙乗りや水芸が披露される年もあります。今回もヒジョーに楽しめました! 菊ちゃんは女役も立役も期待どおりの美しさ! 赤がきいて、めでたさとはなやかさが感じられる舞台美術は、幕があがった瞬間にため息がもれるほどでした。
 菊ちゃん演じる礼三は狐の妖術を操る美男の盗賊役ということで、パラノーマルな場面なあり、アクロバティックな立ち回りあり。こういう舞台は知識がなくても楽しめる部分が多くていいなあと思いながら観てました。幼いころ、祖母に連れていかれた狐忠信も、狐が屋根から飛びおりたりするところが子どもにも楽しかったことを思い出したり(祖母の長唄だったか三味線だったかの発表会はタイクツデ爆睡した記憶があるんですけど・苦笑)。

 ↑にも書きましたが、わたしは歌舞伎の知識があるわけではないので、毎回イヤホンガイドを利用しています。これもお好みだとは思うのですが、あらすじやいま舞台にいるのがだれか(役名も役者名も)など、適宜解説してくれるのがとってもわかりやすいです。今回は三幕吉原の場面で、菊ちゃんが融通するお金が「換算すると現在の一千万円」なんて註釈もはいったりして、思っていた以上の大金であることがわかり「おおお」となりました。

 今回は一週間前にチケットをとったのですが、2階1列目の真ん真ん中の席がとれてびっくり。2階席1列目は舞台全体が見渡せるから好きなんです。宙乗りのときは役者がすぐそばまで来たりしますしね。ただ、最後に手ぬぐい投げなんかがあるときは1階のほうがキャッチできる確率が高いよなあ——なんて思っていたら、2階めがけて投げてくれる役者さんもいて、なんとわたしのとなりの紳士がキャッチしていました!

あとでまわりのマダムたちに話しかけられた紳士:「これで一年の運を使いはたしてしまったかな(笑)」
マダムのおひとり:「あら、運のつかみぞめですよ!」


わたしもいつか手ぬぐいキャッチしたーい。できれば菊ちゃんが投げてくれたのを♡


01

24

コメント

人生最大(級)のピンチ

(2016/01/24)

*閉所が苦手な方はお読みにならないほうがいいかもしれません*

 ちょうど10日前の1月14日午前中、自宅トイレに閉じこめられました。ドアを閉めた瞬間「ん?」な違和感があり、それっきり開かなくなってしまったのです。
 せまいところが苦手とか、そういう意識はこれまでなかったのですが、ドアが開かないとわかるなり、トイレが急にせまく感じられ、圧迫感もおぼえました。
 でもね、最初は覚悟を決めてドアをこわせば出られると思っていたんです。
 ところが、そんなに簡単な話じゃなかった。

 トライした順番どおりじゃありませんが、やってみたことは以下のようなこと。
・ドア体当たり→体の小さいわたしでは狭い場所でいきおいがつけられなかったこともあって、ドアびくともせず。
・隙間掃除用に置いていた菜箸をドアと戸枠のあいだにさしこもうとする→予想どおり、菜箸バキッと折れる。
・ドアを叩いたり、蹴ったり→やはり効果なし。
・ドアノブにぶらさがってみる→全体重かけたつもりなのになにも起きず。
・奥の壁に腰(背中)を当て、ドアに足を突っぱって押す→ドアがたわんで、戸枠とのあいだに空間ができたのでそこにスリッパをはさむ。これでとりあえず閉所感は緩和。
・ドアのデザインでまんなかだけ違う(薄めの)板が張ってあるところを蹴る→この板はわりと簡単にはずれた。でもできた空間がせますぎて、そこからは出られない。ただし、古いMDウォークマンが処分するために近くに置いてあり、それに手が届いたので、それをトイレに引き入れて分解。でも、素手で分解できるってことはやわらかい部品がほとんどで使えなかった……。

 当然ながら一番に考えたのは「スマホを携帯していれば!」ということでした。特にこのときはスマホで英会話のオーディオブックを聴きながら掃除中だったので、トイレのまえに掃除した洗面所(廊下をはさんでトイレの反対側)にスマホが置いてあったのです。エンドレス再生にしてあったから、閉じこめられているあいだも聞こえてくる英会話のフレーズ。でも、スマホまでは手が届かない……。

 結局、2時間くらい閉じこめられていました。最後は、何度もやってみてだめだとあきらめていた「ハンドルがちゃがちゃ」が功を奏し、ドアが開いたというあっけない幕切れでした。でも、いまふり返ると、あのとき出られてほんとよかった。頭のなかでは長期戦になった場合のシミュレーションもしていたんですが、よくても3、4日見つけてもらえない(出られない)可能性があったので……。

 登場人物がトイレに閉じこめられる本を訳したことはあったけれど(TSSファンの方はもうどの本かおわかりですね……)、まさか自分が同じ目に遭うとは。ただ、トイレから出られたあと、来てもらった駆けつけサービスの建具屋さんによると、じつはそんなにめずらしいことでもないそうな。その方だけでも年間に数件は担当するとか。じっさい、このハプニングの二日後に会った同業者さんも、わたしと同じような経験をしていて、彼女のほうはトイレ内にあったあるモノを利用して脱出に成功したのだと聞きました。

 トイレまで携帯を持っていく人は少数かと思いますが、肌身離さず持ってるとやっぱり安心だよなあと今回思いました。建具屋さんによれば、今回のわたしのようなケースだと、自力で外に出るにはなんとかドアをこわすしかないだろうとのことでした。

 掃除と並行して洗濯もしていたので、閉じこめられている途中、洗濯機から「お洗濯おわりました〜」の合図の「ピーッピーッピーッ」という音が聞こえたのがむなしかったです……でも、キッチンで火を使ってる最中じゃなくてよかった……。
(今回は「……」多めでお送りしました)

IMG_0135.jpg
↑問題のトイレドア。いまはまだ部品を取り寄せていないので応急処置のまま。

IMG_0136.jpg
↑真ん中が蹴破ったところ。



続きを読む

01

13

コメント

翻訳書ドミノ 第17回

(2016/01/13)

 うー、寒くなりましたね! けさは給湯システムの画面に「わたし、凍結防止のために働いてます」マークの雪だるまが表示されていました。
 さて、新年2回目の更新は翻訳書ドミノの第17回。「書名が全部カタカナ」つながりで前回の『ハートビート』から『ボーイ・ミーツ・ボーイ』(デイヴィッド・レヴィサン著・中村みちえ訳・ヴィレッジブックス刊)へ。



 アメリカ東部の学校に通うゲイの高校2年生、ポールの恋愛や友だちとの交流を描いた作品です。
 ポールがゲイという点を除けば典型的YAという印象。これは平凡という意味ではなく、読んでいるあいだポールがゲイだということは特に意識させられなかったと言ったらいいかな。ポールにはもちろんストレートの友だちもいるので、彼女たち、彼らのくっついたり・はなれたりも描かれています。原作の刊行は2003年、日本での出版は2009年ですが、LGBTという言葉が日本でも浸透しはじめたいまが読み時かも。
 同性愛者やドラァグ・クイーンが何人も出てきて、ありのままに学校生活を送っているさまには「すごいな〜」と感じる人もいるかもしれません。ドラマ〈glee/グリー〉などを観ている人は「はいはい」という感じでしょうか。

 LGBTの人の占める割合については、電通総研が行った調査の数字が引用されることが多いようです。この調査の信憑性については疑問視する声が当事者のあいだからも出ていたりするようですが、参考までに記すと2012年の調査で5.2%、2015年の調査で7.6%となっています。2015年に増加した理由には、調査手法の変更と、社会環境の変化や関連情報の増大によって該当者の自己認識に影響があったことなどが想定されるのだとか。もう少し公的な調査結果ってあるのかしら。LGBTをビジネスにつなげようという動きがあることを考えると、ちょっと気になります。
 話が少しそれましたが、『ボーイ・ミーツ・ボーイ』を読んでいると「本当はこれくらい多様性に富んでいるのが自然なのでは」という気持ちになりました。

 著者レヴィサンは作家として活動すると同時にスコラスティックという児童書専門の出版社で編集長をしています。自身もゲイとのこと。つい先日行われたアメリカ図書館協会(ALA)の大会で、YA文学への貢献をたたえられ、マーガレット・A・エドワーズ賞を受賞しました。

 本書はレヴィサンがヴァレンタイン・デーに友だちのために書いた物語がもとになっているのだとか。そういう意味ではヴァレンタイン・デーが一カ月後というこの時期に向いている作品でもあります。描かれているのは11月なんですけどね。


01

06

コメント

2015年のふり返りと2016年の抱負

(2016/01/06)

 2016年も早6日。みなさまどんな年末年始を過ごされましたでしょうか? わたしは喪中のため、静かな年始を過ごしました。

 2015年をふり返ってみると、年初に決めた目標のうち7つをクリア——15個のうちの7つなんですけどね。
 昨年は50歳を迎える年ということもあり、今後のことを考え、わたしなりに変えたり、出かけたりということを多くしてみた一年でした。今後のことを考えたといっても、具体的な計画を立てたというよりは、漠然と自分がやりたいと思っていること、いいなと思っている方向と縁を作れたらという程度だったんですけど。
 結果としては、なかなかいい一年を過ごせたように思います。以前からの友だち、存じあげていた方々とも、新たにお目にかかった方々とも楽しい時間が過ごせました。

 ことしは何か変えたり始めたりするよりは、昨年の収穫をたいせつにして、続ける・つなげる一年にできればと思っています。
 読書に関しては、昨年はほかのことに時間を多く割いたせいか、目標がほとんど達成できず。ことしはなるたけ自分が読みたい本を優先して読むつもりです(遅読のわたしとしては人生の残り時間を意識せずにいられない年齢になってきました……)。「好きだ!」と思った作品については、翻訳書ドミノなどで書いていきますので、本年もどうぞよろしくおつき合いくださいませ。

IMG_0125.jpg
50歳記念でピアスホールをあけました。まだいろいろ慣れなくてオタオタしています(笑)。


プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad