FC2ブログ

05

29

コメント

〈シェルブールの雨傘〉

(2015/05/29)

 先週、午前十時の映画祭で〈シェルブールの雨傘〉を観てきました。昨年、舞台版を先に観て、オリジナルの映画もぜひ観たいと思っていたのです。


(↑舞台版ダイジェスト映像)

 いやー、噂には聞いていましたが、色彩がすばらしかった! インテリアや50~60年代ファッションが好きな人にはたまらないでしょうね。ストーリーはほろ苦いのだけど、目にはとても楽しい作品でした。

 舞台版の記憶はかなり薄れつつあったのですが、映画と両方観てみたところで気がついたことをいくつか。
 まず冒頭とラストについては舞台版がオリジナル映画を絵的にかなり忠実に再現していたのだとわかりました。あれは映画版のファンだった人には嬉しかったのでは。
 大きく違うなと感じたのは、舞台版のほうが戦争によって引き裂かれるふたりの悲劇度が色濃く打ち出されていた点。野々すみ花さん演じるジュヌヴィエーブがか弱い薄幸の美少女というイメージで、「この役をカトリーヌ・ドヌーヴが演じたのか」と舞台版を観たときに少し不思議に思っていたのでした。映画版を観てみると、ジュヌヴィエーブは、苦悩しながらも宝石商との結婚をみずから選択したという印象でした。ドヌーヴのジュヌヴィエーブは若くかわいいながらも、意志の強さが感じられる演じ方。舞台版では戦場でのギイ(井上くん)の様子が描かれていて、そこも恋人との連絡が途絶えたがゆえのやむなき結婚という感じを強めていたように思います。この違いのため、おのおの別の相手と家庭を持ったジュヌヴィエーブとギイが再会し、別れるラストでは、観客の胸にこみあげる感慨が舞台版と映画版では種類が異なりました。どちらもそれぞれよかったんですけどね。


(↑映画のラスト)

 あと舞台版の宝石商(鈴木綜馬さん)は年齢設定がずいぶん上な感じだったので、ますますジュヌヴィエーブの結婚の悲愴感が強調されたのかも。
 映画も舞台も観客の年齢層がわりと高めだったのが印象に残ってます。まあ、わたしが観にいったのはどちらも平日なので、それも理由とは思いますが。

 午前十時の映画祭、つぎは8月に〈王様とわたし〉を観にいければと思っています。テレビでしか観たことないので。今回の〈シェルブールの雨傘〉も、色彩がきれいなだけに大きなスクリーンで観られてよかった。


05

21

コメント

岩合さん写真展〈世界ネコ歩き〉

(2015/05/21)

 岩合さんの写真展〈世界ネコ歩き〉に行ってきました。
 もうね、入場したとたんニャーンと顔がほころび、出てくるまでほぼずっと口角あがりっぱなしだったと思います、わたし(笑)。
 きょうは11時と14時からギャラリートークがある日だったので、13時ごろに入場し、ギャラリートークの行われる場所で早め(13時45分ぐらい)からスタンバイ。おかげでわりと近い場所で岩合さんのお話を聞けました。2年前にヒカリエで行われた展覧会と比べるとギャラリートークの回数が多いのか、そんなにぎゅうぎゅうでもなかったし。でもすごい集客力ですわ、岩合さん。きょうは赤みがかったピンク系のシャツに白×水色ストライプのジャケットというおしゃれな装いで登場されました。奥さまのセンスがよいのか、スタイリストさんがついているのか、はたまたご本人の趣味か。
 猫って失敗したところを笑っちゃだめなんだそうですね。高いところに跳びのろうとして失敗したところを見ても、見なかったふりをしないとだめですよ、とか猫づきあいトリビアと撮影秘話を交えて30分ほどのお話。楽しかった~。あ、ただ途中で一列目の人が倒れるというハプニングがありました。一列目だからかなり早くから気合い入れて立って待っていて、脳貧血になってしまったのかな。わたしも脳貧血は過去2回経験があるんですけど、あれは場所によっては危ないですからね~。みなさまもお気をつけください。
 7月25日から8月31日まではヒカリエで〈ふるさとのねこ展〉が開催されるそうな。こちらも行けたら行きたいな。やっぱり会場で展示されている作品は色がきれいです。

 えー、ところで、きょう写真展の会場、日本橋三越の玄関を入ったとたん、わたしの目に飛びこんできたのがこちらの商品たちでした。みなさま、こんなコラボ商品があるってご存じでした? わたしは知らなかったので、すんごく驚き、売り場に吸い寄せられてしまいました。勇気がなくて、買いませんでしたけど。
 さて、7つの漫画のうち、一番人気はどれだと思います? な、なんとパタちゃんだそうな! えっと、写真だとそれほどでもなく見えるかもしれないけど、実物はかなりのインパクトなんですよっ。しかし実際、わたしの目の前でパタちゃんのスマホケース(バッグにもなる)をお買いあげされている方がいらっしゃいました~。現時点では売り場でラス1だったとか。おそるべし、パタ。


05

13

コメント

続・初めての福島&福島読書会

(2015/05/13)

 さて、いよいよ第12回福島読書会に参加です。
 第12回の課題書はナオミ・ノヴィクの『テメレア戦記Ⅰ』。もうね、わたしはこのシリーズが大好きなんです。ゆるゆる読者なのでトリビアクイズとかされたら撃沈しますけどね(笑)。テメレア戦記という作品そのものについては別記事で書こうと思うので、きょうはおもに福島読書会に参加してみた感想のようなことを。

 福島読書会は翻訳ミステリー大賞シンジケート後援という点が、わたしが世話人のひとりをしている東東京読書会と共通。シンジケート後援の読書会は翻訳者が世話人をしているところが多いのですが、福島読書会は仕事として翻訳出版にかかわっているわけではないミステリ/文学通の方が運営されています。起ちあげ当初から読書会ウェブサイトで紹介される配付資料のデザインがすごくかっこよかったりと、わたしにとっては興味津々の存在でした。テメレア・シリーズの訳者であり、福島読書会のリピーターでもある那波かおりさんによれば「ホスピタリティ溢れる読書会」とのこと。テメレアはいずれ福島読書会の課題書となることが決まっていたので、テメレア・ファンの方々と集い、福島読書会を体験できる日を以前から楽しみにしていました。

 参加することが決まってまずおもしろいと思ったのが、自己紹介も兼ねた(?)こちらの企画。どの映画を選ぼうかな~と悩むの、楽しかったです。当日はこの〈劇場版マダム・リーの偏愛シネマ99〉の特別冊子も配布されました。ホスピタリティ+アイディア溢れる、そして手間のかかった読書会です。

 参加者は史上最年少10歳(!)の小学生、愛知……あいや静岡、東京、茨城、栃木(?)からの遠征組、そしてもちろん地元組とバラエティに富んでいました。ディスカッションはひとグループで行う方式。各参加者の発言を世話人さんがホワイトボードにてきぱきとまとめていきます。尊敬。わたしは板書、苦手なんだわ(なので、東東京ではやってません)。このごろは漢字もとみに書けなくなっているし(苦笑)。
 いくつか読書会に参加してみると、それぞれやり方が違っておもしろいんですよね。世話人として参考になったり、刺激になったり。

 ディスカッション・タイムはテメレア・ファンとしては至福の時間でした。実はほかの方のテメレア愛溢れる熱い発言を聴いているうちに何度も目がうるんでいたわたし。
 調べものも半端じゃないこのシリーズを、登場人物&ドラゴンを魅力的に訳してくださっている那波さんには感謝感謝です。いちおうわたしも英語読みではありますが、テメレアのような作品は辞書を引かずに原書をふつうに読むとなると、筋を追うぐらいで終わってしまうのではないかと思うのです。だから、邦訳が出版されているのは本当に嬉しい。

 読書会が終わると、こちらのお店に場所を移して懇親会。ここではB-1グランプリで優勝したこともある浪江焼きそばが食べられるので、わたしももちろんそれを注文しました。もやしがたっぷりで見た目ほどヘビーではありません。
 んが。わたしはお昼に食べた桜えび天のお蕎麦が意外とおなかに応えていて、お肉を少し残してしまった。不覚。これが小さな負け。Nさん――ていうか、もちろん那波さんなんですけど(笑)――のようにもう少しシンプルなお蕎麦にしておくべきでした。でも、桜えび天、おいしかったのよ←オウジョウギワガワルイw

 福島読書会の課題書一覧はこちら。お近くの方はもちろん、読書会に合わせて福島遠征というのも楽しいですよ。


05

12

コメント

初めての福島&福島読書会

(2015/05/12)

 4月25日、26日と福島に行ってきました。目的はこちらの読書会に参加すること。
 行きはJR高速バス、帰りは新幹線というプラン。バスは新幹線に比べると時間はかかるけれど、郡山まで3,000円ちょいで行けてしまうなんて驚きでした。今回は翻訳者のNさんとご一緒したので、あれこれおしゃべりしているうちに――3時間半ぐらいだったかな――あっという間に到着。

 25日は岳(だけ)温泉で一泊。夜と翌朝と2度ゆーっくり温泉につかってリフレッシュ。26日午前中は安達太良(あだたら)エクスプレスというゴンドラに乗って薬師岳までのぼって、高いところからの眺望を楽しんできました。ちなみにわたしはこの安達太良という地名を最初「あだちたろー」と読んでしまったことをここに告白します。
 さて、この安達太良エクスプレスの乗り場を目指しているとき、通りがかりの自転車乗りさんに道を訊いたら、先に坂道をぐいぐいのぼっていってゴンドラが動いていることを確認し、おりてくるときに教えてくれました。ええ人やった~。
 ゴンドラ乗り場からの帰りはタクシーに乗ったのですが、車内に「千年桜」の宣伝写真が貼ってあったのでそれについて訊くと「“千年”とか言ってるけど、ほんとは500年ぐらいなんだよね~。ま、近くの人間はそこで花見したりするけどネ」と商売気ゼロの運転手さん。お話の楽しい人でした。

二本松桜
(↑岳温泉の桜。ちょうど桜まつり開催中でしたが、残念ながらわたしたちが行く少し前に見ごろは過ぎてしまったとのこと。でも、しだれ桜はきれいでしたよ~)

 読書会が開催される二本松へは正午ごろ移動。こちらのお蕎麦屋さんで、わたしは桜えび天と辛みおろしそばをいただきました。お・い・し・かった~~~。福島読書会の世話人さんおすすめの有名店のようです。し、しかし、この桜えび天そばがあとで小さな敗因に……(苦笑)。それも含めて、読書会のことはつぎの記事で!

05

07

コメント

『記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方』

(2015/05/07)

 ちょっと更新しそびれて2週間もあいだがあいてしまいました。そのぶんこれから怒濤の更新ラッシュ!とはいきませんが、こまめに記事をアップしたいと思っていますので、ときどきのぞいていただければ幸いです。

 さて、先日、脳研究者・池谷裕二(いけがやゆうじ)さんの『記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方』を読んでみました。

 きっかけは雑誌〈つるとはな〉に池谷さんの下記のような文章を見つけたことでした。

 年をとると物忘れが増えるとよく言われますがこれは老化ではなく、若い頃より記憶を探し出すことに時間がかかっているにすぎません。(中略)年を重ねるほど、膨大な記憶の山が築かれているわけですから、すぐにたどり着けなくて当然なんです。

 固有名詞が出てこない世代にとっては嬉しい話ではありませんか! 

 『記憶力を強くする』によると、物覚えが悪くなった気がするのは、何度もくり返して覚えようとする根気がなくなることも要因なのだとか。そういえば、昔は試験勉強などで何度も同じ文章を読んだりしたけれど、いまはそういう努力をする場面て皆無だものなあと納得したり。
 年とってからは意味記憶(知識)ではなくエピソード記憶(自分の経験や出来事に関連した記憶)として脳に蓄えればよいのだそうですが、このエピソード記憶も時間がたつと意味記憶に変わってしまい、取り出しにくくなるとのこと。ときおり人に説明してみるなど、エピソード記憶として保存するための努力をしないとだめなんだそうです。
 人間はコンピュータじゃないから、やっぱり努力は欠かせないわけですね。ただ、使い始めから時間がたつと消耗して故障が増えるコンピュータと違い、「脳は使えば使うほど性能が向上する不思議な記憶装置」という、またまた固有名詞出てこない世代に嬉しいことも述べられています。別にターゲット年齢層を設定して書いたわけではないだろうけど、池谷さん、中高年読者が喜ぶツボを押さえていらっしゃる。

「一週間後に一回目(の復習)、つぎにこの復習から二週間後に二回目、そして最後に二回目の復習から一カ月後に三回目――復習の間隔を広げるのがコツ」「1日に6時間まとめて勉強するなら、2時間×3日のほうが効果的」など具体的ハウツーも少し紹介されています。

 ただ最後の章に来て、ちょっと悲報が。年を重ねて記憶の総量が膨大になったら、そこからスムーズに必要な記憶を取り出すにはどうしたらいいのか――そこが固有名詞出てこない世代の知りたいところだと思うのですが。この記憶の「再生」の部分には記憶以外の脳の高次元な機能が深く絡んでいて、現代の脳科学ではまだほとんど解明できていないのだとか……残念。2001年に刊行された本なので、現在はもうすこし解明に近づいているかもしれませんけどね~。

 しかし、物忘れに関する不安を取り除いてくれるような記事や本を読んで嬉しくなってしまうあたり、年をとった証拠ですね(苦笑)。

 池谷さんはこちらの対談もおもしろかったのを思い出しました。ふふふ、この対談記事のことも記憶の山に埋もれていたぜ。

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad