FC2ブログ

04

29

コメント

幸せな合流点〜FFX歌舞伎と#FFX歌舞伎〜

(2023/4/29)

 3月からちょっといろいろあったため更新のあいだがあいてしまいました。そんななか観てきたFFX歌舞伎について、きょうは少し書きたいと思います。ただし舞台のすばらしさそのものよりも(それについてもそのうち書くかもしれませんが)#FFX歌舞伎というハッシュタグの盛りあがりについて。このハッシュタグ、「楽しそうなところに人は集まる」のとてもいい例で、SNSのプラスの力が発揮されていたと感じたからです。

IMG_2053.jpeg

 前編開演が正午で後編終演が夜9時。チケットは前後編通しがSS席32,000円、一番安いB席でも19,800円。前編か後編のみならSS席18,000円、B席で11,000円という価格。会場はたいていの人にはあまりアクセスのよくない豊洲のステージアラウンド。ゲームのFFXも歌舞伎も両方好きという人以外は躊躇する要素があった作品です。わたしは当初行く予定ではなく、見取り(みどり:通し狂言にせず、見所のある一幕・一段ずつを上演すること)のような形で再演されたら行こうかなと考えていました。
 ところが! 3月4日の初日後、Twitterで「FFX歌舞伎」を検索すると絶讃の嵐。ゲームファン(だけど歌舞伎は初体験)と歌舞伎ファン(だけどゲームのFFXは未プレイ)の方々がどちらも「おもしろかった! どうしても嫌だという理由がないかぎり観て!」というようなツイートをしていたのです。ふだん絶讃ツイート/レビューは個人的に「?」と感じることもあるんですが、FFX歌舞伎については信じられそうな気がしました。そこで、通しにするか、前後編を別々の日で観るかなど悩んだものの、とにかく観てみようと決断。
 いやはやすばらしい舞台でした。実際に体験してみると、前後編3時間半ずつが噓みたいにあっという間。金谷かほりさんと共同演出・主演の菊之助さんが「名場面のオンパレード」と言っていたとおり、本当に最初から最後まで全部見所と言っていいくらいで退屈するところがまったくない。役者さんの演技・衣装・巨大スクリーンも含めた美術と演出のみごとさを考えると、どの席のチケットもほかの娯楽作品と比べて高いどころか「この値段でこれを見せてくれてありがとうございます」ではないかと思ってしまうほどでした。
 とはいえ、開幕当初、平日の入りはあまりよくなかったようです。わたしが行ったのは開幕から2週間弱の平日だったんですが、座席はS席後方から後ろがごそっと空席で……。あの光景を見たときの衝撃はいまもどう書いたらいいかわからないくらい(すぐに思いだしたのはやはり空席が目立ったウィーン版〈エリザベート〉の初来日公演なんですけど、その辺も書くと長くなってしまうのできょうは割愛)。すばらしい舞台を見せてくださっている出演者のみなさんのお気持ち(もちろん演技に集中してはいるだろうけれど)を想像すると、胸がざわざわしました。
 その後、平日の入りもよくなり、千穐楽も平日だったけれどカーテンコールが2回行われたりと大盛りあがりで、全公演無事に上演できて閉幕——となぜ行かなかった千穐楽のことまで知っているかというと、後編の最後に写真撮影OKのカーテンコールがあり、週末と公演ラストの1週間は役者さんの客席降りもあったりで、毎日たくさんの写真が #FFX歌舞伎 のタグ付きでアップされていたからです。公演中はこのカテコ写真(思わず笑ってしまうキャプションつきのものも)を見るのが毎晩の楽しみになり、このハッシュタグをチェックしているあいだはまさに「時間が溶ける」という感じで、気がつくと1時間以上過ぎていたこともありました。
 公演期間中、SNSの盛りあがりとそこからのお客さんの増加(リピーター含む)には出演者や公式アカウントも手応えを感じていたはず。というか、出演者の方々が舞台裏の様子を楽しくツイートしたり、公式がハッシュタグをチェックして観劇がさらに楽しくなるような情報をツイートをしたりということが #FFX歌舞伎 をさらに盛りあげていったという、プラスの相互作用が働いていたように思います。出演者のみなさん、お忙しいなかでのツイートやインスタブログ記事のアップは時間的にも体力的にもたいへんだったのではないかと思います。それでも、関係者のみなさんも楽しんでやっていらっしゃるのが伝わってきて、閉幕間近にはSNSに苦手意識があったという蝶八郎さんのこんなツイートも拝見できて、本当にいいハッシュタグだったなあと感じました。

IMG_2038.jpeg
(↑このぬいぐるみたち、休憩時間によって置き方が変わっていたりと会場スタッフさんの遊び心が感じらて、こういうところもFFX歌舞伎を楽しいものにしていたと思います)

 おもしろいなと感じたのは、歌舞伎ファンの方の「認識していなかった閉塞感」に気づいたというツイート。歌舞伎に限らず、ほかのジャンルでも長年のお客さんや固定ファンはもちろん大事だけど、何かこう少しオープンな雰囲気とか、よそから参入するきっかけ作りって大事だよなとあらためて思いました。今回の舞台は「ゲーム」と「歌舞伎」という本来は大きな隔たりのあるふたつのジャンルを融合させたことが、それぞれのファンが相手のジャンルに興味と敬意を持ちつつ——興味も敬意も持てない人はそもそも時間とお金を使ってステアラまで行ってみるというチャレンジはしなかったはず——交流できた鍵のひとつかなという気がします。

 本公演について「幸せ」という言葉を使う人が多いのは偶然ではないと思います(公式サイトのレポにもタイトルにも「幸せ」という言葉が入っている)。菊之助さんが「バースデイ」で使っていた(ゲームと歌舞伎の)「合流点をさがす」という表現を使うなら、「幸せな合流点」を見つけるのに大成功したのだと思う。「奇跡」なんて言葉を使うととてもナイーヴ(幼稚)に聞こえそうだけれど、ネット上にも本当に奇跡のように楽しく幸せな空間ができていた。SNSはマイナスの側面もあるし、Twitterがこのまま機能しつづけるかどうかもわからないけれど、この#FFX歌舞伎というハッシュタグはSNS体験のとても楽しい思い出のひとつとしてわたしの心に残っていきそうです。

12

01

コメント

薔薇とサムライとマローネの台詞

(2022/12/1)

 先日、ゲキ・シネで劇団新感線の〈薔薇とサムライ〉を観てきました。すっごくおもしろかった! 一分たりとも退屈している間がなく、いっぱい笑って気分爽快。



 わたしの場合、初めての劇団新感線もゲキ・シネでした。2014年に観た〈ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ〉。時系列的にはこちらが〈薔薇とサムライ〉のあとという設定です。観たあとのメモには「三浦春馬があんなに歌えるとは」と書いてありました。2019年に〈キンキーブーツ〉を観たときも「三浦春馬、こんなに歌えるんだ!」と驚いた気がするので、どうやら五右衛門ロックでの驚きは5年で記憶の彼方となっていたようです……。
 そう、五右衛門ロックⅢは三浦春馬が出演していたんですよねえ。薔薇サムは神田沙也加が出演していて、どちらもいまとなってはリピートするのにちょっとつらいところがあります。

 劇団新感線はその後2017年と18年に〈髑髏城の七人 Season風〉と〈修羅天魔〜髑髏城の七人 Season極〉を生で観る機会を得ました。ただ、いま新橋演舞場で上演中の〈薔薇とサムライ2〉は——このごろ観劇はちょっとお休みモードということもあり——まったくチェックしておらず……。先日ゲキ・シネで薔薇サムを観てから、「せめてライビュだけでもチケ取り参戦しておけばよかった……」と大いに後悔。Twitterでは天海祐希演じるアンヌ陛下の名前が毎日のようにトレンド入りする人気ぶり。こちらも早くゲキ・シネになって公開されることを期待します(このご時世だし、ライビュだけじゃなく配信もしてよ……というのが本音ですけど)。髑髏城も Season 極は天海祐希出演だったし、見応えあったのだけど、薔薇サムは観終わったあとの爽快感や、天海祐希のアンヌ・ザ・トルネード(海賊から小国の女王になる)という役へのはまりっぷりが格別。ゲキ・シネの帰りのエレベーターでは「天海祐希きれいすぎる……同じ人類と思えない……オスカル……」という会話が聞こえてきました。ほんとにね、美しさはもちろん、演技やまわりとのバランスも含めたかっこよさがもうもうもう!という感じでした。

 ところで、わたしが翻訳を担当しているワニ町シリーズの第4巻『ハートに火をつけないで』で、アイダ・ベルが「やっちまいな!」というメッセージをフォーチュンに送る場面があります。原書では Kick his ass 。実はこの訳、劇団新感線の台詞とちょっと関連があるんです。
 ↑にも書いた〈ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ〉をゲキ・シネで観たときのこと。古田新太演じる石川五右衛門の敵役、マローネ・アバンギャルド侯爵夫人(高田聖子さん)が手下たちに「やっちまいな!」と言う場面があって。マローネは薔薇サムにも登場する、すんごくイヤ〜な女なんですが、イヤすぎて小気味がよいというキャラクター(笑)。で彼女の「やっちまいな!」は「言ってみたい!」台詞としてわたしの頭にずっと刻まれていたのです。「言ってみたい!」けど、ふつうに暮らしてる人間にはなかなかそんなチャンスはめぐってこない。ところが! Swamp Team 3 (『ハートに火をつけないで』の原題)を訳していたら、ぴったりな場面と台詞に出くわしたというわけです。Kick someone's ass は「たたきのめす、やっつける」という意味。原書の表現から大きくはずれることもありません。
 薔薇サムのマローネは物語の舞台がヨーロッパということもあって、手下たちに「やっておしまい!」と言ってました。あれ? 五右衛門ロックⅢでも「やっておしまい!」だったのかな?とちょっと気になりましたが、五右衛門ロックⅢは舞台が日本だったし「やっちまいな!」だったはず……だけど、何しろお年ごろの記憶力なので、ちょっと自信なし(苦笑)。微妙な誤差はあるかもですが、言ってみたい台詞を訳文中で使えたというのは、翻訳者をやっていて嬉しくなった瞬間のひとつです。

 〈薔薇とサムライ2〉の製作発表で、天海祐希さんが出演依頼を受けたときを振り返って「(本当はもう少し違うものをやってみたいという気持ちもあったけれど)こういうご時世なのでぱっと明るく元気になれるもの//(いまの鬱々とした雰囲気を)吹き飛ばせるものをというお話だった」(大意)と語っていました。うん、人それぞれ何かしら「吹き飛ばしたい!」と感じるときってあると思うけれど、いまは特に社会全体でそういう気分が高まっていますよね、やっぱり。関東では12月8日まで上映されているので(と言っても回数が少ないのでご注意)、師走にスカッとしたい方はぜひ。DVDも出てるし、アマプラなどでもレンタルで観られるようであります。ワニ町がお好きな方はきっと大いに楽しめると思いますよ。

04

11

コメント

歌ウマさんに幸あれ!〜『fff-フォルティッシッシモ-』『シルクロード~盗賊と宝石~』〜

雪組トップコンビ望海風斗さんと真彩希帆さんの卒業公演『fff -フォルティッシッシモ-』『シルクロード~盗賊と宝石~』を観てきました。

IMG_1336.jpeg

正直、生で観るのは無理かなあとほぼあきらめていたんです。東京公演は感染拡大防止のために一時、一階席のみの発売になったりして、チケ難に拍車がかかっていたし。本拠地千秋楽をすでに配信で観ていたので、あとは東京千秋楽をライビュで観てがまんするしかないか、と。ところが、最後の最後にイープラス貸切公演のS席が当たり、当選メールが届いたときには「うそー!」と叫び声をあげ、そのあとは嬉しすぎてひとりPCの前で泣いたという(苦笑)。でも、東京の感染者数がどんどん増えてきていたので、観劇日直前になっても「まさかの中止になったりしないよね……」とひやひやしていました。

IMG_1328.jpeg

ひさしぶりの東京宝塚劇場。幕があがると、「あ、実際の舞台はこういう大きさだったっけ、こういうふうに見えるんだったっけ」と、スカイステージ(宝塚専門チャンネル)や配信、ライビュの映像に慣れてしまっていた自分に気づきました。と同時に、「ああ、ずっと画面越しに観ていた人たちがいま実際に目の前で動いてる! 演技してる!」と感動し、もう最初っから涙腺が……。マスクした状態で泣くとすぐに拭けずに困りますね。

『fff』はもう本当に脚本とそこに込められたメッセージがすばらしく、生徒さんひとりひとりが輝いていて、あっという間に物語の世界へと連れていかれました。「謎の女」の正体が明らかになるくだりでは、歌詞に胸を締めつけられるようで。幕間は感動のあまり、なかば放心状態だった気がします。いや幕間だけじゃなく、二幕でシルクロードへ、別世界へと連れていかれたあとも放心状態は続き、翌日になると今度は「本当にわたしはあそこにいたのか? あれはきのうのこと?」と現実感やら時間の感覚やらがおかしくなってました。

まだどこか夢見心地のまま書いていると、しょうもないことを延々と書いてしまいそうなので、きょうは最近、あらためて強く感じている、歌ウマさんのすばらしさについて少し書いておきたいと思います。

宝塚に関しては華やかさとか別世界度の高さとか、魅力はいっぱいあるけれど、わたしはやっぱり歌のうまいスターさんに惹かれます。14年花組『エリザベート』の北翔さん、16年星組『桜華に舞え』の真彩さんは「な、なに、このうまさは???」と特に衝撃でした。伸びのある歌声を聴くと、心と体の両方をマッサージされているみたいな心地よさを感じるんですよね。そんなわたしからすると、望海さんと真彩さんという「超」のつく歌ウマトップコンビは本当に奇跡としか言えなくて。今回も「いやなにこの声量」「なんでこんなにクリアな高音が出るんですか……」と感動しまくって帰ってきました。

今回の雪組公演のエトワール、有栖妃華さんもすばらしかった。お名前を知らなかったので、帰宅後すぐに検索しました。ほかに花組の音くり寿さん、星組の有沙瞳さんも以前舞台を観たときに歌声に感動しました(すばらしいのが歌だけという意味ではありません)。

トップになるだけが活躍の道とは思いませんが、すばらしい歌声を持つジェンヌさんが今後もそのすばらしい歌唱力を発揮する機会に恵まれること、よい役に抜擢されることを願ってやみません。美しく伸びやかな声は聴いた人を幸せにする力を持ってるから!

05

15

コメント

花組東京公演『CASANOVA』というか仙名彩世サヨナラショー(ライビュ)と『Kinky Boots』

(2019/05/15)

 10日間の連休となったGWが終わって約一週間。みなさんはスムースに通常営業に戻られましたでしょうか。わたしは仕事柄GWはあまり関係なかったのですが、期間中宝塚花組東京公演『CASANOVA』の千秋楽ライビュと『Kinky Boots』を観てきたので、きょうはそのお話を少し。

『CASANOVA』は相変わらずの熾烈なチケット争奪戦のなか、劇場でなんとか一度観られたのですが、千秋楽はトップ娘役、仙名彩世さんのサヨナラショーがあるのでライビュに行ってきました。仙名さん、最後の挨拶まで笑顔を絶やさず、感動しました。サヨナラショーの途中で目に涙が光っている場面があったようですが、最後に花組生が舞台に勢ぞろいしたときはトップ男役の明日海さんやベテランスターの瀨戸さんのほうが感極まって見えるほど、仙名さんは明るく落ち着いていました。わたしが仙名さんを知ったのは、北翔海莉さんが専科時代に主演した『風の次郎吉』。歌はうまいし、ダンスはものすごくキレがある。(成績はずっと首席だったようなのに)新人公演でどうして一度も主役に選ばれなかったのかが謎です。ゆるいファンながら、ライビュ中には「本当にトップ娘役になれてよかったね……」と何度も涙してしまいました。
 宝塚を観にいくようになっていつのまにか10年近くがたちつつあるものの、ずっとゆるいファンなので人事についてはよくわからない部分があったり、過去の例も知らなかったりするままです。ただ入団10年目という遅さでトップ娘役になった仙名さんがあれだけ舞台で輝き、ファンに愛され、惜しまれて卒業を迎えたという事実が、いろんな前例のひとつとして、今後実力はありながらもタイミングに恵まれていなかった娘役さんがチャンスをつかめるようになる助けとなっていくといいなと思います。




『Kinky Boots』のほうはカンパニー全体が本当にすばらしかったです。やはり目立つのはローラ役の三浦春馬(なんとなく呼び捨て)だけど、小池徹平くん(どうしても“くん”をつけたくなってしまう)は歌声に伸びがあって、聴いていてすごく気持ちがよかった。それに出番のそれほど多くないハリー役シ・ジョンテさん、ニコラ役玉置成美さんも歌がうまくて強い印象を残します。これを書きながら、配役のコンビネーションのよさとか『ラ・カージュ・オ・フォール』に似ているところが多いかもと思いました。また再演……されるかな? 再演されたら、未見の方はぜひ劇場に足を運ぶことをおすすめします! 作品に込められたメッセージもシンプルだけどとてもいいし、ミュージカルをあまり観たことない人にも入っていきやすい作品だと思います。再演すればするほど、評価があがって(いや、もう充分いいんですが)チケットが取りにくくなるかもですが。熱烈なリピーターがつくのも納得の舞台。来日版も観ましたが、日本版はオリジナルに近づけながらも、不思議な独特さ、自然さを感じさせる作品になっていました。とにかく満足!

04

01

コメント

ありのままの私(ミュージカル〈ラ・カージュ・オ・フォール〉)

(2018/04/01)

 ミュージカル〈ラ・カージュ・オ・フォール〉を観てきました。この舞台「今度が最後詐欺」と言われているらしい。うん、確かにわたしも前回(2015年)の上演の際に「市村正親×鹿賀丈史のコンビはこれが最後!」というような(宣伝)文句を見た気が。でもそのときは行けなくて「ああ、残念だったなあ」と思っていたのです。だから今回の公演が発表されたとき「あれ、やるんじゃん」と思ったのを覚えてます(笑)。ともあれ、今回はなんとか行けて本当によかった。あ、この作品を観るのは初めてだったんです。

 幕間にロビーで近くにいた人が「元気になる〜」と言っているのが聞こえました。2018年初の話題をさらった映画〈バーフバリ 王の凱旋〉も「元気」という言葉が感想のキーワードだった気がします。お客さんを元気にできる娯楽作品はやっぱり強いですね。

〈ラ・カージュ・オ・フォール〉はずっと変わらない出演者が何人もいて、アドリブも多そうで、みんなが楽しんで演じているのが伝わってくる舞台でした。
 全体的にコメディ色が強いんですけど、一幕ラストで市村さん演じるザザが『ありのままの私(I AM WHAT I AM)』を歌う場面はもう大感動。その後数日間、英語版だけどI AM WHAT I AMをヘビロテし、外を歩いているときにもうっかりすると鼻歌で歌ってしまったりしました。


↑いまより若い市村さんが歌う『ありのままの私』。舞台で、物語の流れのなかで聴くとさらによいです!

 わたしは18:30スタートの公演を観にいったんですが、春休みに入ってたからかな、子どものお客さんがいたらしく、市村さんが客席降りの際にいじってました。帰宅してから思ったんですけど、子どものころにあの舞台を観て、『ありのままの私』を聴いたことのある人は、あの舞台を観たことのない人と比べて多様性や自分らしい生き方ということに対する考え方が明らかに違ってくるんじゃないかなあ。
 以前〈Starlight Express〉のLight at the End of the Tunnel を聴きながら、「この曲を小さいときに聴いた子は人生で壁にぶつかったとき、聴いたことのない子より強くなれるんじゃないか」と思ったことがあったんですけど、そのときに似た感じ。わたしが〈Starlight Express〉を観たのはばりばり大人になってからですが、つらいときにLight at the End of the Tunnel を何度も聴いたことがありました。

 去年〈パジャマ・ゲーム〉で北翔さんと共演した新納さんがナイトクラブの踊り子シャンタル役で出演。2015年のブログ記事を読むとザザ役を目指していらっしゃるのかな。
 とにかく観客を楽しませ、元気を出させてくれる作品なのでまた再演されるのは間違いなし。ほどよいユルさもあって本当におすすめです。未見の方は再演の際にぜひチェックしてみてください。

IMG_0581.jpg
↑ロンドンで〈オペラ座の怪人〉を観てファンになったデイヴ・ウィレッツのアルバム。このCDに I AM WHAT I AM が入っていたのがきっかけで〈ラ・カージュ・オ・フォール〉に興味を持ったのでした。20年以上たってやっと観られた〜。

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad