FC2ブログ

02

28

コメント

拙訳を「読んでほしくない」と思っていたころ

(2015/02/28)

 このあいだ中井貴一と糸井さんの対談を見ていたら、中井貴一が「出演した映画は公開されてから自分でお金を払って観ることにしている」「キャンペーン前に観てしまうと(自分の演技の拙さが気になって)ひとに薦められなくなってしまう」「10年ぐらいたってから観ると、“おれ、案外がんばってたじゃん”と思えるんですけど(笑)」というようなことを言っていた(正確な引用じゃありません)。
 そのとき思い出したのが、もう15年ほど前にわたしの少し先輩にあたる翻訳者さんのおっしゃった「拙訳書を書店で見かけたら、お客さまにはレジまで持っていってほしいけど、読んでほしくない~」という言葉だった。
 お酒の席だったし冗談だったのだろうけど、当時、翻訳者としての仕事を始めてまだ日が浅かったわたしは「うわ、まさしく!」と思った。
 単独で訳書が出せるようになったことは本当に嬉しかったものの、自分の訳文に対する自信が皆無と言ってもいい状態で、本が刊行されるたびになんとも言えない複雑な心境になった。

 さすがにいまは「読んでほしくない」とは思わなくなりましたけどね。
 中井貴一じゃないけれど、10年ぐらい前の自分の訳を読み返して「あ、そんなにボロボロでもなかった」とホッとすることもあったり。
 ただ、それは自信が増したからというわけではない気がする。強いていうなら、自意識が減ったとか神経が太くなった(笑)からかもしれない。

 いっぽう、原書と邦訳の両方を読む読者さんの存在はいまも怖いまま。昔は「原書が読める方はわざわざ邦訳まで読まなくても……」と思っていた。
 でも、原書読みの方もいろいろで、ビギナーさんはちゃんと内容を把握できていたか確認するために邦訳を読んだりするとうかがった。それをきっかけに怖さとは少し違う感情も出てきた。
 いちおう翻訳を仕事にしている人間が、一般の人が本を読むよりは長い時間をかけて、調べものなどもしつつ、ごくふつうに日本に暮らしている人にもわかりやすいよう注釈を加えたり、工夫をしたりして日本語にしたものは、原書が読める人にも参考になる部分があるのかな、と。
 その工夫がいまいちだったりする場合もあるかもしれないんですけどね。原書読みのみなさんのなかには翻訳者より英語力や背景知識のある方もいらっしゃるだろうし。

 ロマンス小説は原書と邦訳の両方を読む方が多そうなジャンルなんですが、3月に刊行される拙訳書はそのロマンス小説(汗)。わたし自身とても楽しんで訳した本なので、読者のみなさんにも同じように楽しんでいただけると嬉しいなあ。
 この記事の最後のほうに書いたことに当てはまる作品なんですよ。

02

21

コメント

翻訳書ドミノ 第9回

(2015/02/22)

 『逃げるアヒル』ならぬ逃げる2月という感じで、今月は1回しか更新していないうちに下旬に突入してました……。あと何回更新できるかな。ちなみに『逃げるアヒル』の著者、ポーラ・ゴズリングは昔好きだった作家のひとり。未読のものもあるんだけど、わたしは初期のサスペンス色の強い作品が好きだったな-。

逃げるアヒル (ハヤカワ・ミステリ文庫)逃げるアヒル (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(1990/05)
ポーラ ゴズリング

商品詳細を見る


 それはさておき、今回は翻訳書ドミノの第9回。前回の『ふたりのエアリエル』から“シェイクスピア俳優が登場”つながりでコニー・ウィリスの『ブラックアウト』『オール・クリア』上下へ。この2作に登場する俳優のサー・ゴドフリーのチャーミングさときたら! わたしはおじいちゃん萌えクラスタではないけど、この2作でいちばん惹かれたキャラは彼かも。

ブラックアウト (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)ブラックアウト (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)
(2012/08/08)
コニー・ウィリス

商品詳細を見る

オール・クリア 1(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)オール・クリア 1(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)
(2013/04/10)
コニー・ウィリス

商品詳細を見る


 コニー・ウィリスといえば“アメリカSFの女王”と呼ばれるスーパー人気作家。日本でも熱いファンがおおぜいいますよね。そのいっぽう、長篇はその長さがハードルになってSFファン以外の本好きさんのなかには実は未読という人もいるんじゃないかと思うんだけど、いかがかしら。わたし自身が実際に手に取るまで時間がかかったから、そう思うだけかなあ。
 『ブラックアウト』『オール・クリア』は2060年から第二次大戦中のイギリスへ、オックスフォード大学の史学生がタイムトラベルする物語。ただしSF色はあまり強くないので、ジャンルに関係なく、純粋にストーリーに起伏があり、なおかつ登場人物に感情移入できる長篇小説が好きという人は楽しめると思います。
 と言っても、漠然としてますよね……。本の好みはほんと人それぞれだし。そこで、コニー未読で長篇の挑戦にためらいを感じている人はまず彼女の短篇集『空襲警報』の付録〈2006年世界SF大会ゲスト・オブ・オナー・スピーチ〉を読んでみることをおすすめします。

空襲警報 (ザ・ベスト・オブ・コニー・ウィリス)空襲警報 (ザ・ベスト・オブ・コニー・ウィリス)
(2014/02/21)
コニー・ウィリス

商品詳細を見る


 このスピーチ原稿には彼女の読書遍歴が記されていて、影響を受けた人物としてルイーザ・メイ・オルコットやアガサ・クリスティをはじめとして数えきれないくらいたくさんの作家が列挙されています。これを読んでコニーと趣味が合いそうだと思った人はOKなんじゃないかな。わたしが特に反応したのはC・S・ルイスとルーマ・ゴッデンの名前。
 ただ短篇と長篇は雰囲気が違うので、あくまでも判断材料にしてほしいのはスピーチ原稿。『空襲警報』所収の短篇にピンとこなかった人でも長篇は楽しめる場合があると思います。短篇にピンときた人はもちろんゴー!です。
 そうそ、この2作、『オール・クリア』まで読まないと何も決着しないのでご注意を(笑)。コニーが書きたいことを書いたらとっても長くなってしまって、便宜上2作に分けただけらしいです。長さが気にならないとか嘘はつきません。でも、上質のタイムトラベルらしい切なさがあって、わたしは読了後「読んでよかった」と満足感にひたりました。

 あ、もひとつそうそ。昨年末に田辺聖子を読んでみて、彼女とコニー・ウィリスって通じるところがあると感じたのでした。作風は違いますけどね。
 
 

02

09

コメント

MOE3月号エドワード・ゴーリー特集

(2015/02/11)

 今月の月刊MOEはエドワード・ゴーリー特集。ゴーリーは2013年の展覧会@ヴァニラ画廊で人気に火がついたという感じでしょうか。それよりちょっと前からとはいえ、わたしも好きになってまだ日の浅いファンです。昨年12月にやはりヴァニラ画廊で〈濱中利信コレクション~エドワード・ゴーリーの世界2~〉が開かれたので、わたしも行ってきました。「グッズコーナーではタロットカードを買うぞ!」と心に決めていたはずが、なかのイラストを見たらちょっとその日の気分ではなく(???)、不幸度のかなり低いシールブックを買うだけにとどめて帰ってきました。気に入っているのは表紙にも使われているスケートを履いたシロクマ。

 MOEの特集はゴーリーのお気に入りだったという墓地に立つ柴田元幸さんの写真がかわいいです。って、最初に書くべきはそこじゃないですね(笑)。

 この特集を読んで収穫だったのは『ギャシュリークラムのちびっ子たち』に対する見方が変わったこと。『ギャシュリークラムのちびっ子たち』は、書店でぱらぱらとめくってみたときに「わたしにはちょっと毒が強すぎるかな」と感じてそのままだったのですが、ゴーリーの作品集を手がけた編集者アンドレアス・ブラウンさんによると、あの作品は「ただの残酷な物語ではない」とのこと。

「ヴィクトリア朝によく描かれた、子どもへの教訓話の延長として読むべきなのではないかと」
(p.22からの引用)

この部分、ゴーリーと親しかった人びとの回想からうかがわれる彼の人柄ととても合致している気がして納得がいきました。

ギャシュリークラムのちびっ子たち―または遠出のあとでギャシュリークラムのちびっ子たち―または遠出のあとで
(2000/10)
エドワード ゴーリー

商品詳細を見る

 ゴーリーの人柄に関してもうひとつ納得がいったのが、毛皮に対する考え方。ゴーリーは無類の猫好きとして知られていますが、毛皮のロングコートを愛用していたのも有名とのことで、そこがちょっと不思議だなと感じていたんです。でもp.16に「もっとも毛皮のコートは、若い頃謝礼として受け取ったもので、動物愛護の視点から晩年はそれを恥じていたのだそう」とあったのでほっとしたというか。わたしは毛皮絶対だめ派ではないんですけどね。時代的なこともあるし、別に恥じる必要はなかったのではと思うんですが、「ああ、やっぱりそう感じる部分を持っていた人だよね」と思って。

MOE (モエ) 2015年 03月号 [特集:エドワード・ゴーリー]MOE (モエ) 2015年 03月号 [特集:エドワード・ゴーリー]
(2015/02/03)
エドワード ゴーリー、 他

商品詳細を見る

 今回の特集を読んで、ゴーリーに対する興味がさらに増しました。
 (ツイッターの相互フォローの方にこの号の発売をリマインドしていただけたので、買い忘れずにすみました。感謝~♪)

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad