FC2ブログ

01

31

コメント

上手な訳

(2015/01/31)

 好みの訳文、うまいと思う訳文は人それぞれだと思います。その人が過去にどういうものを読んできたか、どういう環境で育ってきたかにも左右されるはずですし。
 少し前になりますが、この訳文をめぐる感覚の違いに呆然とする出来事がありました。わたしの訳文に関して何か言われたわけじゃありません。いまはネットで本の感想が簡単に読める時代ですので、わたしの同じ訳文について「好きだ」と言ってくださる方もいれば「読みにくい、苦手」と感じる方がいらっしゃるのも知っています。ただ、翻訳ものが売れる売れないとは別に「翻訳出版って、将来どうなっていくのかな」と不安になる出来事でした。
 この出来事については、何度も考えてしまうわりに、自分のなかでなかなか整理がつかない部分があります。でも、ただ悶々としたり、暗澹たる気分になっていてもしかたないので、少しでも何かしたほうがいいかなと感じました。
 一昨日、日本翻訳大賞の候補作を推薦してみたのですが、その際、推薦文掲載を断らなかったのもそのためです。機会があれば、自分がいいと思うものを主張し、それが少しでも人の目に触れる機会を利用するのは大事かなあと。あまりにちっちゃすぎるでしょうか?
 日本翻訳大賞の候補作推薦は、“木星の人”が『火星の人』を推薦していたりする(笑)のも楽しいです。もしまだご覧になっていない方がいらしたら、サイトをのぞいてみてはいかがでしょう。推薦も資格などありませんので、2014年に「いいな!」と思った翻訳書のある方はぜひ。推薦締切は2月5日です。
 わたしが推薦したのは翻訳書ドミノでもとりあげた『ふたりのエアリエル』。中村妙子先生はわたしが知っているだけでも巌谷小波文芸賞などを受賞されていて、わたしなどがあれこれ言うのは本当におこがましいですが、どの作品を読んでも端正ですばらしい訳文だなあと思います。

 今回のことで自分がどういう訳文をうまいと思うか、あらためて考えてみました。
 その際、ここ数年で訳文がすばらしいと思った作品としてすぐに思い出されたのが、光野多恵子さんの『少年は残酷な弓を射る』と山田蘭さんの『陸軍士官学校の死』でした。実はどちらも作品としては個人的にかなりの苦手ポイントがあったのですが、訳文は読みながら「うまーい、すごーい」と思った記憶がありました。その理由を考えてみると、訳文のトーンの統一感、作品世界の日本語での構築という点で完成度がとても高かったのだと思います。

少年は残酷な弓を射る 上少年は残酷な弓を射る 上
(2012/06/24)
ライオネル・シュライヴァー

商品詳細を見る

陸軍士官学校の死 上 (創元推理文庫)陸軍士官学校の死 上 (創元推理文庫)
(2010/07/10)
ルイス・ベイヤード

商品詳細を見る

 いっぽう、使われている訳語のトーンにぶれがあったりすると、結果として登場人物のキャラクターが把握しづらく、薄っぺらに感じられてしまったりして苦手です。ああ、でも感覚が違うと、この「ぶれ」と感じるか否かも違うんですよね、きっと。

 なんか偉そうですか??? 抽象的でわかりにくいですか??? 翻訳のよしあしについてあれこれ書くなんて慣れないことなので、ご寛恕ください。もうちょっと具体的に書きたいこともあるのだけど、意図せぬ批判になってしまったりすると困るのでやめておきます。でも、自分のなかで少しでも整理したいという気持があったので書きました。
 人の好みについてとやかく言う資格はないけれど、わたしはやっぱり自分がいいと思うものに残っていってほしいし、同じような感覚を持つ仲間が欲しいのかな。

01

23

コメント

書店イベントのテキスト化と全国大学ビブリオバトル

(2015/1/23)

 本日は『ペナンブラ氏の24時間書店』についてお知らせを2件。

1.昨年の書店イベントがテキストで再現され、公開されました。
 昨年10月23日に下北沢の書店〈B&B〉で『ペナンブラ氏の24時間書店』をめぐってイベントがひらかれたことは前にこちらの記事に書きましたが、そのときの模様がライターの与儀明子さんの手によってほぼ完全にテキスト化され、マガジン航で読めるようになりました
 米光さん、内沼さん、仲俣さんの楽しいお話が当夜その場にいたような感覚で読めますので、ぜひ一度お読みになってみてください。お三方がペナンブラとつながると考える本のお話なども出てきて、要メモメモな内容ですよ!

2.全国大学ビブリオバトル2014のグランドチャンプ本に選ばれました&新帯がつきました。
 昨年12月14日に京都大学で行われた大学生ビブリオバトルの全国大会で、北九州市立大学の半田鈴音さんがペナンブラをご紹介くださり、なんと優勝! 半田さんのプレゼンについては「話の構成、聴衆の興味の引き方がうまい」といったツイートを見かけました。前は動画が見られたのですが、いまは見られないみたい(?)なので、リンクをはれないのが残念。
 ビブリオバトルにおける半田さんのコメントで嬉しかったのが、読み終わったあと“もっと、もっとこの楽しみが続けばいいのに”と感じたとおっしゃっていたこと。わたしも本当に好きだなあと思う本は残りページ数が少なくなってきたときに“終わらないで~”と思うので、本書に関わった人間としては胸がじーんとしました。先日、半田さんのそのコメントが記された新しい帯ができあがり、今後の出荷分にはそちらが巻かれるようです。書店でお見かけになったら、ぜひお手に取ってみてくださいね~。

 ロビン・スローンは『ペナンブラ氏の24時間書店』の前日譚(前日譚だけど書かれたのはあと)も発表しているので――長さが微妙ではあるんですが――ぜひ日本でも邦訳紹介したいなあという気持ちを募らせているきょうこのごろです。

Ajax Penumbra: 1969Ajax Penumbra: 1969
(2014/06/05)
Robin Sloan

商品詳細を見る

01

18

コメント

「考えない、行動しない、という罪」

(2015/01/18)

 表参道のギャラリー山陽堂でひらかれたトークイベント「考えない、行動しない、という罪」に行ってきました。
 大人向け絵本『二番目の悪者』刊行記念、庄野ナホコさんの原画展期間中のイベントです。

 わたしが庄野さんのファンになったきっかけはこちらの本↓
世界が終わるわけではなく (海外文学セレクション)世界が終わるわけではなく (海外文学セレクション)
(2012/11/29)
ケイト・アトキンソン

商品詳細を見る


「な、なんだ、このデカい猫は」とシュールな絵に目を惹かれ、わたしとしてはあまりしないジャケ買いをした一冊でした。
 イベント当日、会場にはもう何年も庄野さんを追いかけているという方がいらしていて、イベント終了後に原画を見ながらちょこっとお話できたのも楽しかった。さらに熱烈な庄野さんファンは、原画展初日開店前に並び、好きな作品をお買いあげになっていったとか。そうだよな~。トークイベントの日に絵も一緒に拝見しようなんて思っていたわたしは、ここでもゆるゆるファンなのでした。
 原画展は本には収録されていない絵も展示されていて、『二番目の悪者』ファン、庄野さんファン、モフモフ好き、「不思議な絵がストライクゾーン!」という方はもれなく必見です! 会期は2月6日まで。

 トークショーは著者の林木林(はやしきりん)さんと庄野ナホコさん、版元である小さい書房の安永さんがご出演。会場の山陽堂の方も質問などでご参加されました。
 イラストが大きな魅力のひとつの本なので、原画と印刷の色の違い、少しでも原画に近づけようとする印刷会社の職人さんの心意気みたいなお話、各挿画に対する庄野さんの思い入れなどもうかがえて貴重な時間でした。

*以下は内容について若干のネタバレありです*
 『二番目の悪者』を読んでわたしが強く感じたことはふたつ。トークイベントでのお話をうかがうと、版元さんや著者の林さんの製作意図とはちょっとずれていたかも、なんですけどね。

二番目の悪者二番目の悪者
(2014/11/26)
林 木林、庄野 ナホコ 他

商品詳細を見る


 ひとつめはリツイートの怖さ。
 本書には現実と異なる噂が拡散し、徐々に信じられてしまう様子が描かれています。ここに登場する電子ツールはメールまでなんですが、ツイッターをやっていると間違った情報の拡散を目の当たりにしたことのある人は少なくないはず。わたしは目の当たりにしただけでなく、真偽がわからないツイを実際RTしてしまい、ややあって削除した経験があります。
 「自分の目で確かめないことの危険」を、いまの自分がよく使うツイッターに関してしみじみと感じました。

 ふたつめは控えめな態度と行動の境界線。
 本書には究極の善人キャラとも言える銀のライオンが登場します。こういうキャラクター、わたしはふだん大好きです。
 でもね、「根も葉もない噂の広がりに 銀のライオンは、ただ苦笑いしただけで 何も言わなかった」という部分があるんですけど、ここはがーん!ときました。銀のライオンも「行動しないという罪」を犯しているひとりではないかと感じたから。
 いくら善い人で謙譲の美徳を知っていても、ここまで黙っているのはアウトではないかと。
 かといって、銀のライオンに自分の善行を声高に宣伝するやつにはなってほしくないんだよなあ。

 トークイベント当日は庄野さん、林さんにサインをいただき、お話もできてドキドキだったため(笑)、会期中にもう一度落ち着いて原画を見にいけたらなあと思っています。


01

11

コメント

〈アーネスト・イン・ラブ〉

(2015/01/11)
 東京国際フォーラムで宝塚花組公演〈アーネスト・イン・ラブ〉を観てきました。
 楽しかった~! ヅカ公演後のわたしの感想ってこんなのばっかですが(笑)。でもことしの観劇がとてもいい作品でスタートを切れたなという感じです。原作はオスカー・ワイルド。ということで、風刺も効いてます。

 登場人物のなかでわたしがいちばん好きなのはレディ・ブラックネル。こういうお金持ち/貴族のざーますおばさんキャラってコミカルで大好きです。演じるのは専科の悠真倫さん。昨年観た蘭寿さんの退団公演のときはまだ花組所属でした。男役さんだけど、声にパンチ(ドス?)が必要なレディ・ブラックネルに合っていたと思います。
 明日海さんと新娘役トップ花乃さんは、きらきら衣装に着替えてのフィナーレ・ダンスがすてきでした。

 このミュージカルはどの曲もメロディラインがいい。ミュージカル化はウェストエンドかと思いきや、オフブロードウェイ発でした。作曲のリー・ポクリスは後年、セサミ・ストリートに楽曲を提供したりしていたそうな。

 原作はコリン・ファース主演で映画化(notミュージカル)もされているので、そちらも早くチェックしたいです。

アーネスト式プロポーズ [DVD]アーネスト式プロポーズ [DVD]
(2008/04/04)
リース・ウィザースプーン、コリン・ファース 他

商品詳細を見る


 宝塚といえば、ブログ記事にしそびれてしまったけど、昨年11月の〈エリザベート〉もすばらしかったです。そのとき皇帝フランツ・ヨーゼフ役を演じた専科の北翔さんが、先日つぎの星組トップに決定しましたが、北翔さんの大劇場でのトップお披露目公演はなんと〈ガイズ・アンド・ドールズ〉とのこと。マーロン・ブランド主演で映画化されたりもしていて、わたしが好きなミュージカルのひとつです。また観たい舞台が増えてしまいました。


01

05

コメント

昨年は5こ

(2015/01/05)
 みなさま、新年あけましておめでとうございます。年末年始はゆっくりされましたでしょうか?
 わたしは2014年をふり返りつつ、ことしの抱負/目標を考えたりしていました。2014年にいっぱいたててみた目標のなかで達成できたものは5つ。2014年最初の記事で「馬鹿になる」をテーマにしようかな、なんて書いていたことはすこーんと忘れていましたよ(笑)。ことしはいくつ達成できるかな。もち、達成できたかどーかの判断は甘めです。

 新年の読了本はまだありませんが、オーディオブックで30時間超の11/22/63をやっと聴き終わりました。本当は年内に聞き終えたかったのだけど、でもやっぱりしみじみと感動するこの作品がことし最初の聴了本になったのはいいスタートだったなと思います。Afterword(著者あとがき)が著者自身の朗読だったのは嬉しいおまけ。知らなかったので"This is Stephen King"と聞こえたときは「ええっ、ほんと???」と驚きましたけど。彼はほかのオーディオブックもそうなのかな?
 去年の夏ごろに聴いたTo Kill a Mockingbird (『アラバマ物語』)と 11/22/63 は今後、好きな場面を中心にまた聴きなおせたらと思っています。この2作品はどちらも前に翻訳書で読んでいて、その後オーディオブックで聴きました。いまは好きな海外作品をいろんな形で、それも手軽に楽しめる、いい時代だなあとあらためて思いました。

 ではでは本年も拙ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad