FC2ブログ

08

21

コメント

WarHorse ウォー・ホース ~戦火の馬~ 

(2014/08/21)

  舞台版〈WarHorse ウォー・ホース ~戦火の馬~〉を観てきました。

 宣伝などから受ける「馬と少年の友情物語」という印象とはちょっと違う感じ。「戦争のせいで数奇な運命をたどらされた馬ジョーイと彼にかかわった人びとの物語」と言ったほうが近いような。映画版もそうでしたよね――って、わたしはきょうの予習として昨日観たばかりなんですが。

 本作に関しては「反戦劇」という言葉も見かけたけれど、個人的に「反~」という言い方やスタンスはなるべく避けたいなと思っているので、「戦争の悲惨さ、むなしさを伝える劇」という言い方にしたいです。これが8月に上演されたのは、日本の観客に作品の持つメッセージがより響きやすくてよかったのではと思います。

 涙は流しましたが、わたしの場合、ジョーイたちパペットの存在感に圧倒された部分が大きかったと思います。
大ざっぱな人間なので、細かなところは見逃していたと思うけれど、映像で見たとき以上の本物らしさ。なかに入っている人も見えているのに!
 そして、この舞台をロンドンやNYに行かなくても観られたことが本当にすばらしい。「よく持ってきてくれました。よく来てくれました」と主催者と来日カンパニーに感謝したい。カーテンコールのときは出演者一同、達成感と充実感に満ちているように見えました。客席もスタンディング・オベーション。

 この舞台について聞くと、日本人なら文楽を思い出す人が少なくないと思うけれど、文楽との関係についてはプログラムに演劇ジャーナリストの伊達なつめ氏が2ページにわたって解説していらっしゃいます。
 この舞台のパペット制作・演出を担当した2人のうち、エイドリアン・コーラ-は60年代に文楽に関する映画を初めて観たときのことを語っているうちに、感極まって声を震わせ、バジル・ジョーンズのほうはうっすら目をうるませたそう。2人の文楽への強い思いは、欧米のほかのクリエイターとは次元が異なるとのこと。


↑このビデオの冒頭にコーラ-さんとジョーンズさんが登場します。感極まってうるうるしてしまうのがわかる繊細な感じのおふたり。(最初に映ってる4人とは違います)

 渋谷のシアターオーブで24日まで上演中。チケットはまだあるようだし、当日券も出しているようです。迷っている方がいらしたら是非! ウェストエンドに行った気分が味わえますよ~。

 そうそう、映画でいい味を出してたナラコット家のガチョウ、舞台版にも登場しました! カーテンコールで彼(彼女?)が出てきたときの客席のなごみっぷりと言ったら(笑)

08

14

コメント

コバート・アフェア

(2014/08/14)
 いまHuluで〈コバート・アフェア〉を観ています。このドラマ、わりと突っこみどころがあって、さらにわたしは苦手ポイントがあるんですけど――それがどこかは敢えて秘す(笑)――それでも観つづけている理由はただひとつ。クリストファー・ゴーラム演じるオーギー・アンダーソンというキャラがすっごくいいのです!

オーギー
オーギー2

↑この容貌でCIAの技術運用部(おもにIT担当なイメージ)というと、最初は〈スカイフォール〉でQを演じたベン・ウィショーとイメージが重なってしまい、二番煎じみたいでイマイチかなと思いました。でも、実際はウィショーくんのQ(2012年~)よりもオーギーのほうが先発(2010年~)。あと、元は特殊部隊隊員という設定なので細マッチョという点がQとの違いかな。

オーギー・アンダーソン:AUGGIE ANDERSON
元CIA軍情報部特殊部隊隊員。
新人のアニーを支える頼もしい存在。
任務遂行中イラクで爆弾をうけ失明し、現在はDPD(The Domestic Protection Division:国内防衛部)内の技術運用部を仕切っている。経験豊富で頭脳明晰。CIAで何が起こっているのか、その規模の大きさと複雑な制度を隅から隅まで理解している。アニーの賢さはもちろん、素のままの彼女を理解しており、彼女の直感を信じて任務を遂行できるように導く存在。
盲目でありながら物怖じせず、常に前向きな姿勢を保ち、さらにユーモアのセンスを持つ、CIAの生き字引のようなオーギーを、アニーも常に信頼している。
(〈コバート・アフェア〉日本語サイトからの引用)

↑もう“これでもか!”というほど女性視聴者好みの設定がてんこ盛りになったキャラ。上記に補足すると、失明しても女性関係は派手なまま。昔の彼女や旅先でのアバンチュール相手などがちょこちょこ登場します。

 苦手ポイントがありつつも、いまシーズン2の13話目まで来たところ。我慢しながら観ていると、萌えポイント(登場人物)がさらに魅力的に見えてくることを知りました(苦笑)。

 いや、それにしてもクリストファー・ゴーラム、どこかで見た顔だなとは思いましたが〈アグリー・ベティ〉でヘンリーを演じていた俳優さんとは……同一人物に見えない! 〈アグリー・ベティ〉はシーズン2か3で脱落しちゃったんですけど、ヘンリーが出てくるところだけチェックし直そうかしら。
アグリー・ベティのヘンリー


 オーギーに萌えながらも、彼を見てすぐ思い出したのがこちらの↓小倉一郎さん。
小倉一郎
 名前も出演作も覚えてなかったからググるのにも苦労してしまった。似てません?
むかーしの学園ドラマでよく弱気でナサケナイ役を演じていたけれど、元はハンサムな人ですよね。

 そうそう、海外ドラマを観るときに参照しているのがこちらのページ。堺三保さんによる海外ドラマ評が見やすい一覧になっているので、「そういえば堺さんはこのドラマについてどんなことを書いていらしたっけ」と振り返ってはうなずいたり、にやにやしたりしています。

 ところで、このドラマでCIA機密部長を演じているピーター・ギャラガー、わたしが持ってる〈Guys & Dolls〉ブロードウェイ版CDでは映画でマーロン・ブランドが演じたスカイ・マスターソン役が彼です。歌もうまいんですよね、彼。
guys dolls

08

08

コメント

オーディブル休会制度とWhispersync for Voice

(2014/08/08)
 きょうはまたひさしぶりにオーディオブックの話題です。Amazonのオーディブルについて新たにわかったことがあるので、まずはそちらから。

●休会システムが使えるのは1回だけ
 こちらの記事にメンバーシップに加入しているあいだの休会制度について書きましたが、この制度を利用できるのは1回だけとのことです。クレジット(オーディオブック交換券)がたまってしまいそうだったので、また休会しようかなと思ったらできませんでした。加入してそろそろ1年になるので、クレジットを使い切ったら、やっぱり一度退会しようかと考えています。

●日本のAmazonで電書を買ってもWhispersync for Voiceを利用できる
 Kindle版の電書が複数の端末で同期されて、行ったり来たりしながら読めるのと同じように、AudibleのオーディオブックとKindle版の電書で同一タイトルを購入すると、オーディオブックと電書のあいだを行ったり来たりしながら読み(聴き)進められるというシステム がWhispersync for Voiceです。
 わたしはKindleを利用しはじめてから米Amazonと日本のAmazonのアカウントを統一したのですが、Audibleは日本のAmazonにはないサービス。だから、Audibleだけ別アカウントから利用しているような状態になっており、このWhispersync for Voiceは利用できないものと思っていました。日本のサイトで買った電書がAudibleのアカウントでは認識されないのではないかと。ところが、このあいだ試しに日本のAmazonで電書を買ったのち、米Amazonでオーディオブックを買ってみたらちゃんと使えました! オーディオブックで聴いていた作品を電書でひらいたとき、いま聴いていたページがちゃんとひらいたのには感動。って、ローテク人間丸出しな感想ですが(笑)。
 Whispersync for Voiceが使えるオーディオブックには、こちらの例のように Whispersync for Voice--ready と書いてあります。そこで Kindle edition とあるところをクリックすると、まず米Amazonの該当電書のページに飛ぶので、そこから Continue shopping on the Kindle Store at Amazon.co.jp.をクリックすると今度は日本Amazonの該当電書のページへ飛びます。ダイアナ・ガバルドンのOutlanderの例だと、オーディオブック単体が正価で34.99ドル、会員価格で24.49ドル。このWhispersync for Voiceを利用する方法だと、電書が587円で、オーディオブックが12.99ドルに割引されるので、単体で買うより安い計算になります。電書とオーディオブックの両方が手にはいり、しかも両者のあいだを行き来できて、そのほうが安いというのは嬉しいですよね。

 いまわたしが少しずつ聴いているのは、Whispersync ではないのですが、こちらのオーディオブック。学生時代に邦訳を、社会人になってから原書を読んでいるんですけれど、やっぱり本当にすばらしい作品です。スカウトのお転婆ぶりににやにやしつつも感動の連続。人物造形がすみずみまでみごとで、1930年代のアメリカ南部が立体的に立ちあがってきます。アメリカ小説のなかでマイ・オールタイム・ベストをあげろと言われたらこれかも。シシー・スペイセクの朗読もよいです。

アラバマ物語アラバマ物語
(1984/05)
ハーパー・リー、菊池 重三郎 他

商品詳細を見る

↑邦訳版。

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad