FC2ブログ

11

15

コメント

アレックス・ジーノ『リックとあいまいな境界線』

(2023/11/15)

 まず最初に、前回の記事でお知らせしたプレゼント企画に応募くださっているみなさま、ありがとうございます。よろしければとお願いしたよく読むジャンルや好きな作家に加え、わたしの翻訳担当書との出会いなどについても綴っていただいたりして、メールを楽しく読ませていただいています。こういう好み、読書歴の方が当ブログに興味を持ってくださっているんだなと知ることができてたいへん嬉しいですし、これからの自分の仕事の方向性を考えるうえでも大切にしたいと思っています。お返事を差しあげるのは12月に入ってからになりますが、まずはお礼を申しあげます。29日まで募集しておりますので、ご興味のある方はぜひご応募ください。



 さて、いろいろあってお知らせが遅れていましたが、わたしが翻訳を担当した『リックとあいまいな境界線』(偕成社)が発売になりました。2016年に刊行された『ジョージと秘密のメリッサ』の著者アレックス・ジーノによる、アセクシュアルの少年を主人公にした児童書です。
 6月に開催された読書会でワニ町シリーズのレジュメの一部をご紹介したところ、翻訳者が書いたリーディングレジュメというものに関心を持ってくださった方が多い印象でしたので、今回もレジュメの抜粋に少し手を加える形で、本書の内容をご紹介したいと思います。リーディングをしたのは2020年ですので、その時点で書かれたものです。

『ジョージと秘密のメリッサ』が本国でストーンウォール賞とラムダ賞をダブル受賞し、日本でもトランスジェンダーを主人公とした児童書の先駆けとして、高い評価を得たアレックス・ジーノの新作である。
 本書の主人公は『ジョージと秘密のメリッサ』で、いじめっ子ジェフの親友だったリック。前作では『シャーロットのおくりもの』の劇を上演したあと、ひとりで講堂から帰っていく姿が印象的だった。本書には中学入学を機に女子として登校を始めたメリッサやその親友ケリー、そしていじめっ子のジェフも登場する。ただし続篇という形は取っていないので、独立した作品として読むことができる。
 本書でジーノが描きたかったことは大きくふたつあると思う。ひとつは性と性的指向の多様性。もうひとつは“本当の親友とはどんな友だちか?”という問題だ。
 思春期にさしかかったとたん、まわりから“女の子”の話をされることが増えたことで、リックは戸惑う。女の子を“好きになる”とか“性的な関心を抱く”といったことがまったく理解できなかったからだ。LGBTQ+(性的少数者)の理解を目的とした課外クラブ〈レインボー・スペクトラム〉の活動を通して、リックは自分がアセクシャルなのではないかと考え、インターネットで検索してその思いを強めていく。
(中略)
 (中学生になってから、毎週訪ねることになった)祖父との関係はリックが親友ジェフとのつき合いを見なおすときにも大きな助けとなる。リックは、いじめっ子のジェフの親友であることにモヤモヤとしたものを感じながらも、自分は意地悪をされることがなく、彼と一緒にゲームをするのは楽しいという理由から、ずっとジェフとつるんできた。しかし祖父の「大きな喜びを与えてくれるのが正しい親友で、一緒にいてありのままの自分でいられないと感じるような相手は間違った相手だ」という言葉に背中を押され、大きな決断をする。
 『ジョージと秘密のメリッサ』ではトランスジェンダーの子どもの苦悩を描くことに焦点が絞られていたが、本書ではトランスジェンダーよりもさらに耳慣れない、それゆえに理解も進んでいないアセクシャルやクロスドレッサーといった多様性関連の言葉がいくつも出てくる。やや盛りこみすぎと感じる部分もなくはないが、そうしたさまざまな人たちが“いることを知る”初めの一歩とするのによい本だと感じた。
 前作と異なる点がもうひとつある。ジョージは自分がトランスジェンダーであることを自覚してからしばらく時間がたち、すでに確信を持っていた。本書の主人公リックは自分と周囲の違いに気がついてまだ間もない。本人のなかでアセクシャルではないかという思いが強まっていき、身内に打ち明けるという一歩を踏みだすものの、物語中では断定的な表現は使われていない。性的少数者の“気づきの過程”に光を当てた作品と言えるだろう。
 本書はアメリカでは対象年齢が8〜13歳となっているが、日本では中学生以上かYA小説を好む層、マイノリティ(性的なものに限らない)の問題に関心が強い成人が読者の中心になるのではないかという気がする。(中略)本書には要所要所でメリッサが登場し、“ありのままの自分”を生きはじめた頼もしい姿を見せてくれている。前作と本作、どちらを先に読んでも双方向で読者の興味を刺激し、読者・理解者の輪を広げていける本だと思う。
 
 本書の巻末にはAS LOOP のメンバーであるなかけんさんによる〈解説 ひとりひとりちがう“性のあり方”〉が収録されています。なかけんさんはNHKドラマ〈恋せぬふたり〉の考証を担当されていた方です。
 また、版元のウェブサイトには遠藤まめたさんによる本書のレビュー〈たとえ物語の中であったとしても––––自分を否定されない環境が心の支えに〉が掲載されています。ぜひご一読ください。レビューのなかで遠藤さんは「この書評を書いている私は、本書に出てくるレインボーズによく似た名前の「にじーず」というLGBTの子ども・若者が集まる居場所を運営している」と書いていらっしゃいます。上記のレジュメを読んで気づかれた方もいらっしゃるかもしれませんが、本書に登場する〈レインボーズ〉は原書では“レインボー・スペクトラム(Rainbow Spectrum)" です。これを日本の読者にもわかりやすく、すぐ親しんでもらえる名前にするには?と考えていたとき、訳者は遠藤さんたちが運営している〈にじーず〉を思いだしました。そこで、邦訳版では思いきって“スペクトラム”を除き、“レインボーズ”と複数形にしてクラブの名前にしたという経緯があります。
 今回なかけんさんに解説、遠藤まめたさんに書評を書いていただけたことは、本当に光栄でした。おふたりの活動に注目している方、おふたりを信頼している方、そして“物語の中であったとしても安全な居場所”を必要としている若い読者に見つけてもらえますようにと祈るばかりです。
 レジュメにも書きましたが、本書は児童書ですが日本では成人の読者のなかにも興味を持ってくださる方が多いのではと感じています。書店では、児童書コーナー以外にも置いてみていただけたら幸いです。

 アセクシュアルを理解するうえで参考になりそうなほかの本などもご紹介したかったのですが、ちょっと長くなってしまったので今回はこの辺で。また折を見て、別記事でまとめられればと思います。

☆アレックス・ジーノ作品に関する当ブログの過去記事
ジョージと秘密のメリッサ』(2016/12/19)
GEORGEを訳すうえで参考になった本(2017/06/13)
GEORGEを訳すうえで参考になった本 その2 (2017/06/25)
『ジョージと秘密のメリッサ』刊行から一年(2017/12/24)
『ジョージと秘密のメリッサ』原書タイトルが George から Melissa へ(2021/11/18)

11

18

コメント

『ジョージと秘密のメリッサ』原書タイトルが George から Melissa へ

(2021/11/18)



 わたしが翻訳を担当した『ジョージと秘密のメリッサ』(体が男の子として生まれ、ジョージと名づけられた女の子の物語。邦訳は偕成社から刊行)の著者アレックス・ジーノが先日、原書のタイトルが George から Melissa に変更されると発表しました。今年の夏ごろから、#SharpieActivism としてジーノが個人的に開始した運動が原書の版元スコラスティック社を動かしたと言っていいようです。きょうはこの件について、ジーノのブログ記事などを読んでわたしが個人的に「そうだったのか」と納得したり、はっとしたりしたことを少し書きたいと思います。

*タイトルが George になった経緯
 メリッサの物語を執筆しはじめたとき、ジーノは自身の作品をちょっとふざけて Girl George と呼んでいたそうです。ある年代の人ならピンとくると思いますが歌手の Boy George にかけてのことでした。その後、いよいよ出版契約が結ばれるというとき、出版社側から"Girl"という言葉をタイトルから抜いたほうがいいと言われたそうです。当時の記憶は曖昧な部分もあるけれど、読者の年齢層からして Girl George から Boy George を連想できる人は少ないというのが理由のひとつで、ジーノ自身、Girl George はそれほど気のきいたタイトルではないかもという気持ちもあったようです。また出版社側は「Girl がタイトルに入っていると、本書を男の子に与えようとしない人々がいるだろう」とも心配していたといいます(この部分、個人的には驚きました)。当時、ジーノは本を出版できることになって興奮していたし、著者の権利についてもよく理解していなかった。粘って交渉するということも知らなかった。そんなこんなでジーノのデビュー作は George として出版されました。
 ただ、ジーノの心のなかでは George というタイトルが、本の主人公に対するデッドネーミング(トランスジェンダーやノンバイナリーの人が使用する名前をすでに変更しているのに、出生時につけられた、もしくは戸籍上の名前を本人の合意なく使うこと)に当たるという思いがしだいに強くなっていきました。

*タイトル変更のむずかしさ
 出版社は新しい版が出るときになかの文章を変えることはたびたびありますが、タイトルを変更する(それも現行のままですでに売れている本の)となると非常にむずかしい。表紙デザインも変えなければならないし、ジーノのほかの作品に載っている著者紹介文もすべて変えなければなりません。その大変さを認めつつも、ジーノはブログで次のように述べています。

The cover is beautiful. Iconic, even. But here’s the thing: so many transgender people have been told that we are beautiful/handsome as a reason not to transition, myself included. We are told that we will mar something special, as though looking pleasant to others is more important than being ourselves.
(表紙はとてもすてきです。作品を象徴していると言ってもいいくらい。でも、ここが重要なんですが、トランスジェンダーの人々は性別変更前のままで美しいということを理由に、移行しなくてもいいじゃないかと言われることがとても多いんです。わたしも言われました。わたしたちはすばらしいものを台なしにしてしまうと言われるんです。わたしたちが自分自身でいることより、他人の目に心地よくあることのほうが大事であるかのように。)

 この部分に、わたしははっとさせられました。いま多様性をめぐって、とても急速な変化が起きているけれど、そのなかで“美醜をめぐる既成概念”や“人目が優先される/人目を優先してしまう傾向”はとても根強いものがあるなと感じています。細かく指摘されなければ、そこに問題があると気づかずに通りすぎてしまうほどに。今回、ジーノのこの文章を読んで——なんと言ったらいいんだろう、“本当のその人らしくない美しさ”の意味を考えさせられたというか。これはトランスジェンダーやノンバイナリーの人だけに限らず、社会一般の人に広げて考えられることのような気がします。

*#SharpieActivism の開始、そして……
 ジーノはことしの7月、「あなたが持っている本のタイトルをMelissa's Story に変更することを、著者が許可します」とツイートし、自身の手で表紙タイトルを書きかえる運動を始めました。この運動が反響を呼び、読者からタイトルを実際に書きかえた表紙の写真がつぎつぎジーノの元に寄せられました。ジーノのブログ記事をスクロールすると、そうした写真が何枚もアップされていて楽しいです。みなさん、クリエイティブ!
 そして、10月末にはジーノのデビュー作を Melissa と改題することになったと、版元のスコラスティック社と共同で発表がなされるにいたったわけです。SharpieActivism の開始から4カ月足らず。でも本が刊行されてからは6年以上が経過しています。このふたつの時間に、2015年ごろからの社会・人々の意識の変化や著者の思いの強さ、実行力など、いろいろなことが表れている気がします。

 最後になりましたが、“デッドネーミング”という用語についてジーノは questionable(問題がある)という考え方であることをつけ加えておきます。理由は、「以前の名前・アイデンティティについて "デッド"という言葉を使うのはわたしたち当事者にとってあまりいいことに思えないから」とのことです。

IMG_1466.jpeg
スコラスティック社のサイトからすでに紙の本を持っている人向けに Recover Your Book! として新しい表紙などが印刷できるようになっています。わたしはタイトルデザインだけのシートを印刷してみたら、ハードカバーにはサイズがそのままだと合わないみたいなので、虹のシールなどを使ってアレンジしてみるつもりです。

01

31

コメント

『隠れナチを探し出せ 忘却に抗ったナチ・ハンターたちの戦い』

 さ、寒いですね〜。東京も約50年ぶりの寒波襲来とやらで、外に出るときには防寒第一の服装です。

 さて、本日は先月刊行になった『隠れナチを探し出せ 忘却に抗ったナチ・ハンターたちの戦い』(アンドリュー・ナゴルスキ著/亜紀書房)についてです。そう、先月は『ワニの町へ来たスパイ』と本書と、わたしが翻訳を担当したまったく異なるタイプの本2冊が刊行になったのでした。

IMG_0553.jpg
(↑メインタイトルに箔押しが使われていて、とてもかっこいい装丁です。写真ではわからないかな)

 本の内容については出版社サイトの紹介などをご覧いただくことにして、ここではわたしが本書に関連して感じたことについて少し書きたいと思います。散漫な内容になりますので、まとまった文章としては書店で本の訳者あとがきをご覧いただければ幸いです。

 訳者あとがきにも書きましたが、第二次世界大戦を実体験として語れる人が日に日に少なくなっているなか、本書のようにベテランジャーナリストが存命中の当事者、関係者に丹念な取材を行い、それをまとめた本が持つ意味は今後ますます大きくなるばかりだと思います。と同時に、カズオ・イシグロがノーベル賞受賞の際のインタビューなどで繰り返し述べているように、これだけの時間がたったいまだからこそ、向き合える過去というものもあるのではないでしょうか。

 先日やっと、録画しておいたNHKスペシャル〈731部隊の真実〉を観ました(最初に放映されたときは、『隠れナチを探し出せ』に登場する第二次世界大戦関連の本や映画を続けて読んだり、観たりしたあとで、心を揺さぶられ、考えこむことも多く、なかなか観る気になれなかったのです)。あのような番組の制作が可能になったのも、戦後70年以上という時が過ぎ、機密扱いだった資料が公開されたり、人体実験に関与した人の遺族が故人の日記の提供に踏み切ったり——これはたいへん勇気の要る決断だったと思います——ということがあったからと言えるでしょう。

 731部隊といえば以前『屋根裏部屋の秘密』(松谷みよ子著・偕成社文庫)を読んだときにも衝撃を受けました。そのときのことはこちらの記事にちらっと書いています。『屋根裏部屋の秘密』の解説で、児童文学作家の砂田弘氏は次のように書いていらっしゃいました。

 日本の民主主義に黄信号がともるようになったのは、この作品が書かれた一九八〇年代後半からである。日中戦争は侵略戦争ではなかったとか、当時の大臣たちの問題発言が次々ととびだすようになったのである。これらの大臣は、中国をはじめアジア諸国のきびしい抗議をうけて辞職に追いこまれたが、そうした発言に対し、肝心の日本の国民の反応はいま一つ鈍かった。(中略)わたしたちはいつのまにか、歴史の教訓に学ぶという姿勢を失いはじめていたのである。
 二十一世紀に入ると、その傾向はさらに強まっていく。(中略)このまま進行すれば、日本の民主主義に赤信号のともる日はけっして遠くないだろう。

 砂田氏がこれを書かれたのが2005年。いまはしっかり赤信号がともってしまっている気がして途方に暮れそうになります。ただ『隠れナチを探し出せ』を訳していて印象に残ったことに、アメリカのTVドラマ〈ホロコースト〉が当時(1970年代)、ナチス時代の行いを忘れようとしていたドイツ社会の空気を変えるのにひと役買ったというエピソードがあるんです。日本でもあのドラマが心に深く焼きついている人は多いはず。
 単独では無理でも、本や映画、ドラマには社会を変えていく力がある。そのことを信じ、わたしももう少し、小さなことでも自分にできることを考えてみたいと思います。
 本書の訳出の参考になった本や映画など、また折に触れて記事にできればと考えていますが、きょうはこの辺で。

06

11

コメント

Works 仕事

(2015/06/11)
 Twitterプロフィールからのリンク用に過去の仕事リストをまとめました。(最終更新:2023/9/23)

2023年
『幸運には逆らうな』ジャナ・デリオン著(東京創元社)


2022年
『どこまでも食いついて』ジャナ・デリオン著(東京創元社)


2021年
『ハートに火をつけないで』ジャナ・デリオン著(東京創元社)


『はじまりの24時間書店』ロビン・スローン著(東京創元社)


2019年
『生きるか死ぬかの町長選挙』ジャナ・デリオン著(東京創元社)


『ロイスと歌うパン種』ロビン・スローン著(東京創元社)


2018年
『ミスコン女王が殺された』ジャナ・デリオン著(東京創元社)


2017年
『隠れナチを探し出せ』アンドリュー・ナゴルスキ著(亜紀書房)


『ワニの町へ来たスパイ』ジャナ・デリオン著(東京創元社)


『ペナンブラ氏の24時間書店』ロビン・スローン著(東京創元社・2014年刊行作品の文庫化・全米図書館協会アレックス賞受賞作2015年本屋大賞「翻訳小説部門」第3位・全国大学ビブリオバトル2014グランドチャンプ本


2016年
『ジョージと秘密のメリッサ』(アレックス・ジーノ著/偕成社・全米図書館協会ストーンウォール賞・ラムダ賞受賞第20回やまねこ賞読み物部門第3位


2015年
『薔薇のウェディング』(スーザン・ブロックマン著/ヴィレッジブックス)


2014年
『ペナンブラ氏の24時間書店』(ロビン・スローン著/東京創元社・全米図書館協会アレックス賞受賞作2015年本屋大賞「翻訳小説部門」第3位・全国大学ビブリオバトル2014グランドチャンプ本



2013年
『ジューンブライドはてんてこまい』(クリスタ・デイヴィス著/東京創元社)


『夜霧は愛とともに』(クリスティン・フィーハン著/二見書房)


2012年
『感謝祭は邪魔だらけ』(クリスタ・デイヴィス著/東京創元社)


『凍てつく夜のささやき』(スーザン・ブロックマン著/ヴィレッジブックス)



『アイスマン 史上最大のサイバー犯罪はいかに行われたか』(ケビン・ポールセン著/祥伝社)


2010年
『愛がきこえる夜』(クリスティン・フィーハン著/二見書房)


『上手に人を殺すには』(マーガレット・デュマス著/東京創元社)


『ホット・ターゲット』(スーザン・ブロックマン著/ヴィレッジブックス)



『愛をささやく夜明け』(クリスティン・フィーハン著/二見書房)


2009年
『マン・ダイエット』(スーザン・イノックス著/ソフトバンククリエイティブ)


『何か文句があるかしら』(マーガレット・デュマス著/東京創元社)


『熱い風の廃墟』(スーザン・ブロックマン著/ヴィレッジブックス)



2008年
『プライドと情熱と』(エリザベス・ソーントン著/二見書房)


2007年
『シュガー&スパイス』(ビヴァリー・バートン他著/ヴィレッジブックス)


『週1時間の集中力があなたを変える!』(デイブ・ラクハニ著/ソフトバンククリエイティブ)


2005年
『闇を駆ける女神』(カレン・ハーバー著/ヴィレッジブックス)


『恋するA・I探偵』(アガサ賞受賞)(ドナ・アンドリューズ著/早川書房)


『母から娘へ贈る愛の言葉』(スーザン・ポリス・シュッツ/祥伝社)


2004年
『ハゲタカは舞い降りた』(ドナ・アンドリューズ著/早川書房)


『クルージングのなぞ』(ボックスカー・チルドレン・シリーズ29巻)(ガートルード・ウォーナー原作/日向房)


『心にトゲ刺す200の花束』(エリック・マーカス著/祥伝社)


2003年
『13羽の怒れるフラミンゴ』(ドナ・アンドリューズ著/早川書房)


『奇術師カーターの華麗なるフィナーレ』(グレン・デイヴィッド・ゴールド著/早川書房)


『good girls gone bad ~クレイジー・ガールズの過激なリベンジ』(ジリアン・メドフ著/Marie Claire日本版2003年9月号~2004年2月号に翻訳連載)

2002年
『油絵のなぞ』(ボックスカー・チルドレン・シリーズ24巻)(ガートルード・ウォーナー原作/日向房)


『仕事力―月曜の朝が待ちどおしくなる4つのステップ』(ダイアン・トレイシー著/アーティストハウスパブリッシャーズ)


『野鳥の会、死体の怪』(ドナ・アンドリューズ著/早川書房)


2001年
『庭に孔雀、裏には死体』(アンソニー賞、アガサ賞、マリス・ドメスティック受賞作)(ドナ・アンドリューズ著/早川書房)


1999年
『思い込みを捨てろ 人生は必ず変わる』(ウォーレン・バーランド著/主婦の友社)


1998年
『ダイアナ&ドディ~愛の日々』(ルネ・デローム著/日本文芸社)



プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad