FC2ブログ

04

23

コメント

第一回日本翻訳大賞授賞式

(2015/04/23) 
 先日、第一回日本翻訳大賞授賞式に行ってきました。大賞は『エウロペアナ:二〇世紀史概説』(パトリク・オウジェドニーク著/阿部賢一、篠原琢訳/白水社刊)と『カステラ』(パク・ミンギュ著/ヒョン・ジェフン、斎藤真理子訳/クレイン刊)、読者賞が『ストーナー』(ジョン・ウィリアムズ著/東江一紀訳/作品社刊)。
 授賞式についてはこちらとか詳細なレポがアップされているので、ここではごく簡単に。

 賞の選考委員は金原瑞人さん、岸本佐知子さん、柴田元幸さん、西崎憲さん、松永美穂さん。司会は米光一成さん。
 式そのものは西崎憲さんのユニットによる生演奏もあったり、全体的にとてもくつろいだ雰囲気でした。ただ当日配られた受賞作品原著者からのコメントを読むと、やっぱり胸が熱くなりましたし、昨年亡くなられた東江先生の代わりに出席された布施由紀子さんのお話の際には涙ぐまれた翻訳出版関係者、多かったんじゃないかな(わたしは東江先生に教えていただいたことはないのだけど、どうしても「先生」とお呼びしたくなります)。布施さんの声は温かみがあって、布施さんが何か朗読される機会があればうかがいたいなあと思いました。

 選考委員による座談会のコーナーでは、作家が翻訳した場合の“作家的ニュアンス”というお話がおもしろかったです。気合いの入っている部分の受け止め方や自分のほうに引きつける訳し方が、ふつうの翻訳者とは違う、と。あとは柴田元幸さんの「最終的には自分が読んで気持ちよかったもの」という選考ポイントも心に残りました。
 今回の大賞は原著がチェコ語とハングル語だったので、それぞれの言語に堪能な方に翻訳のチェックをお願いしたことについての説明も。

 賞の贈呈が終わってからは受賞者インタビュー。大賞はどちらも共訳だったので、訳出の際、役割分担はどうしたのかというお話など。阿部賢一さんと篠原琢さんは担当を前半・後半で分け、おたがいの訳文に赤を入れ合い、ヒョン・ジェフンさんと斎藤真理子さんはヒョンさんが全体を訳しあげたあと、斎藤さんが日本語の読みやすさという面でしあげを加えたというようなお話でした。斎藤さんとヒョンさんのやりとりのあいだには編集さんがはいっていたので、なんとおふたりは授賞式当日が初対面だったとのこと! 

 とにかく訳者、選考委員のみなさんは作品の魅力を伝えるのがお上手でした~。座談会のコーナーで触れられた、大賞以外の作品に興味を惹かれた来場者さんも少なくなかったはず。わたしがおもしろそうと思ったのは『黄金時代』だったのですが、あら、これも訳者は阿部賢一さんですね。

黄金時代黄金時代
(2014/11/26)
ミハル アイヴァス

商品詳細を見る


 来場者のなかにはなんらかの形で翻訳出版と関わっている人が多かったのではないかと思います。とはいえ、会場が満員になるには一般の読者さんも数多く足を運ばれたはずで。「時間ができたらちょっとのぞいてみようかな」という感じで参加できる垣根の低さがよかったのではないかな~。当日の司会や進行もそういう点を意識されていたと思うし。書籍の販売コーナーもにぎわっていて、来年以降さらに盛りあがっていくといいなあと思いました。

 翻訳ミステリー大賞もそうだけれど、こういう賞や授賞式って、運営する側は外から見ているだけではわからないたいへんなこと、めんどうなことがいっぱいあるにちがいありません。それにもかかわらず、立ちあがったり、継続に力を尽くしたりしている方たちは本当にすごいとあらためて感じました。


04

14

コメント

ヅカはしごの日

(2015/04/15)

 先日、宝塚の〈TOP HAT〉@赤坂ACTシアター〈黒豹のごとく/Dear DIAMOND!!〉@東京宝塚劇場をはしごするという、観る側も体力勝負な観劇をしてきました。なんでそんなことをしたかというと、柚希礼音さんと夢咲ねねさんの退団公演である〈黒豹~〉が予想どおりたいへんな人気で、両公演を1日で観るというセット券しか手に入らなかったのです。最近は映画のはしごさえしなくなっていたのに、いやはや……。
 ただ、輸入もののミュージカルと続けて観ると、宝塚オリジナル作品のアクの強さみたいなものがあらためて感じられておもしろかったです。

 〈TOP HAT〉はアステア主演の映画の舞台化だし、ダンスが中心の作品だとは思うのですが、新トップの朝夏まなとさん、歌うまかった~。コーラスも聴いていてとても気持ちよくて、意外と歌が印象に残りました。
 朝夏さん演じるジェリーの付き人ベイツ役が寿つかささん。宙組の組長さんだそう。もうこのベイツ役がコミカルで楽しくて。メイクをした寿さんは昔の久世星佳さんとちょっと似ていました。
 この舞台、秋には英国キャストの来日公演もあるので、そちらも絶対観にいくつもりです。

 〈黒豹のごとく/Dear DIAMOND!!〉は柚希さんと夢咲さんの退団公演ということで、とにかく豪華!でした。ただしトップふたりをクローズアップしつつも、主要キャストそれぞれの見せ場もきちんとあって、とてもバランスのいい舞台に感じました。
 実はわたし、これまで二番手の紅さんの魅力がいまいちわからなかったりしたのです。でも今回、敵役を徹底的にイヤな男として演じている紅さんを観たら「い、いいかも……」と思ってしまった。なんか男っぽさが増したような? 女性なんですけどね(笑)。
 そして星組と言えば、礼真琴さんの歌! このごろ宝塚を観にいく回数が増えたとはいえ、わたしは三番手ぐらいまでの方しか見分けがつかないのですが(汗)、礼さんは本当に声の伸びがすばらしいので「あ、彼女かな?」とわかります。レビューでは、せっかくの聴かせどころでマイクトラブルがあったのがちょっと残念でした。今回は団員さんの客席降りがあり、わたしたちの席はいちばん近くに来たのが礼さんで、そばで見たら本当にかわいかった~! 男役としては身長があまり高くないのだけど、これからどんな役を演じていくのでしょう。楽しみ。

 二作品続けて観たあとは、正直言って体よりも“脳”が疲れた感じでした。この日は前記事に書いた本屋大賞の発表があって、観劇中に相互フォローの同業者さんがお祝いツイートをくださっていたのですが、最初は“おめでとう”の文字を見ても頭が反応せず(苦笑)。何があったのか理解するまで時間がかかってしまいましたが、とにかく楽しいことと嬉しいことがぎゅっと詰まった一日でした。


04

12

コメント

2015年本屋大賞翻訳小説部門第3位になりました

(2015/04/12)

 4月7日に2015年本屋大賞が発表になり、『ペナンブラ氏の24時間書店』が翻訳小説部門で第3位になりました。くわしいランキングはこちらをご覧ください。

 タイトルに“書店”の文字がはいっている本書ですが、電子書籍も出てくるし、謎解き(?)の途中ではITの力も借りるし、従来の書店モノとはちょっと違う作品です。ジャンル分けもしづらい。著者ロビン・スローンは“紙の本vs電子書籍じゃない”という姿勢の人ですが、訳者としては書店員さんに好まれる本ではないかもと思っていました。それが、今回こういう嬉しい結果となり、びっくりすると同時に喜びもまた格別でした。本書をお読みくださり、投票までしてくださった書店員のみなさんに感謝です。

 ロビン・スローンはGoogleで開かれたイベントで、”紙の本が大好き”という男性から「紙の本と電子書籍のバランスについてどう思うか?」と質問され、「ぼく個人としてはここ数年また紙の本がますます好きになってきている」と答えています。理由は、電子書籍は端末の一覧で下のほうへ押しやられていくといなくなったも同然になってしまうけれど、紙の本は本棚に入っているにしろ山積みになっているにしろ、場所をとって存在を主張しているところがいいのだとか。
 その質疑応答の動画を下に貼りつけますので、よろしければご覧になってみてください。くだんのやりとりは11分ごろから14分20秒ごろまで。ロビンが消えていく電子書籍のまねをしているところが笑えます。



04

06

コメント

〈十二夜〉

(2015/04/06)

 先月、日生劇場で〈十二夜〉を観てきました。演出は(わたし的には“ダディ・ロング・レッグズの”)ジョン・ケアード。



 シェイクスピア、昔は原作を読んでもあまりおもしろいと思えませんでした。それを卒業後だけど母校の(わたしは直接教えていただいたことのなかった)先生にお話したら、ざっくばらんな方で「シェイクスピアは戯曲なんだから、実際に舞台を観にいっちゃったほうがおもしろいわよ!」と言われました。「そっか、観ちゃえばいいのか」とすごく納得したのを憶えています。

 と言いつつ、結局は観ていない作品がほとんどなのだけど、『十二夜』は前に菊之助が主演した〈NINAGAWA 十二夜〉を観たことがありました。正直、蜷川作品は個人的にあまり好みではないかもという気がしないこともないんですが、これはよかった。菊ちゃんが美しかったし、嵐の場面の船中早替わりはみごとだったし、滑稽で楽しかったし! ただ歌舞伎バージョンなため、役名が和名になっていたり、原作のフェステとマルヴォーリオにあたる役を菊五郎がひとり二役で演じたりということもあって(言い訳)、今回思い出そうとしたら、誰が誰を演じたのか、いつもに輪をかけて記憶が混沌としてました。こちらのサイトで写真入り人物相関図などが見られますので、ぜひご覧になってみてください。ちなみにわたしがこのバージョンでいちばん気に入った役は亀治郎(当時)が演じた麻阿(マライア)でした。

 ジョン・ケアード版は主演の音月桂さんがかわいかったり、りりしかったりでヴァイオラ/セバスチャンに合ってました。し、しかし、強烈な印象を残したのは橋本さとしさんのマルヴォーリオだった気が。橋本さん、はじけてました……。ミュージカル〈シャーロックホームズ〉のカーテンコールでもコメディセンス全開でしたけど。黙っていれば二枚目なのに(笑)。
 山口馬木也さん演じるアントーニオは熱いセバスチャン・ラブぶりが不思議だったり、結末的に哀れだったりしたなあ。原作ではどういう扱いになってるんでしたっけね。

 わたしが観た日は高校生の団体鑑賞が入っていました。うんうん、この作品なら高校生も楽しめるし、初めてのシェイクスピア劇としていいでしょうね。
 わたしの場合、舞台は『夏の夜の夢』が初シェイクスピアだったかな。Cheek by Jowl という劇団の来日公演で、場所は新大久保のグローブ座。一列目か二列目のいい席だったのに、同じ列で、パートナーにつき合わされてきたっぽい欧米人の年配男性がいびき(!)をかいて寝ていたのが衝撃で、舞台そのものよりそちらのほうをよく憶えてます~。


プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad