FC2ブログ

10

26

コメント

Peter Barakan's Live Magic

(2015/10/26)

 24日にPeter Barakan's Live Magicでフェス初体験をしてきました。恵比寿ガーデンホール内のホールとルーム、それにガーデンシネマの3会場だけのコンパクトなフェスだったので、体力が不安なお年頃(笑)の人でも大丈夫。たまに階段とかに腰かけている人もいたけど、椅子がいっぱい用意してあったので座るところは見つけやすかった。観客の平均年齢が高め(たぶん)だからかな。でも、ちっちゃな赤ちゃんを連れた若いカップルもいたし、幅広い年齢層が聴きにきていた印象でした。

 わたしたちが聴いたのはグルムルI'm with Herダイメ・アロセナデリヒ、そして濱口祐自さん。
 入場してからグルムルのスタートまで少し時間があったので、まずは腹ごしらえ。昨年人気ですぐ売り切れてしまったというガンボは食べられたけど、バラカン家のレシピで作ったというメニューが14時ごろにすでにすべて「ソールドアウト!」だったのがちょっぴり残念でした。でもフェス飯も初体験できたし、おいしくて楽しかった。

 グルムルはマイクのせいか(?)PVのほうが声がいいかもと感じたところもあったけど、その分バックのピアノのよさに気づいたり、ゆったりと楽しめました。かわいさも手伝って会場が大いに盛りあがったのはガールズユニットのI'm with Her。カントリー&ケルトな感じの楽曲は、一緒に行った友達もとても気に入ったみたいで、ちょうどわたしたちが外の空気を吸いに出たとき、彼女たちが車で会場をあとにするところだったので、手をぶんぶん振ってお見送り。

 行ってよかった!な満足感をさらに高めてくれたのは、最後の濱口祐自さんのステージ。ギターのテクニックとかそういうことは皆目わからないのだけど、すごおおおおくよかった! 話もおもしろかったし(一部オヤジギャグでしたが・笑)。濱口さんとI'm with Her はもっと曲数やってほしかったくらい。

 そうそう、濱口さんはやはり人気が別格なせいか、彼だけステージ前に会場が完全入れ替えになりました。彼のステージのために早めにルームのなかに入っていたわたしたちは慌てて外の列に並びにいくことに。来年以降、またこのフェスで濱口さんを聴く場合はここ注意ポイントだな〜と思いました。

 濱口さん以外は知らないアーティストばかりだったので、今回はわたしが友達を誘った手前、ちょっと不安もあったのだけど、大いに楽しめたフェスでした。来年も開催されたら、また行きたい。体力不安な人間でも楽しめるフェス、ありがたいです。


(↑濱口さんのギター、最高です)


(↑I'm with Her )

11

18

コメント

ジェイソン・ムラーズ@東京国際フォーラム

(2014/11/18)
 先週、ジェイソン・ムラーズの東京国際フォーラム公演に行ってきました。
 最後、ジェイソンとレイニング・ジェイン(最新アルバムでジェイソンが組んだ女性4人組バンド)が会場に向かってお辞儀をしているとき、隣のブロックで「サンキュー!」「ありがとー!」と何度も叫んでいる男性がいたけど、「その気持ちわかる」ってうなずきながら拍手してました。すばらしいステージを見せてくれた5人に対する感謝の気持ちが溢れてくるコンサートでした。

 昨年はホーン・セクションも含めて10人ぐらいのにぎやかな大所帯でステージにのぼったジェイソン。ことしはレイニング・ジェインと総勢5人のとてもシンプルでミニマムなステージでした。
 もうね、彼のライヴは歌のうまさに圧倒されます。力みがまったく感じられず、どこまでも伸びていきそうな声が聴いていて気持ちい~い。アルバムの何倍いいかわからない……。
 こちらで今回の来日公演のセットリストが公開されているのですが、オーチャードホール公演とは演奏曲目も雰囲気もかなり違ったみたい。あああ、オーチャードも行けたらよかったなあ。
 国際フォーラムはラスト3曲以外はずっと着席でした。じっくり聴けたし、体力的にはラクだったけど、わたしはコンサートでは体を揺らしたくなるので、座ってるとちょっと変な感じもしました。オーチャードは最初から立っている人が多かったらしい。国際フォーラムも誰かひとり立てば、わらわら立ったのかもしれない。
 ともあれ、会場に穏やかで“いい気”が漂っていたコンサートでした。また日本に来てねー、ジェイソン。

 レイニング・ジェインのアルバムも買いました。パット・ベネターの Love is a Battlefield をカバーしてたりしておもしろいです。


↑オーチャードホール公演ラストの I Won't Give Up。わたしがジェイソンを真剣に聴くようになったきっかけの曲。


↑最新アルバムでわたしがいちばん好きな 3 Things の歌詞ビデオ。Things are looking up! Try, try, try, try, try again!

09

15

コメント

Love Runs Out

(2014/09/15)
 Love Runs Out という曲をラジオで聴いたのをきっかけに One Republic というバンドを好きになりました。最新アルバムNativeからの最新シングルです。

 彼らが過去にリリースした曲を調べてみたら、あー、この曲もこの曲もこの人たちだったのか! と聞きおぼえのある曲が何曲もあってちょっと情けなかったです。よっぽど好きにならないと、アーティスト名も曲名も憶えないやつ(苦笑)。

 Love Runs Outは曲だけでなくPVもすごくかっこいいです。↓




 こちらはそのメイキング。↓



 メイキング・ビデオのなかでギターのドリューが「ソフィー・ミュラーと仕事をするのはぼくたちの夢だった」と言っているので、調べてみたら、このソフィー・ミュラーさん、非常に有名な映像作家/ミュージックビデオ・ディレクターでした。もう数え切れないほどの有名アーティストのPVを担当しています。わたしがなるほど、と納得したのはEurythmicsやSadeのPVを制作していること。うん、なんか合いそう。

 PVで、バンドメンバー中ひとりで全身ゴールドに塗られているのがベース&チェロ担当のブレント。ビデオ撮影の打ち合わせの際、デザイナー風の女性(この人がソフィーさん?)に「もっとゴールドをいっぱい使いたいの」と言われ、「なるほど」と納得したものの、実際の衣装を見せられ、「え、マジ? この衣装……ピタピタ?」とちょっと慌てているところが笑えます。そのあとはいさぎよく金色になってますが。

 ギター、ベースと担当を書いたけれど、このバンドのおもしろいところは簡単な演奏ならメンバーがそれぞれ楽器を交換できるらしいこと。ボーカルのライアンは子供のころに10年間ピアノを習い、ギターのザックはクラシカル・ギターを学ぶためにスペインに留学経験があり、ベースのブレントはチェロを習っていたんだとか。あと、両親が演奏家や音楽の先生という人がいたり。そのへんが関係しているのかな。ザックはギター以外にヴァイオリン、パーカッションも演奏している映像を見ました。

 いかにもにわかファンらしく、ライブ映像やらインタビューを探してちょこちょこ見ています。新しく好きなものができるってやっぱり楽しい。

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad